« 春山からの便り | トップページ | ガーナからの交換留学生 »

2013/04/08

入学式のシーズンです。

入学のシーズンになりました。今年は一足早く桜の花が散ってしまいました。

先週末は、中学校の入学式でした。私は、たまたま母校でもある、東浦中学校の入学式に来賓として出席しました。祝辞では、主に以下のことをお話ししました。

中学校では、教科の内容はこれまでと比べてずっと学問らしくなってきます。どちらかと言えば、これまで読書き計算が中心でしたが、国語の表現を磨いたり、方程式を使って世の中の現象を記述するようになってきます。社会科では地理、歴史、公民と分かれ、世の中の流れを追うようになります。理科では、自然を観察し仮説を立てて検証する、科学の手法の基礎を学びます。
これから、高校そして大学に進んで専門分野を学ぶすべての基礎がここにあります。これらの教科は、就職して社会に出ると一見役に立たなさそうに見えますが、自分で見て、考え、表現する・・・実は社会で生きるための基礎でもあるのです。
授業でわからないことは、わかるまで先生に質問しましょう。わからないままにしないこと。「なぜだろう」「どうしてだろう」という知的好奇心を大事にして、学ぶ喜びを知って欲しいと思います。

中学3年間を本当の意味で楽しく充実したものにするために、何事にも一生懸命に取り組んでほしいと思います。勉強でも、運動でも遊びでも、一生懸命にやらなければ本当の楽しさは味わえません。「楽しむ」とは向上心を持ち続け努力した結果できなかったことができるようになることだと思います。

新2~3年生の皆さん、先月行われた卒業式は、卒業生と在校生が共に素晴らしい合唱をして出席者が感動したと聞いています。その在校生が今度は2~3年生になります。一年生を温かく迎え、いつも元気で、時には落ち着いて、やるときはやる、模範となる先輩として、中学校をリードしてください。

入学式にあたり、すべての生徒の皆さんが心に残るすばらしい中学校生活を送られることを祈念します。

 

今日は、小学校の入学式でした。私は来賓として藤江小学校へ。
小学校の新一年生には、何をお話しすれば良いのか迷うところではあります。
今日お話ししたのは、勉強も含めてわからないことは何でも、恥ずかしがらずに先生に相談すること。それから、交通ルールを守る、あいさつをする、友達と仲良くする、以上3つの約束をしました。
可愛らしいことに、「入学おめでとう」と言えば「ありがとう」、「約束ですよ」と言えば「ハイ」などと、(保育園での習慣が身についていて、)必ず反応が返ってきます。

6年生による歓迎の言葉の後で、藤江小学校のマスコットキャラクター「ふじまるくん」が登場。このふじまるくん、なぜパンダなのか今日初めて謎が解けました。藤江小学校は竹林に囲まれています。学校を取り巻く竹林の中に住むパンダという設定だったのですね。

P1090390_640x480

|

« 春山からの便り | トップページ | ガーナからの交換留学生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/57115721

この記事へのトラックバック一覧です: 入学式のシーズンです。:

« 春山からの便り | トップページ | ガーナからの交換留学生 »