« ひこーぼーし | トップページ | 天然梅干し »

2012/07/08

コミュニティ政策学会に行ってきました。

愛知学泉大学 豊田学舎で開催された「コミュニティ政策学会 第11回大会」に参加しました。

午前中は自由論題分科会で、「空き家バンク」「経年化した郊外団地でのまちづくり」「兵庫県県民交流事業の成果」「地域美化清掃活動に係る協働」「1910~30年代の大名古屋論」「大学教育におけるキャリア教育の意義」などのテーマの講演と質疑を聴きました。

午後からは、「自治体関係者100人で語る 市民協働ワールドカフェ」に参加。顔見知りの市長さんや議員さん、自治体職員もいて大盛況。このうち一割近くが東浦町関係者で、若手職員たちの熱心さをとても心強く感じました。とかく縦割りと言われる役所ですが、他の自治体の若手職員や議員、研究者などと対等の議論をして、幾重にも横のネットワークを築いてほしいと思います。

P1000431_640x480

P1000434_640x480

ワールドカフェは、「お役所組織の風通しについて考えよう!」「住民にとって良いコミュニティ政策を考えよう!」「自治体職員としての自分の姿勢を見つめてみよう!」「市民の立場になって『協働』を考えよう!」の4つのテーマで、3回、テーブルを転々と席替えしながら議論。それぞれの結果を発表し合い、最後にどんなことを大切にして仕事をする職員を目指すか決意を書きます。
私は、『いつも市民のみなさんと、ともに笑い、ともに泣くこと』を・・・みたいなことを書きました。ふだん浪花節のようなことを書くことはありませんが・・・。要は、情熱を持ち、思いやりや想像力を働かせて、性善説で市民と本音の付き合いを納得づくでしたい、そんな気持ちで書いたつもりです。

P1000444_640x480

|

« ひこーぼーし | トップページ | 天然梅干し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/55154597

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニティ政策学会に行ってきました。:

« ひこーぼーし | トップページ | 天然梅干し »