« クロスカップリング反応とは | トップページ | 会津若松に行ってきました。 »

2010/11/09

セレンディピティって何?

「serendipity」という言葉がある。ノーベル賞の時期になるとしばしば聞く言葉だ。研究者の間ではよく使われる。もちろんビジネスの世界でも使える言葉だ。あえて訳語があるとすれば「偶察力」とでも言うのだろうか。

セレンディピティとは、「偶然に、とても興味深いあるいは価値のある発見をする能力」のことだ。偶然を見逃さず、そこからひらめきを得て幸運をつかみとる能力といっても良いだろう。

18世紀のイギリスでできた造語だ。『セレンディップ(セレンディップとはセイロン(現スリランカ)のこと)の3人の王子』という童話の中で、王子たちが旅の途中で意外な出来事に遭遇し、彼らの聡明さのおかげで、彼らがもともと探していなかった何かを発見することにちなんでいる。

2002年にノーベル化学賞を受賞した田中耕一さんがグリセロールとコバルトを誤って混ぜてしまったものを捨てずにおいたために、タンパク質の新しい質量分析法の開発につながったことは有名だ。

古くは、フレミングが、カビが生えてしまった培養サンプルから抗生物質ペニシリンを発見した話しや、ケクレが、蛇が自分の尻尾をくわえて回る夢を見てベンゼンの6員環構造を思いついた逸話などがある。

研究に没頭して、なおかつ偶然訪れたチャンスを迎え入れる準備ができているものだけが幸運を手にすることができるのだろう。

|

« クロスカップリング反応とは | トップページ | 会津若松に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/49975942

この記事へのトラックバック一覧です: セレンディピティって何?:

« クロスカップリング反応とは | トップページ | 会津若松に行ってきました。 »