« 総務委員会で幸田町へ | トップページ | 議会会派として町長に予算・政策推進要望 »

2010/10/28

今週はPTA関連の予定がビッシリ

 今週はPTA関連の予定がビッシリ。週末は東海北陸大会(他校の活動事例紹介と式典、講演会など)で福井へ、昨日は知多地区の事例紹介と公演会、懇親会、今日は町内の教職員組合と教育委員会(教育行政)との意見交換会だ。
明日あさっては、中学校の文化祭でのイベントの準備と本番だ。PTAは不用品の有効利用と資金稼ぎを兼ねたバザー、紙粘土教室を開催する予定。今年からPTA有志の合唱団も登場する。やるからには、楽しくてやりがいのある活動にしたいのは当然だが、時間的な負担が多すぎるのは改善したほうが良いと思う。

 自校のPTAだけでなく、上部団体や教育関連団体の行事や研修会がたくさんある。ほとんどは例年通りの年中行事で、何人出してくれと動員がかかることもしばしば。似たような行事もたくさんある。もちろん活動が活発であるに越したことはないが、わざわざ予算消化のために仕事をつくっている感がないわけではない。
 学校の先生達には本来の仕事がある。保護者も仕事を休んでPTA活動に参加しているのだ。みんな無制限に時間があるわけではない。負担とやりがい、そして、子どもたちへの効果の兼ね合いを考えねばならないはずだ。
 自校のPTAだけならまだしも、持ち回りで回ってくる地区PTA連絡協議会や県PTA連絡協議会などの会長は、年間出席日数が100日を優に越すという。ほとんど専従状態だ。今年度の県PTA連絡協議会の会長さんはなんとサラリーマン。余程の会社の理解と協力がないとできるものではない。

 さて、昨日の講演会の内容。
 かつて荒れていた東海市の中学校のPTA会長を務められて、その後、地域で学校をサポートするオヤジの会を立ち上げられた方のお話しだった。会長を引き受けてしまうところから、いかにして校内の問題に立ち向かって行ったかなど、のるかそるかの臨場感あふれる講演だった。当時は廊下を自転車が走り、来客めがけてぶつかってくるは、一部の生徒が職員室に出勤して、くわえタバコで朝のコーヒーや新聞を要求するは、先生が殴られてもどうすることもできずに、それはとてもひどい状況だったのだそうだ。
 さすがにこれはいかんと、警察や教委を訪ね、PTA臨時集会を開き、まずは保護者に学校の様子を見てもらい、4つのボランティア(校内巡回、地域の清掃と学校の修繕、部活動のサポート、家庭科などの授業サポート)を始めたのだそうだ。それらが効を奏して学校が落ち着き始めると同時にボランティア活動も転機を向かえ、父親がもっと子育てに参加しようとの想いからオヤジの会に移行していった。
 保護者の問題意識もあっただけに多くに人が協力してくれたそうだが、はたして自分だったら現実に正面から立ち向かえるのか、とても考えさせられた。

|

« 総務委員会で幸田町へ | トップページ | 議会会派として町長に予算・政策推進要望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/49900947

この記事へのトラックバック一覧です: 今週はPTA関連の予定がビッシリ:

« 総務委員会で幸田町へ | トップページ | 議会会派として町長に予算・政策推進要望 »