« 必見! 師崎から見える富士山   知多半島で富士山が見えるのはどこか?? | トップページ | 今日は成人式 »

2012/01/04

仕事始め・・・職員への新年の挨拶

8時30分から消防支所訪問、9時30分から仕事始め式、役場幹部会、区長会の新年あいさつ、その他に議員さんや企業、各種団体などさまざまな方々の訪問を受けた。

仕事始め式では、役場職員に対して年頭のあいさつを踏まえたうえで、以下のことを述べた。

 職員の皆さんには、役所の外にも目を向け、住民に支持される職員、他の役所からも羨望のまなざしを持ってみられる職員を目指してほしいと思います。また、ホームページは、各課の政策アピールの場です。大いに活用してください。
 住民と協力し合い競いながら、町や社会を作っていく気概をもっていただきたい。
 黒子に徹する必要はありません。目立つのは首長だけである必要はありません。「町役場の星」が何人かいても良いと思います。
 講演依頼を受ける、シンポジウム、マスコミ等で発言する、専門誌への寄稿など、情報発信できるようになってこそ行政のプロだといえます。
 ユニークな提案も出してほしい。意見があれば言ってほしい。役職や年齢にこだわる必要はありません。

 こういうことを言うと、スタンドプレーが横行するのではないか、公式見解と矛盾が出たらどうするのか、住民に誤解を与えるのでは、などの懸念点が出てくるでしょうが、それなら実際にそこまで情報発信してみてもらいたいものだと思います。誤り、行き過ぎは正せば良いのです。何もしないのは問題にされずに、余分なことをすると批判される風土ではいけません。

 役所や企業や市民活動の事例を学んで政策通になってほしい。それに、自分のひらめきやアイディアを添えられるようにしてほしいと思います。

 今、役所の採用試験に合格するのは難しくなってきています。やる気のある優秀な人材も入ってくるはずです。彼ら彼女らのやる気をそがずに、活躍する公務員に育てなければなりません。

 「東京財団週末学校」という研修プログラムがあるので紹介します。
週末の休日に東京での研修6回および国内調査2回、平日に国外調査1回を実施予定。受講費、教材費、受講に必要な交通費・宿泊費(実費)は東京財団が負担します。対象は49歳まで。
 数か月にわたり、毎週週末がつぶれる。宿題やレポート提出の課題もたくさん出るかもしれない。小さな町村では気恥ずかしいかもしれない。しかし、その程度のことは乗り越えなければ、東浦の将来、日本の将来をコーディネートする一員にはなれません。我をと思わん人は、志願してみてはどうでしょうか。市民協働の考え方はしっかりと身につくと思います。
 興味があったら、総務課と相談してみてください。

 以上、長くなりましたが、
ぜひ皆さんと一緒にいい仕事をしたいと思います。
皆さんの奮闘を期待するとともに、引き続き今年一年お付き合いしていただくことをお願いして、年頭の言葉とさせていただきます。

Capture20120104 ※mediasエリアニュース(知多メディアス動画)・・・仕事始めhttp://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=261

|

« 必見! 師崎から見える富士山   知多半島で富士山が見えるのはどこか?? | トップページ | 今日は成人式 »

コメント

「伊達直人」、再び現る=各地でランドセル、現金−専門家「震災の影響も」
108102

投稿: 「伊達直人」、再び現る=各地でランドセル、現金−専門家「震災の影響も」_830535 | 2012/01/07 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/53656161

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事始め・・・職員への新年の挨拶:

« 必見! 師崎から見える富士山   知多半島で富士山が見えるのはどこか?? | トップページ | 今日は成人式 »