« プレーパークでつなげよう in 東海 ~東海地区プレーパーク シンポジウム~ のご案内 | トップページ | 『田舎の宝を掘り起こせ』出版記念セミナー のご案内 »

2013/01/04

仕事始め式でお話ししたこと

今日から営業開始。
朝一で消防支署へ。年末年始の警戒のお礼と年始の挨拶を済ませ、9時半から、仕事始め式。そのあと、JAや愛知用水土地改良区が年始の訪問。区長さん方と年頭の挨拶をさせていただいて、部長級以上(幹部会)で年初の打ち合わせ。

仕事始め式では、役場職員に対して次のようなことをお話ししました。

 

 明けましておめでとうございます。

 正月休み中に本を読みましたか?

 私は一冊だけ読みました。買うだけ買って読んでいない本が相当積読状態になっているのですが、たまたま「スピーチの奥義」(寺澤芳男著)という本を手にとって一冊だけ読むことができました。最初はスピーチの掴みとか、テーマは2つ以内に絞れとか、そんなことが書いてあるのですが、あとは、英語のコミュニケーションとか、夫婦のコミュニケーションとか、そんなことが書かれていて、最後は著者の亡くなった後妻さんとのことが書かれている本でした。
 それでも本を読んでいると頭にいろんなことが浮かんできます。今ここでしている年頭のあいさつには役に立っていないかもしれないけれど、スピーチ以外の部分で得たこともあるのではと思います。

 本を読む以外にも、各種の勉強会や講演会などで情報を得る機会もあります。これらは情報を得る以外に、コミュニケーションの場や人脈作りの場にもなっていると思います。これらの勉強会や講演会は、行政機関が主催するものとは限りません。NPO、市民団体や企業が企画・主催するものも含まれます。業務としての参加もありうるし、個人の知的興味やスキルアップとしての参加もありうると思います。

 例えば、私のところへメールなどで案内が来たもののうち、1月中に開催されるもので、自分だったら行ってみたいと思うものだけでもいくつかあります。

「地域に飛び込みコミュニティを元気にする協力隊、その活動とバックアップのあり方を現場から考える」セミナー (1月11日(金)夕方、京都)

「新しい公共フォーラム・あいち」 (1月12日(土)午前午後、名古屋)

国際シンポジウム「ヨーロッパの統合治水に学ぶ」 (1月14日(祝)午後、名古屋)

座談会「持続可能な都市のかたち:コンパクトシティのコンセプト」 (1月18日(金)午後、大阪)

「東海地区プレーパーク シンポジウム」 (1月19日(土)午後、大垣)

●フォーラム「景観からのまちづくり」 (1月22日(火)夕方、豊中)

 他にも、都市計画マスタープランの計画実行力を高める連続セミナー、農村活性化のセミナー、自立の地域づくりに関するセミナーや、子ども施策に関するセミナーなどいろいろあります。私のブログで紹介していますので興味のある方は目を通してみてください。

 アンテナさえ張っていれば、いま、新しい政策の動向やヒントを学ぶ機会はいくらでもあります。それも、ほとんど参加費タダ同然のものが多いです。
 個人事業者や民間企業が、商売に生き残りをかけているように、
今、あなたたちが、担当していること、役場で行っていることは、あなたたちひとりひとりの「商売」なのですから、貪欲に学んでほしいと思います。

 昨年も、この場で、「東京財団週末学校」という研修プログラムを紹介しました。
 週末の休日に東京での研修6回および国内調査2回、平日に国外調査1回を実施予定。受講費、教材費、受講に必要な交通費・宿泊費(実費)は東京財団が負担します。対象は49歳まで。
 数か月にわたり、毎週週末がつぶれる。宿題やレポート提出の課題もたくさん出るかもしれない。小さな町村では気恥ずかしいかもしれない。しかし、その程度のことは乗り越えなければ、東浦の将来、地方の将来をコーディネートする一員にはなれません。我をと思わん人は、志願してみてほしいと思います。市民協働の考え方はしっかりと身につくと思います。
 興味があったら、秘書広報課と相談してみてください。

 昨年秋からは、役場内で改善提案制度が始まりました。職場の中にはさまざまな課題やアイディアが転がっているはずです。職場でアイディアを共有して、良い改善策は発表するなどして、日ごろから改善に気づき、その成果を全職場で活用する習慣を身に着けたいと思います。
 一部の人ではなく、必ず全員に参加してもらうこと、一人一人の些細な改善努力が役場全体に波及していくことが大切です。否定から入らずに、まずは気が付いたことを提案して、実行してみて、さらに改良してみて、良ければ、役場全体に広げていく、一つの改善手法として役場全体で共有していく。まずは、そういう成功体験をつくる、実感することが大切だと思っています。

 今年も事業仕分けを継続します。継続するというのは、まず、昨年夏に行った仕分けの結果を「改善」という形で業務に反映させること。それから、今年の夏ごろに、2度目の仕分けを行う予定です。前回の反省点も踏まえて、もう少し論点を絞り込んで、仕分けの場で、事業の内容まで踏み込めるものにしたいと考えています。

 以上、長くなりましたが、
ぜひ皆さんと一緒に元気な役場、元気な東浦をつくっていきたいと思います。
皆さんの奮闘を期待するとともに、引き続き今年一年お付き合いしていただくことをお願いして、年頭の言葉とさせていただきます。

|

« プレーパークでつなげよう in 東海 ~東海地区プレーパーク シンポジウム~ のご案内 | トップページ | 『田舎の宝を掘り起こせ』出版記念セミナー のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/56467167

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事始め式でお話ししたこと:

» 「知多北部広域連合」が福祉や介護に対する役割とは   「愛知県東海市介護事故」 [ジェット・セット・インターネット (JET・SET・INTERNET)]
高齢者や障がい者が増える現代において、 福祉や介護は非常に大きな問題です。以前は [続きを読む]

受信: 2013/01/04 19:16

« プレーパークでつなげよう in 東海 ~東海地区プレーパーク シンポジウム~ のご案内 | トップページ | 『田舎の宝を掘り起こせ』出版記念セミナー のご案内 »