« 小学校のタケノコ狩り | トップページ | ベルギービールウィークエンド in Nagoya に行ってきました。 »

2013/04/29

ししおどしのつくり方

「ししおどしの作り方」で当ブログを検索される方が非常に多いようなので、連休向けに、猪嚇しの製作を記事にしてみることにしました。

まず竹を切って来ます。(長持ちする竹材を採るには、冬場に3年物くらいの竹を切った方が良いと聞いたことがあります。竹は筍として生えてから4年ほどで黄色くなってくるようです。)
採った竹から、根元に近い、枝のないまっすぐな部分を切り出します。もちろん余裕を見て必要な長さを切ってから加工すればよいのですが、今回はいきなり斜めの切断から入ります。この時、切り口が節にかからないようにします。
大きさは自由ですが、(つくばいの大きさに合わせて、)今回使ったのは、直径約7cm、節間隔16cm位の部分です。

P1090905_640x480

P1090906_640x480_2

P1090911_640x480_2
土台の部分は、以前作ったものをそのまま使います。これは、太めの孟宗竹の節から上の部分を切り欠いて軸受けにしたものです。節から下の部分はつくばいの脇に埋め込んで小石を被せておけばビクともしません。

P1090916_640x480
さて、ししおどしの本体部分の加工です。この例の場合では、軸受けから、ししおどしの本体のお尻が当る石の部分まで20cmほどですから、本体の長さは概ねその2倍とします。

P1090917_640x480
斜めに切った先端から40cm位のところで余裕(うまくいかなかったときに切り取ってバランス調整するための余裕)をもって切り落とします。この辺は勘ですから試行錯誤が必要かもしれません。

 P1090920_640x480 P1090921_640x480P1090925_640x480

これを本体として、バランスをとってみます。先端とお尻の均衡点よりも若干先端が軽くなる点(支点)を探します。このとき、支点が必ず、先端から第一番目の節よりも、先端から遠い位置に来ることが必要です。

P1090928_640x480
そこにドリルで穴を開けます。穴の径は軸よりも少しだけ太めになるようにします。

P1090936_640x480

P1090938_640x480

さっそく完成した本体を軸受けに取り付けて完成です。軸は竹の太めの枝を利用したものです。枝の節の太い部分を軸の両端にすればストッパー代わりになります。

P1090986_640x480

P1090953_800x600

この状態で先端部分に水が溜まると、水の重みで先端が傾いて水が排出され、こんどはお尻が重くなってカッコン!これを繰り返します。

P1090953_800x600_2 P1090955_800x600 P1090954_800x600

  ここをクリックで、ししおどし試運転の動画を再生

|

« 小学校のタケノコ狩り | トップページ | ベルギービールウィークエンド in Nagoya に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/57263041

この記事へのトラックバック一覧です: ししおどしのつくり方:

« 小学校のタケノコ狩り | トップページ | ベルギービールウィークエンド in Nagoya に行ってきました。 »