« 東京財団週末学校のご案内 | トップページ | 昔は1年が10か月・・・大晦日に暦を考える・・・ »

2012/12/30

年賀状書き

今慌てて年賀状を書いています。

2013年(平成25年)の年賀状の写真は、5月の連休に家族で東北に行って、宮城県奥松島の大高森の頂上から撮ったものです。今年撮った唯一の家族の集合写真でした。そのときの紀行文はこのブログにも書いています。

Nenga2013org_400x286_200x143

ちなみに、2012年(平成24年)の年賀状は町内の竹林で撮ったものを使いました。それ以前の年賀状はこちらで見ることができます。これまで、いろんな場面で撮った家族の集合写真を題材にしてきました。

ところで、みなさん。ご存じだったでしょうか?

公職選挙法により、公職の候補者(選挙に出ることが想定される人)は年賀状や暑中見舞い状などの挨拶状を選挙区内に出すことが禁止されています。例外として、「答礼による自筆のもの」に限り許されています。

じゃあ私の書いた年賀状はどこへ? 私の年賀状は、ほとんどが県外宛でこの30年来付き合いがある友人またはお世話になった方たちに宛てたものです。
以前、前年に年賀状をいただいたので当然来るものと思い、答礼のつもりで先に町内の方へ年賀状を出したら、法律違反じゃないかと抗議に来た方がいらっしゃいました。これは私の不注意でした。

「あいつ、俺の住所を知っているのに年賀状をよこさないのはけしからん。」とお思いの方は、公職選挙法で挨拶状が禁止されていることをご理解願いたいと思います。
逆に法律で禁止されているおかげで、町内の知人やお世話になっている方たちすべてに年賀状を書かずに済んでいるとも考えられますね。

公職選挙法 第147条の2
 公職の候補者又は公職の候補者となろうとする者(公職にある者を含む。)は、当該選挙区(選挙区がないときは選挙の行われる区域)内にある者に対し、答礼のための自筆によるものを除き、年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これらに類するあいさつ状(電報その他これに類するものを含む。)を出してはならない。

|

« 東京財団週末学校のご案内 | トップページ | 昔は1年が10か月・・・大晦日に暦を考える・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状書き:

« 東京財団週末学校のご案内 | トップページ | 昔は1年が10か月・・・大晦日に暦を考える・・・ »