« 台風15号で非常配備 | トップページ | ボーイスカウト入隊上進式 »

2011/09/22

こころの健康講演会『うつ病って、誰にでもある。その病気と治療』のご案内

 日時: 9月25日(日) 13:30~15:00
 場所: 東浦町文化センター 1Fホールにて
 講師: 藤田保健衛生大学病院 精神科 内藤宏教授

Kokoronokenkou20110925

日本全国の自殺者数は、平成22年には31,690人。13年連続で3万人を超えました。
自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)を世界的に見ると、ロシア、ベラルーシ、リトアニアなど旧ソ連の国々に混ざって、日本と韓国が上位にあります。

都道府県別に見ると、当然人口の多い所が上位に来るので、平成20年のデータによれば、東京、大阪、神奈川ときて、愛知は1,555人で全国6位です。
しかしながら、自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)では21人と、全国でも低いほうから3番目となります。
これは、自殺で亡くなった方の発見地に基づく警視庁の統計によるものですが、自殺者の住所地に基づく厚生労働省の統計を見ても、愛知県の自殺率は全国の都道府県で低いほうから2番目になっています。
(山梨県などは、青木ヶ原樹海があったりするので、自殺者発見地に基づく自殺率は高く出る傾向にあります。)

東浦町の自殺者については、この5年間の推移を見ると、年間7~11人の間で変動しています。
平均すれば、全国平均よりも低くて、愛知県の平均よりもやや高い傾向にあります。

自殺の原因については(本当に原因を特定できるかどうか、個人的には疑問を感じますが、)平成20年の県の統計によれば、健康問題がトップで、経済・生活問題、家庭問題が上位を占めます。そのうち、うつ病などの悩みが35%、身体の病気の悩みが21%となっています。健康問題の中でもとりわけ心の問題が大きいことがわかります。

満足感、充実感、幸福感といったものは、心のありように大きく関わっています。
自分の心とどう向き合っていくかが大切になります。

|

« 台風15号で非常配備 | トップページ | ボーイスカウト入隊上進式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/52819669

この記事へのトラックバック一覧です: こころの健康講演会『うつ病って、誰にでもある。その病気と治療』のご案内:

« 台風15号で非常配備 | トップページ | ボーイスカウト入隊上進式 »