フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ

« 今年の年賀状の写真は? | トップページ | 法華寺~平城京跡~唐招提寺~薬師寺の8kmを歩く »

2011/01/09

自然環境学習の森で水辺部会の作業初め

午前中に成人式があった。「海外は元気だ。若者はもっと世界に打って出よう」みたいな祝辞が続いた。自分も若者にそう言いたいと思う。このところ海外留学する人も減っていると聞く。内向き志向が高まっているらしい。ぜひ若さをバネに羽ばたいて欲しいと思う。

しかし、今の二十歳の人たちはバブル崩壊後の不況の中に生まれ、縮小社会の中で育った。我々のように、高度成長期の中を自分達の親の世代よりも必ず豊かになれると信じて生きてきた世代とは違う。今の日本の低迷は、我々も含めて我々よりも年配の世代に責任がある。そして、自分達の既得権は守って、そのシワ寄せを若い世代にツケ回してきたという構図が見え隠れする。ここで海外へ行けといったら、国内で食えないんだから、若いヤツらは国を出ろと聞こえなくもない。まるで、日本が貧しかった頃の棄民政策のようだ。新成人の人たちは祝辞をどう受け止めたのだろうか。ふとそんな想像をめぐらせてしまった。

そのあとすぐに、出初式があった。この季節にしてはとても穏かで暖かかった。今日は初めて小学生の操法披露(ホースをつないで放水)があった。
P1110438nscf

お昼から、自然環境学習の森へ行った。今日は年が明けてからのはじめての作業日だ。私が着いたときには、みんなで池づくりをしていた。もともとここは緩やかな棚田があったところだが、保全・再生活動を始めた頃は草に覆われた湿地になっていた。そこに、水生生物やトンボなどの繁殖できる水辺をつくっている。一種の冬田んぼだ。
P1110453nscf P1110454nscf
P1110459nscf P1110470nscf
P1110467nscf P1110519nscf

上流のほうでは、ため池づくりが始まっていた。湿地を掘り広げて、水生生物や鳥類の居場所にしようという計画だ。パッチ状の植樹や散策道の整備も始まっている。これらの工事が終わると、県の治山事業は終了して、あとは基本的には東浦町の管理になる予定だ。
P1110481nscf P1110507nscf

子どもの成る木
P1110526nscf P1110539nscf

蛇行する小さな流れ
P1110522nscf

« 今年の年賀状の写真は? | トップページ | 法華寺~平城京跡~唐招提寺~薬師寺の8kmを歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ため池・水辺」カテゴリの記事

季節・自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然環境学習の森で水辺部会の作業初め:

« 今年の年賀状の写真は? | トップページ | 法華寺~平城京跡~唐招提寺~薬師寺の8kmを歩く »