« 今週末は、卯ノ里、石浜中、生路、森岡、平池台地区で敬老会がありました。 | トップページ | 白寿と百歳の方を敬老訪問しました。 »

2012/09/10

千葉県 県内行政改革取組事例は使えそう。

千葉県のホームページの中に「市町村の行政改革の取組事例について」というページがある。そこには、県内市町村の先進的な取り組み事例が紹介されている。何かヒントになりそうだ。

 取組事例の紹介

  1. 船橋市(約50億円の滞納縮減~税金のノウハウで公債権・私債権を一元管理~)【平成23年12月19日実施】
  2. 習志野市(公共施設マネジメント白書と公共施設再生計画の策定)【平成23年11月24日実施】
  3. 流山市(人口増加の秘密~シティセールスプランに基づくプロモーション活動~)【平成23年12月15日実施】
  4. 我孫子市(文書管理改善で人件費2億円節約~ファイルングシステム~)【平成23年12月2日実施】
  5. 鴨川市(県内初の小中一貫校~長狭学園~)【平成23年11月22日実施】
  6. 南房総市(地域を動かすエンジン~地域づくり協議会~)【平成23年12月7日実施】
  7. 鋸南町(徹底した定員管理)【平成23年12月22日実施】 

|

« 今週末は、卯ノ里、石浜中、生路、森岡、平池台地区で敬老会がありました。 | トップページ | 白寿と百歳の方を敬老訪問しました。 »

コメント

貴重な情報をブログで紹介いただきありがとうございます。丁度、昨日の小牧市議会の一般質問で「小牧市のシティセールスについて」という項目の質問をされた議員がおられました。「小牧市は遅れている」と。

 常々、「行政にはマーケティング思考が必要」とサラリーマン時代のことを思い出し思っていましたので、とても参考になりました。
 ややもすると、「観光」に力点を置きそうですが、「住みたくなるまち」を目指すのが大切だと思います。 

投稿: 堀 孝次 | 2012/09/12 20:15

私どもも、決して上手なマーケティングができているわけではありません。
おっしゃる通り、物産の売り込みやまちの宣伝はもちろん必要ですが、長い時間をかけてイメージをつくっていくことが大事かと思います。福祉に手厚い、子育てが充実、教育に熱心などのイメージは一朝一夕にできるものではありません。
これまで培ってきたイメージをいかに壊さず、引き続き(時には地味に時には派手に)息の長い「住みたくなる」まちづくりをしていくことが大きな課題だと思っています。

投稿: 神谷 | 2012/09/14 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/54739350

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県 県内行政改革取組事例は使えそう。:

« 今週末は、卯ノ里、石浜中、生路、森岡、平池台地区で敬老会がありました。 | トップページ | 白寿と百歳の方を敬老訪問しました。 »