« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/31

昔は1年が10か月・・・大晦日に暦を考える・・・

気が付いたら、もう年が変わりそうになっています。あるご高齢の方が「歳を取るほど月日の経つのが速いもんだ」とおっしゃっていましたが、まさにその心境です。
29,30,31で散らかった書類の整理や、夏服→冬服の整理、トイレの水漏れなどを片付けて、年賀状書きを済ませて、大掃除をして、そんでもってすっきりした気分で新年を迎えようと都合の良い幻想を抱いていましたが、やはり無理でした。

P1060893_640x480
ところで、昔のカレンダーは、1年が10か月だったって聞いたことありますか?

January~Augustはとりあえず置いておいて、

September は、septem(seven) すなわち 第7月 ですよね。

October は、octo すなわち 第8月 ですよね。

November は、novem(nine) すなわち 第9月 ですよね。

December は、deca すなわち 第10月 ですよね。

どうして、2ヵ月ずれちゃったんでしょうか?

ローマ帝国の時代のことだと思います。わがままな皇帝がいて「俺の名まえを入れろ」と言いました。その名まえは、Julius Caesar と Augustus。そうです。July と August だったんです。

もちろん暦を変えるには、わがままだけでなくてそれなりの合理性が絶対不可欠です。たぶんより正確に1年を記述するために2ヵ月を足し加えたのではないかと思います。そのときに、「だったら俺の名を」というノリのお話しだったのかもしれません。以上は私の想像でした。

実際に、Wikipediaで調べてみると、事態はもう少しばかり複雑です。
古代ローマ時代に、人間の妊娠期間から1年を10か月(304日)としたものの、紀元700年頃、より天体の運行に即した1年を12か月(355日)とする暦が採用されるようになった。この時、1月と2月(今の January と Februaly)が年初に付け加えられた。だが、依然として不統一な運用が続いていたため、ジュリアス=シーザーがエジプトの暦を取り入れて、紀元前47年に制定したのが現在の暦に近いユリウス暦だ。July と August は、二人の皇帝の名をたたえて、第5月と第6月が改称されたものだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/30

年賀状書き

今慌てて年賀状を書いています。

2013年(平成25年)の年賀状の写真は、5月の連休に家族で東北に行って、宮城県奥松島の大高森の頂上から撮ったものです。今年撮った唯一の家族の集合写真でした。そのときの紀行文はこのブログにも書いています。

Nenga2013org_400x286_200x143

ちなみに、2012年(平成24年)の年賀状は町内の竹林で撮ったものを使いました。それ以前の年賀状はこちらで見ることができます。これまで、いろんな場面で撮った家族の集合写真を題材にしてきました。

ところで、みなさん。ご存じだったでしょうか?

公職選挙法により、公職の候補者(選挙に出ることが想定される人)は年賀状や暑中見舞い状などの挨拶状を選挙区内に出すことが禁止されています。例外として、「答礼による自筆のもの」に限り許されています。

じゃあ私の書いた年賀状はどこへ? 私の年賀状は、ほとんどが県外宛でこの30年来付き合いがある友人またはお世話になった方たちに宛てたものです。
以前、前年に年賀状をいただいたので当然来るものと思い、答礼のつもりで先に町内の方へ年賀状を出したら、法律違反じゃないかと抗議に来た方がいらっしゃいました。これは私の不注意でした。

「あいつ、俺の住所を知っているのに年賀状をよこさないのはけしからん。」とお思いの方は、公職選挙法で挨拶状が禁止されていることをご理解願いたいと思います。
逆に法律で禁止されているおかげで、町内の知人やお世話になっている方たちすべてに年賀状を書かずに済んでいるとも考えられますね。

公職選挙法 第147条の2
 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/29

東京財団週末学校のご案内

以下、東京財団からの自治体職員向け実力アップ研修プログラムのお知らせです。
詳しくは、http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/をご覧ください。

 

■┓「東京財団週末学校」2013年度参加者募集
┃┃ 来たれ、全国の精鋭! 地域をよりよくしたい人、募集
┗┛――――――――――――――――――――――――――――――――
半年間週末を利用して、頭と身体で徹底的に自治の本質に向き合う―「東京
財団週末学校」は、志ある市区町村職員を対象とした人材育成プログラムで
す。自らのまちに埋もれていた価値に気づき、住民とともに形にする意欲と
能力を育てるこの取り組みは今年で10年目を迎え、全国に180名の修了生を
生みだしています。

「この地域をよりよくしたい」という強い想いを持った全国の皆様のご応募
をお待ちしております。

【目的】
・住民を主体とする地方自治の実現と地域の潜在力を活かした多様性あるま
 ちづくりのため、自らの頭で考え、行動を起こすことができる人材を育成
 する

【特徴】
・住民とともに「公」を担う“真”の行政の仕事と役割を再認識
・座学のみならず、実際に現場に入り込み、体験を通じた学び
・それぞれの地域の課題を明確にし、課題解決に向けた取り組みを自ら提言
・「自らの地域をよりよくしたい」と強い想いを持つ職員が全国から参加
・週末を利用した参加しやすく、派遣しやすいプログラム構成

【スケジュール等】
・期間:2013年5月から10月の約6ヵ月間、全10回の週末プログラム
・構成:東京でのプログラム7回および国内調査2回(団体、個人調査)、国
 外調査1回を実施予定

【費用】
・受講費、教材費および東京への交通費、宿泊費(実費)は東京財団が負
 担。ただし、国外調査にかかる交通費のうち5万円および個人で行う国内
 調査にかかる費用はすべて参加者負担

【応募資格】
・自らの地域をよりよくしたいという強い想いを持ち、将来、自らの自治体
 や地域においてリーダーシップを発揮したいと志すもの
・市区町村職員であり、5年以上の職員歴を有するもの。ただし、2013年4月
 1日時点で49歳以下のもの
・原則として、所属する自治体の首長、または直属の上司の推薦があるもの

【募集人数】
・20~25名程度(書類、面談により選考します)

【応募方法】
・所定の参加申請書および推薦書を「東京財団週末学校事務局」宛に郵送。
 応募書類は以下URLからダウンロード
 
http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/recruit/

【応募締切】
・2013年2月22日(金)東京財団必着

【これまでの講師】
・片山善博(元総務大臣、前鳥取県知事)、福嶋浩彦(東京財団上席研究
 員、前消費者庁長官、前我孫子市長)、吉本哲郎(地元学ネットワーク主
 宰)、上野健夫(NPO法人 鳴子の米プロジェクト理事長)等

▼ 詳細はこちら
 
http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/

▼ お問い合わせ:東京財団週末学校事務局
 Tel: 03-6229-5503  E-mail:
shumatsu-gakko@tkfd.or.jp

日本が元気になるためには、地域の自立が必要です。自立とは、地域にあるそれぞれの豊かさを再発見し、創意工夫の取り組みにより、個性豊かな地域を自らの手でつくることを意味します。その原動力となるのは「人」であり、自らの頭で考え行動し、地域の活性化に貢献できる人材が必要とされています。東京財団は、全国の市区町村職員を対象とした人材育成プログラムを実施しています。より多くの市区町村職員が参加できるよう、主に週末を利用したプログラムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/28

仕事納め式で述べたこと

今日は今年の最終営業日。早一に消防支署へあいさつ、人事異動の相談や年末の来客に対応して、16時から仕事納め式。

仕事納め式では、以下のようなことを述べました。

 皆さん、机の上は片付きましたか?

 時の経つのは早いもので、あっという間に一年が過ぎてしまいました。
 この間、東浦町が順調に過ごしてこられたのは皆さんのおかげです。私が政策集に書いたこともまだ取り組みの甘いものもありながら、少しずつ前に向かって進んでいます。これも皆さんががんばっているおかげだと感謝しています。

 年末の明るいニュースは何と言っても愛知駅伝で3年連続、4回目の優勝をしたことです。教育長をはじめ体育協会や学校関係者、そしてスポーツ課の成果だと思います。
 8月には事業仕分けを行い、つい昨日まで改善方針の各課ヒアリングをしていました。事業仕分けは初めての経験でしたが、たくさんの住民に参加をいただき、行政の事業に対して関心を持っていただきました。また、担当職員にとっても事業の理解、説明責任、事業の改善について新たな気付きの機会となったのでないでしょうか。そういう意味では初回としてはまずまずの成果だったと思います。
 そのほか、日々の業務に加え、水道部では、長良川河口堰最適運用検討委員会の議論を注視しつつ上水道の南部ブロック協議会に「水道水の水源を木曽川に戻す」要望書を出しました。
 商工振興では、各地の物産展などで於大ちゃんが東浦の売込みをしました。防災交通では、う・ら・らの広告や車内の掲示など話題づくりに知恵を絞りました。給食センターの新設では、コストダウンのための設計変更を限られた時間の中で行うことになりました。その他、国保税の見直し、福祉センターの指定管理など、これまで、あまりやったことのないことや慣れていないことに挑戦していただきました。
 これから、さまざまな分野で、新たな挑戦や、従来してきたことのさらなる改善が進むことを期待しています。

 若手の職員の皆さんの活躍にも期待したいと思います。産業まつりでは有志のボランティアが宝探しゲームを企画してくれました。他の自治体を含めた横断的な勉強会に参加して、情報交換やスキルアップに励んでいる方々もいます。仕事や日頃の自主的な活動を通じて住民のみなさんともコミュニケーションをとって欲しいし、現場・現地に精通して欲しいと思います。

 仕事をする上で、まずは、自分の仕事を自分なりに理解すること、そして、自分の言葉で他人に簡潔に説明できることが大切です。自分の考えを、文字や図に描いてまとめてみることが重要です。
 データで客観的に物を言うこと。なぜを大切にすること。なぜの中には必ずヒントがあります。
 できません。知りません。県に聞きますではなくて、できる方法を考えなくてはなりません。
 それには知恵が要ります。知恵は無からは生じません。知恵の根源は情報です。情報は、実体験なり、人と人のコミュニケーションなり、読書なり、ネットなりから取らなくてはなりません。
 そして、できないと思っていたことができるようになることが、感動なり遣り甲斐につながると思います。

 仕事をする以上は、食べたり、飲んだり、しゃべったりも重要です。正月休みでゆっくりと心と身体を遊ばせてください。
 それと同時に、休み中にぜひ、本を一冊読まれることをお勧めします。できれば、今あなたが直面している課題に関係のあるものを。よそ事も考えつつ想像力を働かせながら、自分なりの解釈をしてみてください。

 それでは、来年4日の仕事始めにまた役場でこうして集合しましょう。良いお年をお迎えください。本年中はどうもありがとうございました。
 

20時からは年末夜警をしている各地区消防団の詰め所を訪ねて激励します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/27

明日は仕事納め

今日は、事業仕分けヒアリングの最終日。
学校生活支援員と相談員、図書館、行政サービスコーナーの今後のあり方についての2~3回目のヒアリングでした。あとはそれぞれの改善の方向性をシートにまとめて、来年の初めには、仕分け結果を踏まえた行政としての改善方針を住民の皆さんにお示しできそうです。
事業仕分けヒアリングの合間を縫って、年末のあいさつや来客の対応を済ませ、自分の机に戻ったら、決裁書類の山ができていました。パソコンのメールと掲示板も2日間、目を通していません。都市計画課から報告を受け、決済書類とメールに目を通したら夜の9時。
町長室の大掃除まではとても手が回りそうにありません。

明日28日は、仕事納めで、職員に対して年末の挨拶をすることになっています。さあ、家に帰って話す内容を考えたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/26

東京出張

福祉自治体ユニット首長連絡会に出席するために東京へ。福祉自治体ユニットには前町長時代から加入していて、東浦町は介護保険サミット開催の実績もある。

        P1060809_480x640_3 P1060810_480x640_3
           エレベータシャフトを挟んで、日比谷公園側と国会議事堂側にオフィスが並ぶ厚労省の建物

首長連絡会の前に、人事交流のある厚生労働省を訪問。今も若手職員が出向している社会援護局と、老健局に寄って挨拶をした。新年度が迫っているが、政権交代でこれから予算の再組み換えもありうる。「それならそうで、やるっきゃない。」さすが不夜城の心意気を感じる。
今日は改選後の衆議院の初日。ちょうど国会が終わったので、議員会館を訪ね、地元選出の衆議院議員にお会いした。
その足で、福祉自治体ユニットの勉強会へ。きょうのテーマは、特別養護老人ホームの「個室化・ユニットケア」。地方分権一括法で居室定員などを自治体ごとに定められるようになったが、鳥取県南部町の例を紹介しながら、「生活単位=個室」「介護単位=ユニット」という流れは必要不可欠だと説く。

P1060811_640x480
そのあとは交流会。全国の参加自治体の首長、厚生省の官僚、大学の研究者などと気軽に交流できる雰囲気がある。交流会には、地元の銘酒を持ち寄る習慣がある。東浦からは地元に一軒残っている「生路井」の「若水」と「卯の花」を持参したが、幸い好評だったようだ。

 P1060816_640x480 P1060813_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/25

「住民等からの要望・意見等記録簿」を試行しています。

町長政策集の中に、⑥本当の住民自治への変革・・・「議員から行政への個別の要望はすべて記録に残します。」というのがあります。

もともとは不透明な口利きをなくすための方策として考えたものですが、議員のみを対象にせずに、すべての住民等から寄せられた要望・意見、苦情、情報提供、その他記録として残す必要があると思われる情報を、分け隔てなく共通の書式により記録することにしました。そして、一連の記録を決済および統計処理することにより、要望・意見等を各部署で共有し、迅速、適切に処理できるようにすることを目的としています。これは昨年から試行しています。

具体的には、以下のような様式を定め、対応した職員が要望・意見などの内容とその時の回答を記録します。記録は秘書広報課で整理・保管します。

町長政策集推進計画にも、No.75『議員・住民から寄せられたすべての要望や意見を漏れなく記録に残し、公正かつ適切な対応が確実にできるようにするため、「要望・意見等記録簿」を作成し、情報の共有を図ります。記録に残すことにより、政策発案の期限を明確にします。』を取り組み内容として、平成24年度中に実行するとしています。約一年の試行を経てこの制度も定着してきており、1年以内に達成するとした目標をクリアしたと考えてよいと思います。

Youbouikenkiroku0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/24

きょうは12月24日でした。

P1060755_574x640

スキーから帰ってきたら、妻と娘たちがクリスマスケーキを買って待っていました。あえて懐かしいバタークリームのケーキです。
子どもたちも世の中の現実がわかってきたと見えて、さすがにもうサンタクロースの話題は出ません。
でも、4年前のブログにはこんなことを書いていました。

 

サンタクロースは本当にいるか?

妻は子どもたちに、サンタクロースを信じ込ませたいようです。いつもイヴの夜には彼らが寝静まってから枕元にプレゼントを仕込んでいます。「ウソを教えるなよ」と私は言うのですが・・・、逆に「夢を壊すな」と口止めされています。

サンタは、どうして子どもの欲しい物がわかるのか? どうして子どものいる家がわかるのか?(個人情報保護法施行後は特に大変?) どこから物を運んでくる(どこで買い物をする)のか? どうやって家に侵入するのか(うちは煙突がありません)? どうやって一晩で配り終えることができるのか? そもそも、なぜプレゼントをくれるのか? 不思議な事がいっぱいです。

そこで問題
Q:家から家に瞬間移動できるとして、一軒配るのに5分かかるとして、0時から3時の間にすべての世界中の子どもたちにプレゼントを配り終えるには、サンタさんが何人必要でしょうか?(A:たぶん何千万のオーダーか)

昨年の25日の朝、子どもたちがヒソヒソ話ししているのを聞いたところ、「サンタクロースってきっといないよね。お母さんがプレゼントを置いてくれるんだよね。ことしがお菓子の詰め合わせだったのは、きっとお父さんがおもちゃはやめとけと言ったんだよね。」と言っていました。
話しの内容からすれば、サンタクロースの正体に確信を持っているわけではない?ようでもありました。

娘の友人でサンタの正体を見破った人がいるそうです。その子によれば、夜中に一階に降りていったらお父さんがサンタ服に着替えてプレゼントを用意中だったので、あわてて寝室に戻って寝た振りをしたそうです。
うちのお父さんがそれをやったら、気持ち悪いというのが家族の統一見解です。

家庭のありようはさまざまだと思います。

 

ところで、『サンタクロースっているんでしょうか?』というお話をご存知でしょうか。
100年位前、ある少女の質問に答える形でアメリカの新聞の社説に掲載された有名なお話です。こちらのサイトに原文と邦訳文が紹介されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/23

久しぶりにスキークラブの合宿に参加しました。

年末の三連休。奇跡的に予定が入っていません。
いざ、志賀高原へ。
3年ぶりに所属しているスキークラブの合宿に息子を連れて参加しました。

P1060735_800x599

冬休みに入っただけあって、東京や関西の高校のゼッケンをつけた高校生がいっぱい来ています。自分も高校のスキー教室で、そして志賀高原のブナ平ゲレンデでで初めてスキーを体験しました。この時、スキーの履き方からシュテムターンまで教わって、最終日には東館山の林間コースを滑り降りました。それ以来友人などとスキーに行くようになりました。
ですから、年期だけは入っています。それだけに昔の外向外傾の滑りが身体に染みついていて、「内足主導」とか「谷回りで滑ろう」と言われて頭ではなんとなくわかっているつもりでも、なかなか新しい滑りについて行けません。最近のSAJのスキー教程には、かつてのスキヤーの高齢化に対応して、「自然で楽なスキー」「健康志向のスキー」などの言葉も踊っています。
スキー板はカービングスキーになって、とりあえずターンの内側に倒れこむだけでシャープなターン弧を描けるようになりました。高校生の息子は、先入観なしで今どきの滑りを吸収していくのではと期待しています。
スキーの本質は、自然の地形、雪質など様々なコンディションの中で、速く安全に降りてくることだろうと思います。いろんなすべりの引き出しも必要になるでしょう。「年期」も大切な要素かもしれません。

Img_0059_400x300

Img_0073_597x640 P1060731_640x480

Ski20121223capture7_467x350_2                      クリックで動画再生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/22

町議会に上程される議案の全文&概要を見られるようになりました。

町議会に上程される議案の概要と全文を、町のホームページで見られるようになっています。→ http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/04soumu/gian/index.html

19日に閉会した12月定例議会の議案はこちらです。

上記の情報は「町役場総務課」のページにありますが、読者にしてみれば「町議会」のページからも入れるようにした方が使いやすいかもしれません。いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/21

町長・副町長による予算査定が始まりました。

この17日から平成25年度予算の町長・副町長査定が始まりました。昨年度までは町長査定と副町長査定を別々にやっていましたが、今年からまとめてするようにしました。その方が時間も節約できるし、ディスカッションもしやすいと思うからです。

実際、査定をしてみると結構細かいいきさつも把握する必要があったりして結構時間がかかります。必要に応じて財政課以外に担当課を呼んだりもします。
大きな予算を節約したり廃止したりすれば効果額も大きいですが、それだけに住民に及ぼす影響も大きくなります。行政がタッチすべきか疑問な小さな予算はありますが、廃止しても効果額は小さいです。
とりあえず切りつめられるだけ切り詰めて、メリハリの「ハリ」の部分を入れ込む余地をつくりたいところですが、どこまで切り詰められるかはまだわかりません。

今年から、「予算の編成過程の公表」を若干改善して、全体の細目主要事業の査定状況をわかるようにしました。これを見ると、総務部長査定で約6億円の支出を削減し、収入の見直し(主に、財政調整基金からの繰入と、町債による資金調達)で27億円もの資金不足を埋めてきていることがわかります。
「基金からの繰り入れと、町債による資金調達」とは、すなわち「貯金の取り崩しと、借金をすること」を意味します。新学校給食センターの整備事業があるのでその分の借り入れは増加せざるを得ません。しかし、とにかく貯金の取り崩しと借金を少しでも減らそうとすれば、大きな事業で大幅な減額に手を付けざるを得ないと思います。

この予算編成過程の公表は、目指すところとして、住民の参加をいただいてキャッチボールしながら予算編成していけるような状態を考えていますが、仕組みづくりにしばらく時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/20

東浦町の借金時計

私は、『東浦リフレッシュ宣言「政策集」』に「子孫にツケを残さない持続可能な行財政改革・・・毎年一定額を節約し、余裕資金を作り財政を改善。200億円の借金を少しでも減らします。」と書きました。簡単なことではありません。時間もかかるでしょうが、少しでも借金を減らしていくつもりです。

東浦町の借金時計を町ホームページにアップしました。借金残高がリアルタイムでわかります。
 →http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/s_tokei.html

Syakkindokei20121220

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/12/19

今日は12月定例議会の最終日でした。

これまでの本会議の質疑と委員会の審査結果を受けて、討論と採決が行われました。そのうちの主なものを挙げます。

審議会等への公募委員の追加に伴う関係条例の整理に関する条例は、私が公約に掲げた「審議会等の諮問機関に公募の住民参加」を進めるためのものです。
議会で質疑のあったのは、「応募者がなかった場合はどうするか?」「同一人物がいくつもの委員に就任することはないか?」という点でした。応募者がない場合はそれはそれで関心が薄いと解釈して、無理に動員は考えていません。公募は定員の1/10~1/3に設定されているので委員のショートも起こりません。同一人物の応募も特段の制限は設けません。万一、問題が生ずれば制限等の対応を考えます。
この件は全会一致で可決されました。

国民健康保険税条例の一部改正は、一般会計から国保会計への赤字補てんを2億円未満に抑えるために国民健康保険税を値上げするものですが、負担増を問題視する質問をいただきました。健康保険の持続可能かつ安定的な運営のためには、ある程度の受益者負担をお願いせざるをえません。
採決では共産党を除く賛成多数(16:1)で可決されました。

指定管理者の指定については、社会福祉協議会を福祉センターの指定管理者とするものです。社会福祉協議会を指定管理者とすることのメリットを何度も質問されました。
この件に関しては、9月定例議会で福祉センターの管理を指定管理者に行わせることが可能となり、指定管理者の選定作業にかかったこと。選定委員会で、現に福祉センターの事業を広範に行っている社会福祉協議会が指定管理者として適当との結論が出たことなどから、社会福祉協議会を指定管理者として指定することが順当と考えられます。
しかしながら、議会は情報不足で判断できないとの理由で、共産党を除く賛成多数(16:1)をもって、この件を継続審査(賛否先送り)としました。
会期内に調査を終えて結論を出すのが本来の議会の機能ですが、行政側の説明に説得力がなかったとすれば、議会とのコミュニケーション不足だったと言わざるを得ません。この件については中日新聞(12月20日付け朝刊知多版)でも報道されました。

Keizokushinsa20121219

 

職員の退職手当に関する条例の一部改正は、国家公務員の退職金引き下げに合わせて、町職員の退職金を平成26年秋までに約15%引き下げるものです。退職金組合に加入していない東浦町としては、単独で意思決定できる素早さを生かし、愛知県と同じく最短で引き下げ実施が可能です。いたずらに実施を遅らせることは、退職の近い職員と他の職員との不公平を生ずる元となります。
この件については、共産党を除く賛成多数(16:1)で可決となりました。

その他の議案は全会一致で可決決定されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/18

原宿界隈と東京駅さんぽ

写真は11月の初旬東京に行った時のものです。

P1050640_640x480

P1050649_640x480_2

安藤忠雄設計の表参道ヒルズ同潤会アパート跡地を再開発したもので、細長い敷地に建っていた旧アパートの佇まいを一部残してあります。
中は変わった造りで、吹き抜けの回廊に面してブティックやレストランが並んでいるのですが、回廊を歩いているうちにクルクルとらせん状に最上階まで上がれる構造になっています。
建物全体が「作品」のせいでしょうか。いたるところに「カメラ撮影はご遠慮ください」のステッカーが貼られていますが、一番下の階だけは撮影OKらしく、たくさんの人が写真を撮っていました。

P1050661_480x640

 

こちらは、国の重要文化財、辰野金吾設計の東京駅。今年11月に戦災で焼け落ちた3階部分を再現して、リニューアルオープン。外装は常滑産の特注煉瓦が使われています。
2~3階部分にはステーションホテル東京ステーションギャラリーが入っています。改装前のステーションホテルはボロかったけど、この一等地では結構お値打ちな宿泊料金だったような覚えがあります。営業再開でイメージ一新、ステーションギャラリーは手荷物を無料で預かってもらえるので新幹線に乗る前に立ち寄ることも可能です。

P1050687_640x480

 P1050471_640x480_2 P1050472_640x480_2

P1050701_640x480

こちらはリニューアル記念に行われたCG投影ショーの様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/17

5色のマカロンと2層のビール

色鮮やかなマカロン、おみやげにもらいました。

P1040865_800x492

P1040871_640x526_3
 

こちらはとあるアイリッシュパブにて。ちょっと珍しいハーフ&ハーフです。上が黒ビール、下は普通のビールです。アルコール度はそんなに違わないと思うのですが、黒の方が比重が小さいそうで、逆はできないそうです。

P1050108_314x640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007 スカイフォール

007。このシリーズ、封切の時には欠かさず見に行っています。
今のボンド役はちょっとシニカルで冷たくてとっつきにくい。自分のジェームズボンドのイメージとしては、おしゃれで愛嬌があってかっこつけのロジャームーア、ピアーズブロスナンのイメージかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆議院議員総選挙投票結果

第46回衆議院議員選挙の結果は、皆さんご存知の通り、自由民主党が大幅に票を伸ばし、単独過半数を獲得しました。全国の投票率は59%程度とのこと。

東浦町内の投票結果は、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/04soumu/senkyo/shuin_kekka.htmlにあります。投票率は63.7%でした。

Senkyo20121216syousenkyoku

Senkyo20121216hireidaihyou

Senkyo20121216kokunintouhyou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/16

東浦マラソン

先週、先々週と寒い日が続いていましたが、今日は穏やかで温かい本当に良い天気になりました。

第1回の東浦町民マラソン大会が1974年に160人の参加者で始まって以来、健康志向やマラソンブームを反映して、年々参加者が増えて、今回は過去最高の4493人の参加申し込みをいただきました。これだけの参加者があるのは、おそらく緩やかなアップダウンのある田園地帯の空気を肌で感じながら走れるのが魅力になっているのではないかと思います。

今回は、東の千葉県から西の広島県まで、全国津々浦々からのご参加をいただきました。
高齢者の中では81歳の方の参加をいただいています。こうして、盛大に東浦マラソンを開催できますことは主催者として本当にありがたいことです。

さて、12月1日に開かれました愛知県市町村対抗駅伝では、東浦町が町村の部で、9つの区間のうち6つの区間で区間賞を取り、堂々の3連覇を達成しました。その東浦を優勝に導いた選手の方たちも参加をいただいています。

ぜひ、すべての参加者が、ある方はのんびりとマイペースで、ある方は優勝を目指して、ご自分の納得のいく走りをいただきたいと思います。また、ここに集まった方々が交流の輪を広げていただくことを願っています。

P1060609_600x453

P1060611_640x482

P1060613_640x480_2

P1060630_640x480_2

P1060655_640x480

P1060663_640x480

P1060677_640x480

P1060689_640x479

P1060695_640x480

たくさんの皆さんの参加とご協力をいただいて、東浦マラソン大会のすべての競技を事故もなく無事に終えることができました。12月の青空のもとで、ファイトを燃やしつつ気持ちの良い汗をかいていただけたとすれば、主催者としてこの上ない喜びです。ぜひまた来年も、東浦マラソンにご参加いただきたいと思います。
最後に、本大会の開催にご尽力くださった東浦長体育協会、半田警察署、知多建設事務所をはじめ関係機関の皆様、ご協賛を賜わりました事業所各位、大会運営関係者の皆様に深く感謝いたします。

ところで、各地で行われるマラソン大会を「評価」するページがあります。
 →ランナーの、ランナーによる、ランナーのための大会レポート&評価!
まだ評価点数は出ていませんが、みんなのレポート(ランナーたちのコメント)があります。結果も詳細に出ています。
 →第38回東浦マラソン 上位記録一覧
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/15

同級生の展覧会『Three Styles 2012』

中学の同級生で日本画を描いている人がいます。毎年この時期に3人の仲間で展覧会を開きます。それを数人の同級生で観に行くのが年末の定例になっています。会場は、ノリタケの森のギャラリー。

Three_styles_20121215_800x545

P1060576_640x480

外は、年末のイルミネーションでちょっとした光の公園です。

 P1060580_480x640 P1060587_640x479

帰りの通り道に、ふしぎな界隈が・・・。
どて・串かつ屋が3~4件ほど軒を連ねているところがあって、お客さんが並んでいます。そのうちの1軒はすでに売り切れ閉店??とりあえず入れる店に入ってみました。この串カツ通り、意外とブームになっていたりして・・・。
食べログにこんなコメントがありました。

P1060596_225x300_2 P1060602_300x225_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋駅前で再開発が進行中

今、名古屋駅前で解体&再開発工事が進行中です。
一つは、JR東海の新しいビル。すでにかつてのテルミナ(ホテルアソシア名古屋ターミナル)はきれいに解体されて、基礎工事が始まっています。

 P1060559_640x480_3 P1060560_640x480

そして、隣の敷地にある旧名古屋中央郵便局も解体工事が始まっています。
また、JRの現場から道路を隔てた向かいにある大名古屋ビルヂング 。この名古屋駅前の顔とも言うべき建物もテナントの立ち退きが終わり、覆いが掛けられ解体作業が始まろうとしています。ここでは裏手の道路とホテル(ロイヤルパークイン)も解体して一体で再開発がなされます。

P1060558_640x480_2

これら通りを挟んだ3ヵ所で超高層ビルへの建て替えが始まります。完成すると、新たに3本のタワーが加わり辺りの景色は一変することになります。

それぞれの計画の概要については、下記のサイトを見ると大凡のイメージが湧くのではと思います。
   ①JR名古屋駅新ビル
   ②旧名古屋中央郵便局再開発
   ③大名古屋ビルヂング再開発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子寡婦福祉会クリスマス会

毎年この時期に福祉会のメンバーとお母さんと子どもが参加して、クリスマス会が行われています。母子寡婦福祉会はもともと戦争未亡人を支援するために始まった会ですが、時代とともに、事故、病気、離婚など様々な理由でシングルペアレントになった家庭を励まそうと活動を続けています。
昨年は、本格的なクリスマスケーキ作りをしました。今年は凧作りです。私はサンタクロースになってプレゼントを配る役目ですが、最初から凧作りにも参加させていただきました。工作は好きなのでついつい熱中してしまいます。
このあと、女性2人によるマジックショー、そしてサンタ登場です。子どもたちの屈託のない笑顔にこちらが励まされた気がします。
お正月につくった凧を揚げてみたいものです。

P1060550_200x150

Dsc_0058_400x26620121215

P1060554_640x481

Dsc_0119_640x42620121215

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武豊線工事中?

先日、深夜に工事をしていましたが、レールを取り換えたようです。レールを枕木に固定する金具には見慣れない(青い)プラスチックのスペーサーが使われています。何のためでしょうか?騒音の軽減とかかなあ・・・。

P1060536_640x480

P1060537_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/14

大航海時代の人物として覚えておくのは、ポルトガルのエンリケ航海王子、バルトロメウ=ディアス、ヴァスコ=ダ=ガマ、カブラル。スペインではコロンブス、アメリゴ=ヴェスプッチ、バルボア、マゼラン。たったこれだけ。

長男が世界史の宿題をやっていた。ちょうど大航海時代のところだった。
ところで、クリストファー・コロンブスとアメリゴ・ヴェスプッチとどちらが先にアメリカ大陸を発見したんだっけ?ヴァスコ・ダ・ガマって何をしたんだっけ。マゼランは地球一周したというけど、確か本人はしてなかったんじゃなかったっけ。と、実にいい加減な理解しかしていないことに気付きます。

検索してたらこんなのみっけ。

大航海時代1 http://www.geocities.jp/timeway/kougi-54.html

大航海時代2 http://www.geocities.jp/timeway/kougi-55.html

どこかの高校の先生が書いたらしい世界史の講義録です。生徒達に世界史の面白さを伝えようと、ネタをかき集め、時には、俗説、珍説、奇説、私説をまじえたものだそうで、なかなか楽しめます。

これを読むと、なぜスペインが西へ西へと莫大な資金を投じて冒険してまで新たな航路を探さねばならなかったのか?その結果として新大陸の発見がもたらされたのですが、なぜ南米でブラジルだけがポルトガル語を話すのか?いろいろ謎が解けてきます。もちろん、コロンブスとヴェスプッチのことも。

この講義録http://www.geocities.jp/timeway/index.htmlの中の一番最初の授業http://www.geocities.jp/timeway/kougi-1.htmlは、アーサー王の物語の一部を取り上げたものです。個人の意思を尊重する契約社会であるヨーロッパの精神世界の一端を垣間見ることができて面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/13

マニフェストマッチ

現在、衆議院選挙期間中で、16日(日)が投票日です。どの党に投票するかもう決められましたか?自分がどの党の政策と一番マッチしているかチェックするサイトがあります。各政党の政策を一覧表にまとめたものもあります。

▼マニフェストマッチを受ける
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/match/

▼マニフェスト早見表を見る
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/chart/

税制・財政運営景気対策医療・年金・子育て外交・安全保障・TPP教育エネルギー・環境・災害対策

選挙・政治資金・憲法

その他、こんなのもあります。
http://mainichi.jp/votematch/46shu/guide/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の出の定義は「太陽の上縁が地平線(水平線)から現れる時」

日が本当に短くなってきました。7時くらいに日の出です。東から先に日が昇るので、このあたりだと東京よりも10分ほど遅くなります。
もうすぐ冬至ですが、日の出が一番早くなるのは1月の初旬だそうです。

P1060507_640x480
P1060527_640x280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/12

正月番組の収録

昨日、メディアスCATVの新年のあいさつの録画をしました。場所は、うのはな館(郷土資料館)。慌てて書いた挨拶文を4分半で読みます。去年も文字数が多すぎて1500字くらいに削った記憶があります。内容は元旦のブログに載せます。来年もよろしくお願いします。

Mediasnytv20121211_640x481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/11

のぼうの城

「のぼうの城」がロングランしています。

観てみたら結構面白かったです。
一応史実に基づいた物語です。秀吉の小田原攻めの時に、今の埼玉県行田市あたりにあった北条方の忍城(おしじょう)の攻防記。主人公は守り手の成田長親(ながちか)、攻め手は石田三成。勢力は約2千対2万。成田氏にとっては勝ち目のない籠城です。
しかし、三成が指揮する豊臣軍は泥田に浮かぶような立地の忍城を攻めあぐねた末に、城の周囲に28kmにも及ぶ堤を造り、そこに利根川の水を引き入れ、水攻めを敢行します。さて、野村萬斎扮する長親は、「のぼう様」と揶揄される”でくの坊”ですが、なかなかどうして、侮れません。いったい彼はどんな行動に出るのでしょうか?

映画の水攻めのシーンは、堰を切って津波が城を襲うような映像になっていますが、ありえないでしょう。堤をつくって徐々に水がたまって城が孤立するのが水攻めです。

史実では、三成の造った堤には十分な水が溜まらなかったようです。挙句の果てに折りからの大雨であえなく決壊、かえって三成方にたくさんの犠牲者が出てしまいました。

映画のあらすじ(これから観る方は読まないことをお勧めします。)は、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%AE%E5%9F%8E

忍城攻めに関連するサイトは、
http://www.asahi-net.or.jp/~ia7s-nki/knsh/oshi.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%8D%E5%9F%8E
http://www.bell.jp/pancho/travel/saitama/osijo.htm

戦いの後、総大将の成田長親は、会津や下野(しもつけ)の烏山に身を寄せ、晩年は尾張に住み68歳で没したそうです。お墓も名古屋にあるらしい?です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

議案審議

初雪です。お昼過ぎまで降っていました。

P1060478_640x480
今日は議会の議案審議でした。
地方分権一括法に絡んで、道路、河川や公園などの設置基準を市町村の条例で独自に定めることになりました。独自と言っても参酌すべき基準があって、それを無視できません。とりあえず国の技術基準に準じようということで、あまり個性的な内容にはなっていません。

審議会等への公募委員の追加に伴う関係条例の整理に関する条例とは、私が公約に掲げました「審議会等の諮問機関に公募の住民参加」を進めるためのものです。

国民健康保険税条例の一部改正は、国民健康保険税を値上げするものです。一般会計からの赤字補てんが2億円を超えてきました。健康保険の持続可能かつ安定的な運営のために受益者負担をお願いするものです。負担増を問題視する質問をいただきました。

指定管理者の指定については、社会福祉協議会を福祉センターの指定管理者にするものです。社会福祉協議会を指定管理者とすることのメリットを何度も質問されました。

工事請負契約については、新学校給食センターの建築、給排水、電気、空調工事、厨房機器購入の落札者を認めるためのもの。建築工事については総合評価方式、ほかは一般競争入札を用いました。契約金額(と落札者)はそれぞれ、6.18億円(近藤組・東浦土建JV)、1.4億円(川崎設備工業)、1.4億円(JFE電制)、1.55億円(三機工業)、3.04億円(中西製作所)でした。

職員の退職手当に関する条例の一部改正(追加分)は、国家公務員の退職金引き下げに合わせて、町職員の退職金を平成26年秋までに約15%引き下げるものです。

以上が、主な議案です。明後日からは委員会審査が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/09

「生路井」蔵開き

今日は、近所のある造り酒屋さんの蔵開きでした。人口5万人の町内につい数年前まで2軒の酒蔵があったのですが、今ではここだけになりました。今日のおすすめは、搾りたての特別純米「若水」。知多半島の米を使った新酒。わずかににごりのある槽しぼり、アルコール度高めの濃厚な味わいのお酒です。名城大学の日本酒研究会の学生たちが酒蔵見学の案内役をしていました。

P1060465_640x480

P1060469_640x480

P1060471_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅つき日和

昨日から寒波が来て急に寒くなりましたが、午前中は割と穏やかでした。

石浜県営住宅自治会の餅つきがあって、副町長といっしょに参加しました。今年は少し減らしたそうですが、それでも100kg餅をつきます。つき手がたくさんいるわけではないので、我々には来賓というよりは餅つき要員の期待がかかっています。
県営団地も高齢化が進んでいるけれど、毎年こうやって年末の餅つきが続いています。反し手のおばさんは他所の地区の応援に行くこともあるそうです。

P1060421_640x480

P1060406_640x480

P1060455_300x225

さあ、副町長と交代です。

P1060399_640x480

副町長は結構うまいんです。

P1060418_640x481

飛び入りで、スーツの上にゴミ袋(大)の前掛けをしてお手伝いも。

P1060428_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/08

中日ドラゴンズ野球教室

中日新聞の販売店が町内の小学生向けに毎年開いてくれる野球教室です。今年で13回目になります。今日はドラゴンズの小田選手松井選手武藤選手岡田選手が来てくれました。きょう参加した子どもたちの中から、プロ野球選手が現れて、いつの日か東浦に教えに来てくれることを期待したいです。

P1060351_640x479
開会式で、・・・ケータイ持ってる子は?手を上げて。ダメですねえ。スマホ持ってる子は? もっとダメですねえ。新聞読みましょう!

 
 

P1060357_640x482
捕手で大事なことは? ご飯をたくさん食べること? 他にないのか? 盗塁させないこと? そうだな。じゃ、盗塁させないためには何が大事だ? 強い肩? ちがう。もっと大事なことは? ステップ?そうだな。

歯切れの良い言葉で野球少年たちを惹きつけます。

P1060368_640x480

P1060374_640x482

P1060383_640x481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/07

一般質問が終わりました。

2日間の一般質問が終わりました。200億円の借金の削減策、業務改善提案の取り組み、事業仕分けの評価と今後、国民健康保険の値上げ反対、子育て応援のあり方・・・などについて12人の議員から質問がありました。

休憩中に一人の議員さんが、「行政の答弁は、慎重すぎて、想定内というか面白みがない。」と漏らしていました。私も議員の頃、つくづくそう感じたものです。
行政では、状況が変わっても困ることのないように、揚げ足を取られることのないように、誤解を招くことのないように、慎重に言葉を選んで、確実なことのみを答弁書に書く習慣がしみ込んでいます。でも、内容のない長い文章は省いて、データに基づいた説得力のある内容で、時にはサプライズな情報や、行政の現場がイメージできるような臨場感のあるエピソードや議論の過程などが入っていてもいいんじゃないかと思うのです。議会が、その辺を少し大目に見て、議論を盛り上げることを重視してくれれば、行政側ものびのびと答弁できるのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/06

「う・ら・ら」★★ちびっこのクリスマスギャラリー★★開催中!

「う・ら・ら」ちびっこのクリスマスギャラリー開催中!

町運行バス「う・ら・ら」のクリスマスキャンペーンです。

緒川新田保育園の年長園児(38名)が描いたバスの絵を、バスの中に飾って運行しています!
テーマは、「~こんなバスをサンタさんがプレゼントしてくれたらな~」です。
園児の描いた「おかしのバス」「バスの中が動物園のバス」「かめバス」「くまさんのバス」など、かわいい絵に囲まれて、バスに乗ってみませんか♪

Dscf0693busxmas
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/07bousai/bus/urara200kinen.htmlを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/05

きょうから、12月定例議会が始まりました。

12月定例議会が始まりました。
今日は、人事、条例、補正予算、工事委託契約の締結などに関わる下記の議案が上程されました。とくに「審議会等への公募委員の追加に伴う関係条例の整理に関する条例」は、私が公約に掲げた審議会等の諮問機関に公募の住民参加を進めるためのものです。

・人権擁護委員の推薦
・人権擁護委員の推薦
・平成24年度東浦町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認

・審議会等への公募委員の追加に伴う関係条例の整理に関する条例の制定
・東浦町道路の構造の技術的基準を定める条例の制定
・東浦町道路に設ける案内標識等の寸法を定める条例の制定
・東浦町移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例の制定
・東浦町準用河川における河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定
・東浦町移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定
・東浦町水道布設工事監督者及び水道技術管理者に関する条例の制定
・東浦町証人等の実費弁償に関する条例の一部改正
・東浦町職員の退職手当に関する条例の一部改正
・東浦町国民健康保険税条例の一部改正
・東浦町営住宅条例の一部改正
・東浦町都市公園条例の一部改正
・東浦町下水道条例の一部改正
・東浦町土地利用計画審議会条例の廃止

・平成24年度東浦町一般会計補正予算(第4号)
・平成24年度東浦町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
・平成24年度東浦町土地取得特別会計補正予算(第1号)
・平成24年度東浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)
・平成24年度東浦町緒川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
・平成24年度東浦町水道事業会計補正予算(第1号)

・三丁公園の整備工事委託協定の変更
・緒川駅東土地区画整理事業に伴う字の区域の設定及び変更
・福祉センターの指定管理者の指定
・知多地方視聴覚ライブラリー協議会の廃止
・町道路線の認定
・新学校給食センター建築工事請負契約の締結
・新学校給食センター管工事請負契約の締結
・新学校給食センター電気工事請負契約の締結
・新学校給食センター空調工事請負契約の締結
・新学校給食センター厨房設備機器の買入れ

上記議案のうち、人権擁護委員に小林久枝氏(再任)と小杉啓子氏(新任)の推薦と、専決処分の承認が全会一致で得られました。その他上程された議案に対する質疑は10(月)に予定されています。

6(木)、7(金)の本会議では一般質問が行われます。それぞれの質問の順位と内容はhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/22gikai/documents/20121126HPkeisaiyou_000.pdfをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/04

衆議院議員選挙があす公示、投票日は12月16日(日)

12月16日に執行される第46回衆議院議員総選挙では、「経済対策」、「エネルギー」、「TPP」、「外交」問題などが争点となり、今後のわが国の方向を左右する大切な選挙です。

私たちの暮らしや町の行政にも大きな影響を及ぼすもので、重大な関心を持っています。
住民の皆様には、棄権することなく、候補者の政策に耳を傾け、ぜひ投票に行っていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あすから12月定例議会が始まります。

朝から、地震避難訓練があったり、来客がいっぱいあったり、午後からは事業仕分けヒアリングがあったりで、一般質問の答弁書の見直しや議案や全協報告の資料に目を通す余裕がありません。明日から議会が始まるというのに・・・。
朝の避難訓練では、地震の際に、それぞれの役目を果たしつつ外へ避難する訓練を抜き打ちで行ったのですが、かなりの職員がXデーに気が付いていたようでした。今回の反省を踏まえ、次回はより実践的な訓練になればと思います。避難が終わってから、新人職員は駐車場で消火訓練をしました。

P1060296_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/03

タイの防災研修

JICAの紹介で、タイ国の天然資源省の水災害防止センター長、内務省 防災軽減局の担当官、教育省や地方自治体の担当者など約20人が、東浦町を訪れた。目的は、小学校における防災教育の見学と、地域の防災ボランティア(防災ネット)との意見交換。
7月にもJICAの案内でブラジルのミナスジェライス州の防災局幹部が東浦に視察に来た。ブラジルの関心事は、地震や地滑りに対する地域住民の備えについてだった。タイの場合は水害に関心があるのだろう。我々日本の自治体はそれらの両方に備えなくてはならない。近年、ハードウエアだけでは災害を防ぎきれず、世帯や地域の日頃からの備えやいざという時の助け合い、そして子どものころからの災害に対する正しい認識を身につけることが重要視されてきている。海外の国々も同じようなことに目を向け、日本から学ぼうとしている。我々も外国の災害対策・減災対策から学ぶ良い機会になればと思う。
写真は、防災ネットのメンバーが活動の説明をしているところ。

P1060290_800x334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

京都、東山の紅葉

親戚の法事があって京都に。名古屋よりも少し寒く感じます。
さすがに紅葉の時期で混雑していましたが、この賑わいも今週で最後とのこと。
知恩院の近くの浄土宗の寺でお参りして、そのあと古都の空気を満喫することができました。

P1060164_800x600

P1060169_800x600

P1060170_800x600

P1060174_800x600

P1060189_800x600

P1060195_800x600

P1060218_800x600

P1060234_800x745

P1060238_800x599

P1060249_800x600

P1060272_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/01

愛知駅伝 東浦町が堂々の3連覇

今年も愛知県市町村対抗駅伝競走大会 町村の部で優勝することができました。皆様方の応援を心から感謝しています。

これで、7回の大会のうち連続3回、4度目の優勝、9つの区間のうち区間賞6つ、すべての区間でトップの完全優勝、加えて(三河が強くて)尾張地区市町村総合1位と、幸運に恵まれました。
ただし、やはり市は強い。市町村が、同時にスタート、始めのうちは名古屋市に次ぐ2位をキープしていて、あわやとの期待もありましたが、途中、名古屋市が不調で抜かれ、東浦も田原市をはじめ5市に抜かれて、ゴールは市町村総合7位でした。前田監督はTVインタビューで来年は総合一位を目指すと豪語しましたが、そのくらいの目標がないと到底良い結果は出せないとの想いがあります。

選手の皆さん、サポートの皆さん、コーチ、監督などスタッフの皆さん、お手伝いをした役場の職員の皆さんも、本当におめでとうございます、そしてありがとうございました。駅伝は、個人の走りだけでなく、チームワーク。だれをどんな順番で配置するかスタッフの戦略、当日までのコンディションの維持。小中学校などの陸上部も含めて、走る人の層の厚さ・・・。正に、まちの総合力が問われると思います。

東浦はこれまで、最後のアンカーで逆転勝利のパターンでしたが、今回のように初めからトップでスタートを切って順位をキープする勝ちパターンも内外に示すことができました。今回の選手たちはバランスが取れていると監督から聞いていましたが、その通りの結果となりました。改めて、みなさん、おめでとうございました。

詳しい結果はhttp://tokai-tv.com/ekiden12/rec/をご覧ください。

Aichiekiden20121201town

P1060050_1024x769

さい先の良いスタートを切りました。

P1060051_800x600

トップ集団はTVで映し出されるので、モニターにくぎ付けでした。すぐ前の後ろ姿はどこかで見たような・・・。

P1060065_640x480

アンカーがゴール手前に入ってきました。

P1060073_800x598

Aichiekiden20121201gl1024766

P1060142_1024x728

東浦町は今回初めてブースを出しました。販売したのは万笑庵のちゃんこ。早々に白菜が品切れで、白菜なしを200円にディスカウントして売り切りました。もちろん於大ちゃんも出動しました。観光協会の皆さん、お疲れさまでした。

P1060055_640x480_2

P1060058_640x480_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »