« 台風前の静けさ | トップページ | 中秋の名月 »

2012/09/30

台風17号は東海地方を通過

さて、朝起きると、無風、まだ晴れていました。森岡の村木神社の祭礼は予定通り挙行。

 P1030537_640x480 P1030551_640x480

大型の台風が一直線に向かってくるのに不気味な静けさです。1959年の伊勢湾台風の時も昼頃まで平穏で、いきなり風雨が激しくなり、高潮と満潮が重なり21時には破堤というパターンだったのだそうです。

13時ころから雨が降ってきました。14時に第2次非常配備、災害対策本部を立ち上げました。17時ころ風雨がきつくなり、豊橋に上陸後、19時半には雨が止んでぼんやりと月が見え始めました。この間、第2農免道路わきで高さ10mほどの木が倒れるなど大小数本の木が倒れたり、豆搗川の堤防内道路が一時冠水するなどしましたが、すべて解消。森岡と生路でそれぞれ1名ずつの避難者も無事帰宅。21時には災害対策本部をクローズ。幸い大きな被害はありませんでした。台風は、これから、関東・東北地方に向かいますが、大きな被害が出ないことを願っています。

気象庁は毎年、最も早く発生した台風を第1号とし、以後台風の発生順に番号を付けています。アメリカでは、発生順にA・B・C・・・の頭文字を取った人の名前をつけていますよね。
なお、2000年から、北西太平洋または南シナ海で発生する台風について、日本を含むアジア諸国などの14ヶ国が加盟する台風委員会が、それぞれの加盟国が提案した名前をローテーションで命名するようになりました。台風17号には”Jelawat”(マレーシアの淡水魚)の名前が付けられているそうです。

|

« 台風前の静けさ | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/55787000

この記事へのトラックバック一覧です: 台風17号は東海地方を通過:

« 台風前の静けさ | トップページ | 中秋の名月 »