« 今日は12月定例議会の最終日でした。 | トップページ | 町長・副町長による予算査定が始まりました。 »

2012/12/20

東浦町の借金時計

私は、『東浦リフレッシュ宣言「政策集」』に「子孫にツケを残さない持続可能な行財政改革・・・毎年一定額を節約し、余裕資金を作り財政を改善。200億円の借金を少しでも減らします。」と書きました。簡単なことではありません。時間もかかるでしょうが、少しでも借金を減らしていくつもりです。

東浦町の借金時計を町ホームページにアップしました。借金残高がリアルタイムでわかります。
 →http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/s_tokei.html

Syakkindokei20121220

|

« 今日は12月定例議会の最終日でした。 | トップページ | 町長・副町長による予算査定が始まりました。 »

コメント

借金は増えているのですか。
少しずつでも減っているかな・・と思っていましたが・・
それに200億という単位もわかりません。
庶民感覚で行くと、銀行の定期の等は、「何日」満期とか、
サラ金(幸い未経験)は何日決済とか、日付単位と思うのですが、
「秒」、「時間」ではピンときません。
いずれにしても「借金0」にしたいものです。僭越ながら。

投稿: haruharu | 2012/12/21 07:54

 行政のホームページにこのような時計があることを初めて知りました。
 「借金時計」ですから、素晴らしい!と言えないかと思いますが、町職員の方や町民の方にとって大きな意味がある時計ですね。
 夢かもしれませんが、何時の日か「貯金時計」がホームページに掲載されるといいねすね。

投稿: 堀 孝次 | 2012/12/21 16:27

haruharuさま
残念ながら増えています。来年度も新学校給食センター建設の借り入れがありますのでさらに借金が増えます。借金を減らしていくには、税収の大幅増が期待できませんので、かなり支出を切り詰めなければなりません。
皆さんのご理解をいただくためにも、借金の現状がわかるようにしました。
なお、借金がないに越したことはありませんが、道路や学校や公共施設を造るときには通常借金をします。公共施設などの社会資本は将来にわたって便益をもたらすわけですから、借金という形で将来世代にも負担してもらうのがより公平と考えられるからです。もちろん不要な施設を造って将来にツケを押し付けるのは論外ですが。
したがって、社会資本の残存価値に相当するような借金があって、それら社会資本をメンテナンスしながら、きちんと借金を返済できる状態になっていれば必ずしも不健全とはいえません。
なおかつそれ以上の貯金があれば文句なしですが、将来にお金を残すということは、役所の仕事の効率化を図るとともに、今生活している世代の並々ならぬ辛抱が必要となります。

投稿: 神谷 | 2012/12/21 19:26

堀さま
ありがとうございます。
貯金時計とはすごいですね。
まずは、現状をみんなで共有しようという意味で、借金時計を表示するようにしました。

地方自治体では、例えば松阪市がホームページと役所の玄関に借金時計を設置しています。
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1000011887000/index.html

投稿: 神谷 | 2012/12/21 19:41

町の財政で借入金、町債はどこに表示されますか。という質問をこのブログでコメントして町長さんから通常の貸借対照表は自治体では作成しない==借入も収入に入る?==という回答をいただいた記憶があります。どこにコメントしたか見つかりません。ここに下記記事を見つけましたので記事を紹介します。----------------------
自治体の会計、企業方式導入 栃木・益子町と奈良・香芝市、4月から 資産・負債を日次管理
2016/1/26付 日本経済新聞 夕刊
 栃木県益子町と奈良県香芝市は4月から、総務省の統一基準に沿った複式簿記方式の財務システムを導入する。歳入と歳出を把握する従来会計に加え、民間企業のように資産と負債の状況も管理する。同省によると、全国の自治体で初めて。両市町は公共施設の建て替え支出を計画的に見直したり、財政事情を住民に分かりやすく説明したりするのに役立てる。
 従来の自治体会計は収支を示す単式簿記方式で、税収と借金はともに歳入に計上している。複式簿記では企業会計のように資産と負債の状況も分かるようにする。
 総務省は自治体の財政状況を正確に把握するために統一基準を定め、全国の自治体に2017年度末までに導入するよう求めている。益子町と香芝市は全国に先駆け、約2年前倒しで導入する。
 両市町のシステムは収入や支出を毎日入力すれば、自動的に日次で複式簿記の財務状況を管理できる。東京都などは既に複式簿記を導入しているが、固定資産の評価法などがばらばらで自治体間の比較が難しかった。

投稿: とだ-k | 2016/01/26 20:54

とだ-kさま
いつも、タイムリーな情報をありがとうございます。コメントに対する返信が遅くて申し訳ありません。

東浦町では、総務省方式改訂モデルを採用していく予定です。複式簿記には対応しますが、日々仕訳は当面考えていません。大幅なシステム改修をしても、得られる効果はさほどは期待できないと思います。

投稿: 神谷明彦 | 2016/03/06 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/56360556

この記事へのトラックバック一覧です: 東浦町の借金時計:

« 今日は12月定例議会の最終日でした。 | トップページ | 町長・副町長による予算査定が始まりました。 »