« ふらっと中山道 Vol.3 | トップページ | どんより白い空 »

2013/03/07

中学校の卒業式と歴史の積み重ね

町内の3中学校が同じ日に卒業式を迎えるので、副町長、教育長と手分けして出席します。昨年、私は東浦中学校、今年は西部中学校でした。

西部中学校は初めて。こちらは新興住宅地の近くにある比較的新しい学校(1987年開校)です。
卒業式の間、とても生徒たちが静かで整然としていたのが印象的でした。それでも、地元の出席者によれば「いつもはもっとキビキビしている」のだそうです。校区が違えば雰囲気や校風や毎年積み重なる伝統も異なってくるものです。
一方、教育長によれば「東浦中学校の別れの歌のハーモニーがとてもきれいだった」そうです。

西部中学校を出てすぐのところでは、ちょうど道路の歩道拡幅工事が行われています。削りたての法面には地層がはっきり表れています。この辺りは東浦でも標高の高い所なのですが、昔は海だったのでしょう。
同じ歴史の積み重ねでも、こちらは何年かかってこれだけ積み重なったんでしょうか?

 Dsc_0668_800x600 Dsc_0670_800x600

|

« ふらっと中山道 Vol.3 | トップページ | どんより白い空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/56910191

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校の卒業式と歴史の積み重ね:

« ふらっと中山道 Vol.3 | トップページ | どんより白い空 »