« 犬山の鵜飼に行きました。 | トップページ | ブラジル ミナスジェライス州危機管理部門トップが東浦町を訪問 »

2012/08/12

自然環境学習の森に炭焼き窯が完成しました。

自然環境学習の森竹林部会の皆さんが造っていた竹炭窯が完成しました。関係者が集まって、神事の後に火入れ式を行いました。
(詳しい様子はhttp://hsatoyama.exblog.jp/18821526/をご覧ください。)

Sumiyaki20120812_800x540

この窯は、竹林部会の皆さんの手作りです。よく見ると窯のレンガが微妙に波打っているのがわかります。小屋はメンバーの大工さんがつくったそうです。段戸山で伐採した杉材や中古の煉瓦などを自分たちで調達してきて、何カ月もかけて少しずつ築きました。かかったお金は15万円ほど、知多信用金庫の「夢サポート」助成金をいただいたそうです。行政は資材運搬用にトラックをお貸しした程度です。
皆さんの熱意と行動力のおかげで心のこもった素敵な炭焼き小屋ができました。これで、(今までの簡易的なポーラス炭づくりに加えて、)付近で伐採した竹から完成度の高い炭や竹酢液ができるようになります。

Dsc_0614_640x307
P1020674_640x480
P1020662_640x480
耐火煉瓦窯のとなりには、ステンレス製ドラム缶を利用した簡単な窯もあります。2期工事ではさらにもう一基かまを設置する計画だそうです。

 

P1020683_640x480_2 P1020685_640x480 P1020686_640x480

自然環境学習の森では、稲の穂が膨らんできました。栗の木の下には毬栗がたくさん落ちています。合間に吹くそよ風にも秋の気配が感じられるようになりました。

|

« 犬山の鵜飼に行きました。 | トップページ | ブラジル ミナスジェライス州危機管理部門トップが東浦町を訪問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/55412155

この記事へのトラックバック一覧です: 自然環境学習の森に炭焼き窯が完成しました。:

« 犬山の鵜飼に行きました。 | トップページ | ブラジル ミナスジェライス州危機管理部門トップが東浦町を訪問 »