« 千葉県 県内行政改革取組事例は使えそう。 | トップページ | バウチャー制度について考える »

2012/09/11

白寿と百歳の方を敬老訪問しました。

白寿って何歳のお祝いかご存じですか。

喜寿は77歳・・・「喜」の略字を「㐂」のように「七七」と書くため

米寿は88歳・・・「米」は「八十八」と書くため

白寿は99歳・・・「百」-「一」=「白」だから

66歳については「緑寿」というのがあるそうですが、これは2002年に「リョク」≒「ロク」ということで日本百貨店協会が提唱したもので、歴史は浅いそうです。

この他にも、傘寿(傘の略字は「八十」と書く)、卒寿(卒の略字は「九十」と書く)、珍寿(「一」+「十」+「一」+「八三」=95)、茶寿(「十」+「十」+「八十八」=108)、皇寿(99+「一」+「十」+「一」=111)、川寿(111)など、たくさんあるようです。

東浦町では、数えの99歳(白寿)のお祝いをしています。満100歳の方には内閣総理大臣から賞状と銀杯が贈られるので、あわせて、町長がお祝いを届けるために、該当する年齢の方のお宅を訪問しています。今年は、8軒のお宅を訪問させていただきました。中には介護施設に入所、通所されている方もいらっしゃいますし、ご自宅で普通に生活されている方もおいでです。

東浦町全体で、満100歳以上の方は、17人(23年度末時点)いらっしゃいます。最高齢は104歳。昭和38年には日本全体で153人だった百歳以上のお年寄りは、平成10年には1万人を突破、今年5万人を超えたそうです。昨今、少子高齢化と言うとネガティブなイメージを伴いますが、お年寄りが長生きできる社会を築いてきたことは素直に世界に誇れることだと思います。

|

« 千葉県 県内行政改革取組事例は使えそう。 | トップページ | バウチャー制度について考える »

コメント

ほかで聞いた話ですが、敬老の日のプレゼント(たぶん家族のプレゼントだと思います)で一番欲しいものは、

男性の場合
①お酒
②一緒に食事
③孫の手紙

女性の場合
①お花
②一緒に食事
③旅行

なのだそうです。

投稿: 神谷明彦 | 2012/10/28 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/55681048

この記事へのトラックバック一覧です: 白寿と百歳の方を敬老訪問しました。:

» 賢人 三浦敬三氏の食生活に学ぶ [外国為替証拠金取引・FX入門・ETFリート 退職に備える投資法]
 三浦敬三氏の100歳、元気の秘密は私の愛読書である。 その中で、彼の食事法が書かれているのだが、食事法というか食に対する哲学なのだが、なんでも「まるごと」いただくというのが三浦敬三氏の食に対する考えだ。var po = new PeeVeeObject(... [続きを読む]

受信: 2012/10/09 14:12

« 千葉県 県内行政改革取組事例は使えそう。 | トップページ | バウチャー制度について考える »