« 片山善博さんの講演を聴いて | トップページ | ヘキサメチレンテトラミン »

2012/06/02

足助の山林を歩く

豊田市御内町(旧足助町御内蔵連)の山林を歩く機会がありました。天然の落葉広葉樹林とヒノキの人工林の混ざったところです。森林組合が音頭を取って、人工林の間伐をするのだそうです。近頃、価値を見直されつつある天然林はそのまま放置します。

Dsc_0293_480x640_2 Dsc_0297_640x480_2
上は天然林、コナラ、リョウブ、モミ、なかにはブナもあります。下はヒノキの人工林。
Dsc_0317_640x480_2

間伐の必要な暗い森。Dsc_0348_640x480

施業の目安のため境界に杭を打ちます。             Dsc_0305_640x480_2 Dsc_0290_640x480

銀嶺草(ギンレイソウ)の花。葉緑素がないため蝋細工のように白いです。これでもれっきとした植物です。光合成をしないのでキノコに寄生して養分を取るのだそうです。Dsc_0276_640x480

かわいい植え方がしてあります。床柱用の木なのだそうです。Dsc_0357_640x481

里では田植えが済んで稲が育っています。Dsc_0353_800x600

|

« 片山善博さんの講演を聴いて | トップページ | ヘキサメチレンテトラミン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/54869356

この記事へのトラックバック一覧です: 足助の山林を歩く:

« 片山善博さんの講演を聴いて | トップページ | ヘキサメチレンテトラミン »