« これはなんでしょう? | トップページ | 6月定例議会最終日。とりあえずと言うか、とうとうと言うか、やっと可決した地方議員年金廃止に向けた意見書。 »

2010/06/16

水野家の家系

6月1日発行の東浦町文化協会の広報誌「東浦文化」に『水野氏の本家』と題した記事がありました。

Mizunokenohonke377

水野氏は、戦国時代、緒川・刈谷を本拠地にしていた豪族で、徳川家康の生母於大の実家。織田、今川の勢力の間を生き残り、関ヶ原では東軍につき、やがて本家は備後福山藩(いまの広島県福山市一帯)十万石の藩主となります。しかし、跡継ぎが相次いで亡くなり、五代で家系は一旦断絶。その後、四代の又従兄弟が能登で小藩を再興しました。他にもあちこちに水野家の傍系があるようですが、養子や転封でどこがどうつながっているのかとても複雑です。
天保の改革で有名な老中水野忠邦は、忠政の孫、忠守を祖とする下総山川(いまの茨城県結城市)の水野家の系統で、唐津(25万石)藩主だったときに浜松(15万石)への転封を願い出たのをきっかけに幕閣に入ることになります。水野家ゆかりの地は日本全国にたくさんあるようです。

|

« これはなんでしょう? | トップページ | 6月定例議会最終日。とりあえずと言うか、とうとうと言うか、やっと可決した地方議員年金廃止に向けた意見書。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/48642330

この記事へのトラックバック一覧です: 水野家の家系:

« これはなんでしょう? | トップページ | 6月定例議会最終日。とりあえずと言うか、とうとうと言うか、やっと可決した地方議員年金廃止に向けた意見書。 »