« 当事者が遠慮せずに意見を出して現状を変えさせていくことが大切 | トップページ | 年明け早々に、市制施行タウンミーティングと市制施行に関する住民アンケートが行われます。 »

2010/12/26

PISAの読解力、新聞記者の読解力、読者の読解力

久しぶりに新聞をゆっくり読みました。

池上彰さんがコラムで、PISAのテスト結果の報道についての以下のような指摘をしていました。

PISAとはOECD(経済協力開発機構)が3年に1度実施する国際学習到達度テストのことだ。世界の15歳の生徒を対象に、数学的リテラシー(数学)、科学的リテラシー(理科)、読解力(国語)について調査する。

新聞各紙は、2000年に8位だった日本の読解力が、2003年に14位、2006年には15位に低下して問題になったが、今回の調査で、2000年と同じ8位に回復したと報じた。

しかし、2000年に参加したのは32ヶ国、今回(2009年)に参加したのは65の国と地域だ。今回日本より上位になった上海、香港、シンガポールは2000年には参加していない。参加国が増えて順位が下がったのを学力低下と呼ぶのは疑問だ。
そこで、2000年にも参加した国同士で今回の順位を比較してみると、日本は8位(2000年)から5位(2009年)に上昇しているのがわかる。

今回、中国が国としての参加を断って上海市のみの参加となったが、PISAはもともと国同士の学力を比較して政策評価をするためのものだ。受験戦争が激しい都市と他国とを比較しても意味がないだろう。

分析記事を書く新聞記者こそ、読解力を問われます。もちろんわれわれ読者も、そうした記事を鵜呑みにしない読解力が必要になります。

|

« 当事者が遠慮せずに意見を出して現状を変えさせていくことが大切 | トップページ | 年明け早々に、市制施行タウンミーティングと市制施行に関する住民アンケートが行われます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/50400281

この記事へのトラックバック一覧です: PISAの読解力、新聞記者の読解力、読者の読解力:

« 当事者が遠慮せずに意見を出して現状を変えさせていくことが大切 | トップページ | 年明け早々に、市制施行タウンミーティングと市制施行に関する住民アンケートが行われます。 »