« 東浦高校卒業式 | トップページ | 婦人会総会にて・・・喜怒哀楽、多感は幸福の条件 »

2012/03/02

平成22年国勢調査に関する不適切な事務処理についてのお詫び

本日15時に東浦町役場で記者会見を開き、平成22年国勢調査に関して町職員の不適切な処理があったこと、調査の経緯と結果について公表するとともに、職員の処分を行ったことを発表しました。

平成22年の国勢調査から各世帯から郵送による調査票の提出や住民票や外国人登録などの行政情報の活用が認められました。しかしながら、居住実態のないものにも行政情報を適用して調査票に世帯人員を追加記入したために、居住実態のない人口をカウントしてしまいました。

これら不適切な処理は、住民の皆様に対して、東浦町の信用を損ねたものであり、その責任は重大であると考えます。同時に、統計の信頼性を損ねたことについても深く反省せねばなりません。

よって、このような事態を招いた、担当職員及び管理監督職員に対し、処分を行うと共に住民の皆様に対してこの事実を公表し、陳謝することといたしました。

居住実態を確認したうえで行政情報を活用することとした通達を見落として、居住実態のないものまで行政情報を適用してしまったことは、町事務局の認識不足、勉強不足と言わざるを得ません。次回からの国勢調査においては、二度と同様の過ちを繰り返さないよう、再発防止に取り組んでいく所存です。

記者会見は、時間を区切らず質問がなくなるまで行ったため、たっぷり3時間ほどかかりました。

|

« 東浦高校卒業式 | トップページ | 婦人会総会にて・・・喜怒哀楽、多感は幸福の条件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/54125639

この記事へのトラックバック一覧です: 平成22年国勢調査に関する不適切な事務処理についてのお詫び:

« 東浦高校卒業式 | トップページ | 婦人会総会にて・・・喜怒哀楽、多感は幸福の条件 »