« 議員年金・・・なぜ議員年金は廃止すべきか | トップページ | 厄松池の掃除をしました。 »

2010/11/25

12月定例議会の日程と一般質問の予定

次回議会予定

12月定例議会の予定
 
平成22年12月定例議会本会議の開催予定は12月3(金),6(月),7(火),8(水),17(金)の5回で、いずれも朝9時30分からです。終了時刻は、概ね午後5時頃ですが、あらかじめ決まっているわけではありません。午前中に終わることもあれば、午後6時を過ぎることもあります。

平成22年12月定例議会の予定
12月3日(金) 本会議  議案の上程・説明
12月6日(月) 本会議  一般質問
12月7日(火) 本会議  一般質問
12月8日(水) 本会議  議案質疑・委員会付託
 12月10日(金)  経済建設委員会  議案の審査
 12月13日(月)  文教厚生委員会  議案の審査
 12月14日(火)  総務委員会     議案の審査
12月17日(金) 本会議  討論・採決

3日が議案の上程・説明、6・7日は一般質問、8日が議案の質疑、17日は討論・採決の予定です。

議会傍聴のおさそい

 東浦町議会を傍聴してみませんか。特に、一般質問では、議員が行政全般について執行状況や将来の方針を質問します。質問者は意見も述べることができるので、それぞれの議員の考え方が良くわかります。テーマは、行政のあり方を問うものから暮らしに密着したものまで、様々です。


 議会傍聴は、役場3階の傍聴席入口にて住所・氏名を記入すれば、どなたでも可能。町外の方も歓迎します。審議の妨げにならない限りは、未成年者もOKです。詳細は、東浦町議会事務局(0562-83-3111 内線310)までお尋ねください。

 ※お知らせ
  ・議会から傍聴者への資料提供が大幅に充実しました。
    一般質問については、通告書全文を傍聴者にお貸しします。
    また、議案の説明・質疑に際しては、議案書および参考資料をお貸しします。
    (以前は、一般質問の質問者と質問項目が書かれた紙一枚のみの提供でした。)

  ・3つの常任委員会(経済建設、文教厚生、総務)が原則一般公開になりました。

神谷明彦の一般質問の予定

 以下の3つをテーマに一般質問する予定です。

   1.住民投票制度と自治基本条例
      (1)まちの将来を左右するような基本的かつ重要な政策決定について、
       住民の意思を直接反映する仕組みが必要ではないでしょうか。
       自治体の運営に直接民主的な制度を導入することは、住民の自治意識・
       当事者意識を高め、住民の総意によるまちづくりを進める上で重要です。
       常設型住民投票制度を設ける考えを訊ねます。
      (2)また、住民参加のしくみを整えつつ自治基本条例を創り上げていく考えを
       訊ねます。
       2年前の答弁では、「機が熟したときに住民と協力しながら」とのことでした
       が、「機が熟すとは」どういうことでしょうか。
       その状態に持っていくにはどうしたら良いのでしょうか。

   2.東浦緑地の今後の整備方針
       藤江の海岸に造成中の(仮称)東浦緑地の埋立て完了部分の利用方法
      は、現在、町と県が協議中と聞きます。その他の部分の計画については、
      プレジャーボート係留施設の計画はあるものの今後の動向は不透明です。
      (1)現在の計画は、どんな経緯、どんなねらいでつくられたのか。東浦町や
       住民の要望に基づいたものだったのか。
      (2)今後の計画はどうなるか。
      (3)プレジャーボート係留施設のニーズはあるのか。
      (4)特定の船舶の所有者のみを対象にするのではなく、子どもから大人まで
       だれでも手軽に楽しめるウォータースポーツ(カヌーなど)のできる場として
       の整備は考えられないか。

   3.特別支援教育
       (軽度)発達障がいのある児童は特別支援教育を受けることができますが、
      学校現場で対応できているのでしょうか。
       とくに、情緒障がいと知的障がいでは対応が変わってくるので、それぞれの
      クラスが必要になります。また、情緒障がいのクラスでも子どもの状態に
      よって、クラス全体に手が回らないこともあると聞きます。
       したがって、クラスの編成、補助教員の配置など機動的な配慮が必要に
      なってきますが、現状では県の対応を待つしかありません。
      (1)町単独での予算措置は考えられないか。教員免許を持たない補助員を
       適宜採用するなども考えられないか。
      (2)特別支援学級や普通学級に居る(軽度)発達障がいをもつ児童が、
       適切なケアのもとで授業に参加できているかをチェックする体制が出来て
       いるか。
      (3)子どもの置かれる状況は、保護者の情報収集、現状把握、要望、協力
       など保護者の想いと対応にもよってくると思うが、学校側と保護者との
       情報共有は十分できているか。
      (4)いわゆる軽度発達障がいまで含めると、すべての学級に何らかの問題を
       持つ児童が居る可能性が指摘されるが、教員の障がいに対する理解は
       十分か。

   4.鉛筆の持ち方、箸の持ち方
       学校の授業参観などで気づくことですが、ほとんどの子どもの鉛筆の
      もち方が間違っています。
      (1)学校では「いろいろな持ち方があって良い」あるいは「家庭の問題だ」と
       いうことで特に指導をしていないのか。
      (2)鉛筆の持ち方は、箸の持ち方とも共通する。学力の面から、文化の面
       からこの問題をどう考えるか。この状態を放置してよいのか。


   ※ 6(月)・7(火)の一般質問の日程のうち11人中、3番目の予定です。
     質問時間は、答弁を含めて一人1時間以内に制限されていますが、
     何時になるかは当日の進行状況によります。
     たぶん、12月6日(月)の11時すぎ頃から昼休憩を挟んで13時半頃
     になると思います。

|

« 議員年金・・・なぜ議員年金は廃止すべきか | トップページ | 厄松池の掃除をしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/50148262

この記事へのトラックバック一覧です: 12月定例議会の日程と一般質問の予定:

« 議員年金・・・なぜ議員年金は廃止すべきか | トップページ | 厄松池の掃除をしました。 »