« 「地方議員年金の廃止へアクション!」に参加 | トップページ | 平成22年9月定例議会 一般質問通告一覧表 »

2010/08/24

9月定例議会の日程と一般質問の予定

次回議会予定

9月定例議会の予定
 
平成22年9月定例議会本会議の開催予定は9月1(水),2(木),3(金),6(月),17(金)の5回で、いずれも朝9時30分からです。終了時刻は、概ね午後5時頃ですが、あらかじめ決まっているわけではありません。午前中に終わることもあれば、午後6時を過ぎることもあります。

平成22年9月定例議会の予定
9月1日(水) 本会議  議案の上程・説明
9月2日(木) 本会議  一般質問
9月3日(金) 本会議  一般質問
9月6日(月) 本会議  議案質疑・委員会付託
 9月8日(水)  経済建設委員会  議案の審査
 9月9日(木)  文教厚生委員会  議案の審査
 9月10日(金)  総務委員会     議案の審査
9月17日(金) 本会議  討論・採決

1日が議案の上程・説明、2・3日は一般質問、6日が議案の質疑、17日は討論・採決の予定です。

議会傍聴のおさそい

 東浦町議会を傍聴してみませんか。特に、一般質問では、議員が行政全般について執行状況や将来の方針を質問します。質問者は意見も述べることができるので、それぞれの議員の考え方が良くわかります。テーマは、行政のあり方を問うものから暮らしに密着したものまで、様々です。


 議会傍聴は、役場3階の傍聴席入口にて住所・氏名を記入すれば、どなたでも可能。町外の方も歓迎します。審議の妨げにならない限りは、未成年者もOKです。詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

 ※お知らせ
  ・議会から傍聴者への資料提供が大幅に充実しました。
    一般質問については、通告書全文を傍聴者に差し上げます。
    また、議案の説明・質疑に際しては、議案書および参考資料をお貸しします。
    (以前は、一般質問の質問者と質問項目が書かれた紙一枚のみの提供でした。)

  ・3つの常任委員会(経済建設、文教厚生、総務)が原則一般公開になりました。

神谷明彦の一般質問の予定

 以下の3つをテーマに一般質問する予定です。

   1.これからの財政運営について
       6月12日に開かれた町主催のまちづくり講演会で、「すでに右肩下がりの
      時代に入っているとの認識で、価値観を180度転換しなければならない。」と
      講師が語っておられました。
      (1)これからどんな財政運営が求められるか。
      (2)新しい財政運営の考え方として、杉並区で提唱されている
       「減税自治体構想」があるが、これについてどう考えるか。
      (3)名古屋市の河村市長は「まず減税をしなければ、行革は無理。」と
       言っているが、まず減税することによってムダを撲滅する手法について
       どう考えるか。

   2.これからの都市計画のあり方について
       現在、都市計画マスタープランを改定中です。6月には各地区で住民
      との懇談会が開かれました。
      (1)もはや工場用地を用意したから、住宅地を用意したから、工場や人が
       張り付いてくる時代ではない。「発展」の新しいビジネスモデルはないか。
      (2)まちに人をひきつける魅力とは何か。
      (3)里地や雑木林が回廊状に連続していることが大事なのに、今回の
       計画だと工場に分断された小さな島状になってしまうのでは。
      (4)緑地とひとことに言っても、雑木林の緑、公園の緑、街路樹の緑は
       それぞれ分けて考えるべきでは。
      (5)住農混在や住工混在は一律に悪いと言うのが従来の考えだが、
       実生活の豊かさを考えると職場や家庭菜園が近くにあるのもまちづくりの
       ひとつと考えるべきでは。
      (6)良好な生活環境、良好な住宅地、良好な景観などの言葉が頻繁に出
       てくるが、「良好」とは何か。キチンと定義すべきでは。

   3.審議会、協議会、委員会などの諮問機関の活性化を (Part2)
       これまで私は、情報公開と住民参加に関連して、行政の会議の公開と
      参加について、一般質問などを通じて議会発言をしてきました。これは
      6月定例議会の一般質問の続編です。
       住民から役所が不信を招くような情報提供であってはならないし、参加し
      ていただくからにはやりがいのある住民参加でなくてはらないと思います。
      (1)議題・資料は会議に先立って(たとえば1週間前に)配布しているか。
      (2)本来は住民(構成メンバー)主導で運営すべきととろを、専ら事務局の
       都合で運営していないか。
      (3)質疑・意見交換の時間を十分にとって、意見の出やすい雰囲気作りが
       大切。工夫は。
      (4)会議を活性化する活力の源として、また、良きご意見番として、この
       分野に興味・関心・見識をもつ公募委員の活用は。
      (5)閉会する前に、当日出た質問、意見、それに対する答弁などを口頭で
       簡単にまとめ、参加者の共通認識として確認を取っておくことが必要だと
       思う。その日の議論の要点は会議の中で整理しているか。
      (6)傍聴者から会議資料を回収する必要はないはず。すでに会議は公開
       されているわけだから、持ち帰りやコピーの禁止はありえないと考えるが
       どうか。
      (7)議事録の公開は役場での閲覧だけなく、ホームページにアップするの
       が当然と考えるがどうか。


   ※ 2(木)・3(金)の一般質問の日程のうち10人中、10番目の予定です。
     質問時間は、答弁を含めて一人1時間以内に制限されていますが、
     何時になるかは当日の進行状況によります。
     たぶん、9月3日(金)の13時半頃から14時半頃になると思います。

|

« 「地方議員年金の廃止へアクション!」に参加 | トップページ | 平成22年9月定例議会 一般質問通告一覧表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/49248549

この記事へのトラックバック一覧です: 9月定例議会の日程と一般質問の予定:

« 「地方議員年金の廃止へアクション!」に参加 | トップページ | 平成22年9月定例議会 一般質問通告一覧表 »