« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/31

練土即錬人

P1110117_227x640新規に就農する農業青年たちへ、励ましの色紙を書きました。「土を練ることは即ち人を錬ること」私の勝手な造語です。

我々の世代は、学習塾なんてありませんでしたが、小学校の時ほとんどの同級生は、そろばんと書道を習っていました。自分は、この両方ともからっきしダメ。 下手くそながら苦心して書きました。

もらっていただくのもおこがましい気がしますが、とにかく励みになれば幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

晩春から初夏へ

急に暑くなってきたと思ったら梅雨入りだそうです。

今年は、梅の実がたくさんできそうです。
うめは、自家受粉しないので、近くにある白梅君のしわざかな?
ほったらかしにしていたアマリリス。
突然つぼみができて、花が3つも咲きました。

P1110085_800x560

P1110076_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/30

地域政策懇談会が開かれました。

知事と県幹部が、県内各地区を回って、市町村長や商工会議所会頭または商工会会長から意見・要望を聞く、地域政策懇談会が、知多地区を皮切りに行われました。昨日の午前中、半田商工会議所で、10市町の首長、12商工会(議所)の代表が、約3分間ずつ県知事への意見・要望を述べました。

私は、これまで町として要望してきたことの中から、いくつかを選んで、以下のようなことをお話しさせていただきました。

東浦町では、昨年度から、事業仕分けや業務改善提案制度を始めた。これらを通じて、ムダを省くだけでなく、自分たちがやっている仕事の本質を理解して、住民にわかりやすく説明できるようにしたいと考えている。そして、漫然と前年と同じ予算要求をするのではなく、行政がやるべき仕事かどうか、どんな改善を加えられるかを、つねに自律的にチェックできる持続可能な強い組織を目指したい。職員人件費についても、今年1月から退職金を減額、以前から残っていた3%の地域手当も廃止するなど、先駆けて削減の努力をしている。
県への要望としては、
●半田養護学校のマンモス化解消・・・飽和状態が深刻化している半田養護学校を分割して知多北部に特別支援学校を新設してほしい。
●水道水の水源の木曽川への変更・・・大村知事の長良川河口堰最適運用検討委員会は、これまでタブー視されてきた水源の問題に切り込んだことで画期的だと思う。ところが現在、塩害が起きるか起きないか、木曽川の水で十分か不足かを巡って議論が膠着している。開門調査を進めて検証段階に入るべきだ。また、知多半島の水道水について言うならば、木曽川を水源とする工業用水と入れ替えるだけで、木曽川の水を飲用することができるようになる。柔軟な対応を求める。
●堤防の強化・・・巨大地震の被害予測が出つつあるが、衣浦湾最奥部の東浦町北部で津波が堤防を乗り越える可能性が指摘されている。堤防のかさ上げ強化を求める。
●名古屋半田線沿線のまちづくり・・・コンパクトなまちづくりの一環として、都市計画道路(県道)名古屋半田線沿線で名鉄巽ヶ丘駅を活かした街をつくりたいと考えている。県が行っている名古屋半田線の整備と歩調を合わせたい。
●ウェルネスバレー構想への協力と大府東浦線の整備・・・大府市と取り組んでいるウェルネスバレー構想に、県のさらなる協力を仰ぐ。げんきの郷の前で止まっている都市計画道路(県道)大府東浦線の整備を求める。東浦町としては大府東浦線の延伸をしないと土地利用を進めることができない。
●農振除外の簡略化・・・農工商のバランスのとれた都市計画を進めようとしている。都市計画マスタープランで位置づけられているインターチェンジ周辺での土地利用を進めようとしても手続きが煩雑でなかなか進展しない。県の農振除外の手続き簡略化と柔軟な対応を求める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/29

審議会等の会議を公開しています。

東浦町では、審議会等の会議(行政外部から意見を聞くため、住民や知識経験者等が構成員として参加する審議会、協議会、委員会など)を公開しています。町のホームページ審議会等の会議の公開」欄には会議開催の予告と、終了した会議の会議録を載せています。もちろんこれらの会議は傍聴することもできます。
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/04soumu/kaigi/index.htmlをご覧ください。

新着情報」欄にも、近日中の会議の予告や公開した会議の会議録のお知らせがアップされます。今ちょうど、以下の会議の情報が載っています。

 

新着情報

 

  審議会等の会議の公開(交通安全推進協議会総会 6月5日)  529

  審議会等の会議の公開(安全なまちをつくる会総会 6月5日)  529

  平成25年第4回東浦町教育委員会会議録              529

  審議会等の会議の公開(教育委員会定例会議 6月24日)    528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/28

TED とは?

クマのぬいぐるみが出てくる映画のことではない。
TEDとは、Technology Entertainment Design の略で、カリフォルニアで生まれた新しいスタイルの講演会。世界に影響をを与えるような各界の講師が、20分弱の限られた時間の中で凝縮されたプレゼンテーションを行う。プレゼンテーションの動画は無料でネット配信されており、ボランティアチームによって翻訳もされている。
また、世界各地で「TEDx〇〇」というTEDの手法を踏襲したローカルな講演会も開かれるようになっている。

TED公式HP(英語) http://www.ted.com/

TED Talks in 日本語 http://www.ted.com/translate/languages/ja

Wikipedia(TED) http://ja.wikipedia.org/wiki/TED_(%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9)

初めて見る人におすすめの10本 http://matome.naver.jp/odai/2130899017379563201

TEDxTokyo http://www.tedxtokyo.com/
TEDxKyoto http://www.tedxkyoto.com/events-2/tedxkyoto/
TEDxTohoku http://tedxtohoku.com/
TEDxSapporo http://tedxsapporo.com/
TEDxFukuoka http://tedxfukuoka.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/27

町長政策集推進計画進捗状況(平成24年度の達成状況と今後の計画目標)

平成24年3月に発表した「町長政策集推進計画」について、平成24年度分の事業完了に伴い、「町長政策集推進計画進捗状況」を作成しました。

内容については、下記のリンクを参照してください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/tyoutyou/documents/shinchoku_H25.pdf

推進状況の概要は、下記の集計の通りです。

  平成24年度予定分の進捗状況
    達成      52
    順調      14
    やや遅れ    3
    遅れ       0
    計画事業なし  2
     合計     71

  全体(25年度以降)の進捗状況
    達成       2
    順調      63
    やや遅れ    6
    遅れ       0
     合計     71

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/26

防災クイズの正解です。

5月21日にアップした防災クイズの正解は、

 ④①②④③②②③③④です。

兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、新潟県中越地震、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、震度7を記録しています。大高・高浜断層は東浦を南北に走る断層、野島断層は阪神・淡路大震災の時に動いた断層です。

答えは、防災クイズの記事のコメント欄にも出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うのはな館春の企画展「あの旅 この旅」は今日が最終日でした。ところで・・・

東浦町郷土資料館(うのはな館)で開催されていた春の企画展「あの旅 この旅」を見てきました。
昔は自由に旅することはできませんでした。江戸時代では、旅をするのに通行手形(身分証明兼通行許可証)が必要でした。当然どんな旅でも許可されたわけではなく、やはり、信仰上の旅である巡礼がメジャーだったのでしょう。伊勢参りや善光寺参りなどの寺社参詣や立山や富士山などの山岳信仰が主な旅の目的でした。
明治時代に入って鉄道網や航路が整備されるようになると、長距離の移動が容易になりました。高度成長期には企業の団体旅行が盛んになり、温泉地や観光地が発展していきます。

Harunokikaku20130526_718x1024
 

ところで、先週、武豊町のゆめたろうプラザに行く機会がありました。ここは施設が立派なのもさることながら、企画に工夫を凝らしています。コンサートや寄席はもちろん、あそびや科学教育に関することにも力を入れています。

近日中の催しでは、ゴム銃製作教室&競技会レゴロボット作成教室☆初級レゴロボット作成教室☆NXTなどがあります。レゴロボット教室とは、LEGOマインドストーム教材として使う教室です。

Gomujuuseusaku20130608_718x1024

Legorobot20130706_718x1024

Legorobot20130713_718x1024

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/25

この週末も良いお天気です。

P1110056_450x600午前中は、於大公園で、各地区コミュニティ対抗のマレットゴルフ大会と親睦バーベキューでした。この大会、生路コミュニティが連勝中です。きょうも、生路の2チームが優勝・準優勝を独占。町長チームはそれなりに実力を発揮しましたが、遠く及ばずでした。大体、グリーン上で球が止まらないので、グリーンの外から一発で仕留めることが要求されます。アンダーで回るのは当然のような、コースを知り尽くしている強者には到底叶いません。本当に久しぶりに木漏れ日の下でマレットゴルフとBBQを楽しませていただきました。

P1110048_800x600_2 P1110053_800x600_2 P1110063_800x600_2

このあと、自然環境学習の森へ。今日は、ボランティアメンバーがつくった無農薬田んぼの田植えが予定されていましたが、日照り続きで灌漑に使っている湧水が少ないため延期。少しの時間でしたが、竹林を伐採した後に伸びてきた若竹を切り倒す作業をしました。今の時期にやっつけないと成竹になってからでは作業が大変です。

この日はNPO法人 絆の総会とミニコンサートもあったので、途中から参加させていただきました。
「絆」と類似の言葉に「しがらみ」という言葉があります。これは、同じ人間関係でもネガティブなわずらわしい関係、互いにしばり合ってお互いを不自由にしていく関係と私は解釈しています。結局、人間関係を「きずな」にするのも、「しがらみ」にするのも、その人の姿勢次第。個人のありようが問題になります。
「きずな」とは、単なるもたれ合い、足の引っ張り合いとは違います。自律した個人が理想に向かって、手を携え、意志を持って前進していくところに絆が生まれるのではないでしょうか。
互いに支え合う人の輪がさらに広がることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/24

「知多地域子ども・若者支援連絡会議」で『知多地域子ども・若者支援機関マップ』を作成しました。

知多地域5市5町が共同で、愛知県子ども・若者育成支援ネットワーク整備先進事業を受託し、「知多地域子ども・若者支援連絡会議」を設置しました。
この会議では、困難を有する子ども・若者の支援に対する共通認識を持った上で、まずは知多地域の子ども・若者の状況調査および支援する民間団体・行政機関等の把握を行い、ニーズに的確に応じられるように、また、ニーズに応じた利用をしていただくよう、知多地域の支援機関をまとめた「知多地域子ども・若者支援機関マップ」を作成しました。

どんな年齢、どんな問題、どんな状態かに応じて、どこで、どんな支援を行っているかをマップ上にわかりやすくまとめてあります。
詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/24shougai/support_youth/index.htmlをご覧ください。

 

Chitachiikikodomowakamonoshien_map

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/23

ビブリオバトルとは

一昨日あった商工会総会後の懇親会で、久しぶりに会った前任の事務局長さんから「こんなもんがあるんたけど、知ってる?」と『ビブリオバトル』の紹介をいただきました。

Logo100411bibliobattle_5

一言でいえば、読んだ本を5分間でプレゼンして、共感を競い合うゲームです。

2007年に京都大学情報学研究科共生システム論研究室の谷口忠大さんが考案した”知的書評合戦”。遊び心、スポーツ感覚で、小学生から大人まで参加できる、読書の世界が広がる、人の輪が広がるコミュニケーションゲームです。

Bibliobattle_procedure

ルールは簡単
1.発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる
2.順番に一人5分間で本を紹介する
3.それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う
4.全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い、最多票を集めたものを『チャンプ本』とする

紹介の際には、シンプルに本とカウントダウンタイマーだけを用意。レジュメやパワーポイントなども準備せず、ライブでアドリブで本について語ります。

「人を通して本を知る.本を通して人を知る」をキャッチコピーに、全国に広がっているそうです。

詳しくは、http://www.bibliobattle.jp/をご覧ください。

バトルの様子はYouTubeなどでも見ることができます。

 

名古屋でも、春のワークショップや東海決戦の開催が予定されているようです。

春のワークショップ2013 in 名古屋
http://www.bibliobattle.jp/bibliobattle-official-spring-workshop-2013
開催期間:2013年6月8日(土)〜6月9日(日)
会場:COI名古屋プラザビル9階 第6会議室

ビブリオバトル東海決戦2013
http://bibliobattle.hatenablog.com/
日時:2013年6月23日(日)14:00‐15:30
会場:ジュンク堂書店 ロフト名古屋店

 

自治体の図書館の企画としてこのスタイルを取り入れているところもあります。
http://www.lib-sakai.jp/bibliobattle/index.htm
http://www.lib-sakai.jp/bibliobattle/biblio_flyer_2013a.pdf

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/05/22

午前中は保育園母の会連絡協議会、夕方は事業仕分けに関する意見交換会でした。

午前中は、保育園母の会連絡協議会がありました。町内8つの町立保育園の保護者の会の正副会長と園長の活動報告と意見交換の場です。今日は役員改選後の初顔合わせも兼ねています。
東浦には、1つの私立幼稚園と8つの公立保育園、1つの認可外保育所があります。横浜市では短期間で待機児童をゼロにすることに成功したことがこのところ話題になっています。東浦町では、これまで待機児童ゼロでやってきたし、これからもやっていきたいと思っています。
ただし、待機児童とは、0歳から就学まで保育園入園を希望する児童の中で、定員オーバーで入園できない児童のことです。保育所のキャパシティーの問題もありますが、保育の内容や家庭のライフスタイル、社会の子育てに対する考え方が変われば、当然保育園の希望者の数も大きく変わってくることになります。保育施設だけでなく、負担とサービスの制度設計や、家庭や社会のあり方も重要な要素になります。

 

19時から21時過ぎまで、昨年度の事業仕分けの仕分け委員と仕分け人の皆さんに出席していただいて、事業仕分けに関する意見交換会を開きました。24年度事業仕分けの結果をどのようにまとめて、その結果をどのように予算に反映させるか、また、25年度事業仕分けをどんなスタイルで行うか、行政側の方針説明と、それに対する意見交換を行いました。
24年度事業仕分け結果に対する町の方針については3月に発表した通りです。この方針に沿って、周知期間の必要なものや具体策が十分に練れていないものを除き、25年度の予算編成に間に合うものについては、廃止・改善・拡大など、できるだけ事業仕分けの結果を予算に反映させるようにしたつもりです。たとえば、金婚・ダイヤモンド婚表彰の廃止、敬老委託金の減額、ケーブルテレビ文字放送の契約見直し、於大プールの利用促進策として回数券導入、於大プール・バーベキュー広場の利用時間と管理体制の変更、学校生活支援員の増員などを実施しました。また、事業仕分けの対象ではありませんが、25年度から教育指導主事を町単独で1人増員して2人体制としたことは、事業仕分け結果に対する方針を検討中に、教育指導主事1人では十分に学校現場を指導できていないことが判明したための措置で、事業仕分けの副次的な成果とも言えます。
25年度の事業仕分けは10月12・13日に行う予定です。滋賀大学事業仕分け研究会の協力で、外部の仕分け経験者を仕分け人として入れること、一つ一つの仕分けの時間を長めにとり、論点を絞って議論を深めること、仕分け対象事業は候補を担当課から出し行政内部で選ぶこと、などを考えています。
参加者の皆さんからは、方針管理の体系化、PDCAの徹底、国や自治体の危機的財政難への対処、事業仕分けの成果を広報誌で住民にもわかるよう説明すること、若手職員のやる気の引き出し方などについて、熱心なご意見をたくさんいただきました。
私は、トップの指示を待たなくても、それぞれの担当部署で、事業の必要性を常に検証し、事業の評価・改善をできるような、強い組織をつくっていきたいと思います。

 

これまでの事業仕分け関連の私のブログ記事は下記をご覧ください。

2012/6/25 東浦町事業仕分けの対象事業が決まりました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/06/post-a8f9.html

2012/7/29 東浦町事業仕分け・・・模擬事業仕分けを行いました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/07/post-88aa.html

2012/8/19 東浦町事業仕分け初日のようす
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/08/post-8ef2.html

2012/8/20 東浦町事業仕分けが終了しました
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/08/post-4c54.html

2012/10/11第3回事業仕分け委員会
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/10/post-455f.html

2012/10/22 第4回事業仕分け委員会が終了しました
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/10/post-8ce3.html

2012/11/22 事業仕分けヒアリング
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/11/post-d0b3.html

 

他自治体の事業仕分けのようすです。

2010/2/4 滋賀県湖南市と草津市を視察しました
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2010/02/post-6570.html

2010/6/20 高浜市の事業仕分けを傍聴しました
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2010/06/post-d208.html

2012/7/22 松阪市事業仕分けを見学
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/07/post-3162.html

2012/10/12 9月29日に豊明市事業仕分けを見学
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/10/post-5a13.html

 

東浦町ホームページに24年度事業仕分けに関する情報が詳しく載っています。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/01kikaku/jigyoshiwake/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/21

防災クイズ・・・何問わかりますか?

これは、先週の民生・児童委員の研修のときに、バスの中で出たクイズです。防災ボランティアをされている方からの出題です。さて、10問中何問できますか?
ネットで調べたりせず、そのまま答えてみてください。(正解は後日お知らせします。)

問1.地震の揺れを表す震度について、次のうち間違っているのはどれでしょう?
 ① 震度1の下に、人が感じないくらいの揺れの震度ゼロがある
 ② 震度の数字が大きくなるほど大きな揺れである
 ③ 日本と違って12段階の震度を使っている国もある
 ④ 震度7という揺れが最大の地震はまだ発生したことがない

問2.津波の速さは海の深いところほど速く伝わりますが、太平洋の真ん中(深さ5000m)位ではどれくらいの速さでしょう?
 ① ジェット機とほぼ同じ(時速800km)
 ② 新幹線とほぼ同じ(時速250km)
 ③ 自動車とほぼ同じ(時速100km)
 ④ 自転車とほぼ同じ(時速20km)

問3.日本の内陸で発生した地震としては、1891年の濃尾地震(M8.0)が最大ですが、この地震を引き起こした断層の名前は?
 ① 大高・高浜断層
 ② 根尾谷断層
 ③ 猿投・境川断層
 ④ 野島断層

問4.日本を取り巻く主なプレートには太平洋プレート、ユーラシアプレートなどがありますが、以下のうち実在するプレートは?
 ① 日本海プレート
 ② 東シナ海プレート
 ③ オホーツク海プレート
 ④ フィリピン海プレート

問5.もし南海トラフ巨大地震が発生した場合、三河湾に津波が到達するまでどれくらい時間がかかるでしょうか?
 ① 5分~10分
 ② 約30分
 ③ 約1時間
 ④ 約2時間

問6.大きな地震などで電話が通じないとき、メッセージを録音できるNTTの災害伝言ダイヤルの番号は?
 ① 117
 ② 171
 ③ 177
 ④ 777

問7.ハワイ諸島は太平洋の海底のプレートの動きに乗って移動していますが、1年間でどのくらい動くでしょうか?
 ① 数ミリ
 ② 数センチ
 ③ 数メートル
 ④ 数十メートル

問8.警戒宣言が発令された時にサイレンで知らされますが、正しいものは次のうちどれでしょうか?
 ① 約60秒鳴らして約15秒休む
 ② 約60秒鳴らして約10秒休む
 ③ 約45秒鳴らして約15秒休む
 ④ 約30秒鳴らして約10秒休む

問9.東浦町の同報無線の整備について、正しいものは次のうちどれでしょうか?
 ① 戸別用のみ整備されている
 ② 屋外用のみ整備されている
 ③ 戸別用と屋外用の両方整備されている
 ④ 今後整備する計画である

問10.避難勧告と避難指示について、正しいものは次のうちどれでしょうか?
 ① 避難勧告、避難指示は総理大臣が発令する
 ② 避難勧告、避難指示は県知事が発令する
 ③ 避難勧告、避難指示は従わないと罰せられる
 ④ 避難勧告より避難指示は拘束力がある

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/05/20

民生児童委員協議会一泊研修のレポート

5月12・13日に行った長岡、山古志への一泊研修の記事をバックデートしてアップしました。

 民生児童委員協議会1泊研修1日目 長岡へ

 民生児童委員協議会1泊研修2日目 山古志

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/19

持続可能な仕組みづくり

ガイアの夜明けというTV番組がある。たまたま、再放送を見た。

バングラディシュでは水の汚れや地下水に含まれるヒ素が問題になっている。安全な水が手に入らない。

小田さんという日本人が、バングラディシュのある村で浄水設備をつくって、汚れた水を浄化して飲める給水場をつくった。数か月後に村を訪ねると、給水場は放棄されていた。金属製の蛇口を誰かが盗んで売ってしまったのだそうだ。みんなに役立つ設備なのに、責任を持って守る人がいない。

そこで持続可能な仕組みづくりを考えた。責任を持って管理する番人を有給で置けば良い。池のほとりに浄水施設を再度作り直して番人が寝泊まりするようにした。つくった水をウォーターボーイと呼ばれる社員が、リアカーに乗せて売りに行く。売値はボトル水の約1/100の10リットルで2~3円相当。村人が十分に買える値段だ。ウォーターレディと呼ばれる集金人が各戸を回って集金する。契約家庭が数千件になって、ビジネスとして成立しているそうだ。

意識やモラルがすぐには変わらないとすれば、その状況下でシステムが回っていく仕組みをつくらなければならない。大切なのは仕組み作りの知恵と行動力だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/18

午前中はコミュニティ連絡協議会の総会、午後から東京へ。

午前中、コミュニティ連絡協議会の総会がありました。各地区コミュニティの役員さんで構成する町全体の連絡組織です。会長に久米清之藤江コミュニティ会長が再任されました。あいさつでは、コミュニティの運営にはさまざまな人の意識や気持ちのバランスが大事との認識を語られていました。日々地域に関わられている方の言葉だと思います。

来賓挨拶では、住民参加の必要性、コミュニティ・地域自治による課題解決の必要性、膝づめ納得づくの議論の必要性、女性の能力活用の必要性について、触れさせていただきました。

お昼から東京へ。第15回 政策メッセ:公共政策シンポジウムに参加するためです。久しぶりに学生時代の友人にも会ってこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/17

自然環境学習の森からのお知らせ

東浦町自然環境学習の森からのお知らせです。

▼田植えのお知らせ

日時:5月25日(土)~26日(日)の午前中

都合の良い日にご参加ください。(両日歓迎)
大人も子どもも泥んこになると思いますので、着替えを用意していただいた方が良いと思います。
詳しくは、http://hsatoyama.exblog.jp/20454518/をご覧ください。

▼竹林作業のお知らせ

あずまやから倉庫のある遊歩道から見える竹の除伐をします。
5月~6月(夏に入る前)に集中して作業を行いますので、ぜひ作業のご協力お願いします。
今の内に切らないと竹の生長が早いので、どんどん切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/16

観光協会と法人会の総会に出席・・・アンジェリーナジョリーと鈴木敏文さん

午後から東浦町観光協会の総会と、半田法人会東浦支部の総会が続きました。観光協会の会長は、以前は町長が務めていましたが、今では商工会長さんがやってくださっています。観光協会は、この1~2年で会員も増え、おだいちゃんや手づくりよろい隊が町外へも出動するようになって、とても元気になりました。総会ではたくさんのご質問やご意見をいただきました。
法人会では、来賓として下記のようなごあいさつをさせていただきました。総会の後、中埜酒造の馬場さんから日本酒の歴史と作法、おいしい飲み方などについての講義がありました。

自分も法人会の会員です。平成になってすぐ、私が地元に帰ってきたころ、法人会の総会には繊維産業の経営者がいっぱいいました。いまでは、ほとんどいなくなりました。隔世の感があります。社会は大きく変化しています。
昨年の12月から株価が急上昇しています。円安も進んでいます。リフレ政策で、コントロールされたインフレをつくっていこうということですが、つい最近、長期金利が上昇しました。安倍ノミクスと呼ばれる思い切った社会実験がなされようとしています。これからも大きな経済変動があるでしょう。未来のことは見えません。神のみぞ知る世界の中で、変化を先取りして対応していくという非常に困難なことが経営者に求められています。
昨日、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーが両乳房を切除したというニュースがありました。彼女は乳がんではないのですが、遺伝子検査をしたところ乳がんの発症率が87%あるということがわかって、予防のために切除したのだそうです。彼女が子供の時に彼女の母親も乳がんで亡くなっています。だから、自分の子どもに同じ悲しい思いをさせたくないそうです。将来に先回りをした思い切った決断です。
一方で、昔、イトーヨーカ堂の
鈴木敏文さんが、テレビのインタビューで「どうして世の中を先取りできるんですか?」と聞かれ、「先のことはわかりません。決め打ちするのではなく、常に変化に対応できるポジションに身を置くことです。」という意味のことを答えていたのを思い出しました。
法人事業者の皆様にも、世の中の変化に的確に対応され、事業でさらなる成功をおさめらることを心より願っております。そして、結果として利益を上げて、その一部を納税していただけることに感謝を申し上げねばならないと思います。
行政としては、お預かりした税金をできる限り無駄のないように有効に使わせていただかなくてはなりません。
昨年、事業仕分けをしました。住民の皆さんから頂いた感想は大変好評でした。ただし、職員の事業についての説明が下手だったとのお叱りをたくさんいただきました。事業仕分けで受けたご指摘については、さっそく対応可能なものについて25年度予算に反映させていただきました。
今年度も10月12日(土)と13日(日)に事業仕分けを予定しています。とても残念なことに、会場等スケジュールの関係で、緒川と藤江の祭礼と重なってしまいましたが、ぜひ、お時間をつくっていただいて皆様方の積極的なご参加をお願いしたいと思います。今年は昨年よりも一つの事業に対して時間を長くとって論点を絞って仕分けをしたいと考えていますので、どうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/15

更生保護女性会の総会で述べたこと

先月のことですが、更生保護女性会の総会がありました。そのときの挨拶で以下のようなことを述べさせていただきました。

更生保護女性会は、更正保護、非行防止、子育て支援の3本の柱で活動しています。社会で生活している以上、人は大なり小なり失敗する存在です。失敗してもやり直しの聞く社会をみんなで支えていくことが必要です。
東浦町の更生保護女性会の活動の中で、とくに、社会を明るくするフイルムフォーラムは毎年楽しみにしています。地域のおじいさんおばあさんから若いお父さんお母さんまで、ひざを突き合わせて本音トークする機会は大切だと思います。ただし、いつも招待される、どちらかと言うと意識の高い人たちに参加者が限定されてるのが課題です。悩みを抱える人を含めてみんなが気軽に参加できる会になるようにさらに工夫が望まれます。

4月1日の仕事始めの辞令伝達式で、議長さんが挨拶の原稿を読み終わったあとに、アドリブで、もっと女性を上手に登用するようにと一言付け加えられました。この気持ちはよくわかりました。なぜならば、演壇から見える景色は一目瞭然。数十人の役場職員の中に係長級に昇進する女性は数えるほどしかいなかったからです。
更生保護女性会には町内の有能で活動的な女性がたくさん集まっています。更正保護活動以外にも、個人で、ほかの団体やボランティア活動などに参加している方もたくさんいらっしゃいます。ぜひ、団体としてとか女性としてではなく、一市民として男社会に積極的に参画していただきたいと思います。
とくに、コミュニティなどは実際に女性抜きには成り立ちません。にもかかわらず、地区の役員など意思決定に近いところへの参加はまだ少ないままです。議会の議員なども女性は非常に少ないのが現状です。行政の諮問機関へも公募の市民参加を募っています。事業仕分けの仕分け人には若い女性の応募もありました。しかし、全体からすれば、大部分が男性です。
まずは、子育てとか環境とか興味があるところから参加していただければと思います。さらに、土木とか都市計画にも興味を持っていただければ歓迎です。

総会後、地元出身で保護観察所長をされていた方から、子どもたちと接したこれまでの経験を織り込んだお話を伺いました。子どもたちに対して肯定的に接するドロシー・ロー・ノルトの子育て論は有名ですが、「わが子を非行化させる秘訣」という逆説的子育て論を紹介していただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/14

名古屋都市センターに寄ってきました。

午後から、久しぶりに地域問題研究所のゼミナールを聴きに行きました。帰り道に、名古屋都市センターに寄って、展示を見てきました。
5月19日(日)13:30から、名古屋市のまちづくり活動助成を受けた団体の活動成果報告会があるそうです。それぞれの団体の工夫や苦労に興味があります。

Toshicentrekikaku20130514a

Toshicentrekikaku20130514b

Machidzukuri20130519a_2

Machidzukuri20130519b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/13

民生児童委員協議会1泊研修2日目 山古志

長岡市山古志支所(旧山古志村役場)で職員の方から地震発生から帰村までの経緯、地元民生委員さんから発災後の活動について説明を伺いました。支所長さんは市役所の部長さんです。
説明の後、ボランティアのガイドさんの案内でバスに乗って村内を見て回りました。

P1100709_400x300

 

2004年10月23日(土)17時56分、震度6強の地震発生後に山古志村は道路が寸断されて孤立状態になり、村長は全村避難を決断しました。多くの住民が長岡市内にできた仮設住宅に移り、翌年4月には長岡市と合併、3年2カ月後に一緒に村に帰ることができました。その時の村長は現衆議院議員の長島忠美さんです。村長の掲げた「みんなで帰ろう!山古志へ(目標2年で)」の宣言に近い形で帰村できたものの、震災時の人口2167人に対して、帰村時の人口は7割ほどになってしまいました。
冬場には4mもの雪が積もるこの地区は雪の重みに耐えるよう建物が頑丈に造られているといいます。たまたま倒壊家屋の中にいた人が少なかったこともあって、地震そのものの犠牲者は2人ほど、避難後の震災関連死を合わせて5人でした。中越地方すべてを含めた新潟県中越地震の犠牲者は68人でした。

P1100826_800x600

この地域は、標高200m~500mくらいの台地にシワがいっぱい入って、その谷間に小さな川が流れるような地形となっています。それが地震による山体の崩落で堰き止められて、自然湖があちこちに出来上がりました。台地につくられたシワは、地殻が押し合ってできる歪が地表に現れたもので、活褶曲地形と呼ばれています。
自然湖の決壊の危険もあり、排水路や護岸や堰堤築造の工事がなされました。道路は100%寸断、道路の復旧または付け替えが必要になり、新たなトンネルも掘られました。斜面の崩落を防ぐ工事も随所でなされています。

P1100887_800x600

P1100916_640x480

P1100855_800x600

P1100857_800x600

P1100928_800x600

 

廃校になった高台の小学校の跡地にできた「天空の郷」と呼ばれる復興住宅です。谷の下の方にあった集落がここに集団移転したそうです。控えめな色合いの建物は、市営の賃貸住宅です。屋根のてっぺんには、雪を棟の両側に割って落ちやすくするための「雪割り」が付いています。

P1100805_800x600 P1100820_800x600 P1100843_640x480

 

堰止湖に沈んでしまった家屋が泥に埋まった状態で残っています。もともと個人地ですが、今は河道にあるので、本来は取り壊したうえで公有地として買い取るのですが、震災の記憶として残してあるそうです。

P1100873_800x600

このあたりにあった木籠集落も近くに移転していて、郷見庵直売所で震災の記録の展示や物産の販売をしています。お店にいたこの地区の区長さんはとても話し好きの方で、「みんなで元気を出そうと励まし合っているんだ。ホームページも見てくれや。」と、帰り際にご夫婦で笑顔いっぱいに手を振ってくださったのが印象的でした。

P1100884_1024x770

 

山古志の元気の源の一つが、約1000年もの歴史を誇る闘牛「牛の角突き」です。この日は開催日ではなかったのですが、特別に、最長老19歳の孫ベエ(人間でいうと95歳相当)とデビュー前3歳の若牛の初手合せを見ることができました。
現在、全国で昔からの闘牛伝統が残っているのは宇和島など全国で6か所ほどだそうです。そのなかで山古志の闘牛は唯一の国指定重要無形民俗文化財。ここの闘牛は、牛が傷つく前に闘いを終える、村人の娯楽です。本番は鼻輪を結んでいないので引き離すのは大変とのこと。今ではもう農耕用の牛はいませんが、件の区長さんの言うように、まさに村の元気のために飼っているのでしょう。

P1100772_800x600

 

山古志の風景にはとても美しいものがあります。しかし、この風景は自然にできたものではありません。人が何百年もかけて造ってきた景観です。
棚田とそこに灌漑をするための棚池がありました。そして、そこで蛋白源として鯉を飼うようになりました。もちろん黒い鯉です。
200年ほど前に突然変異で赤や白の色のついたコイが現れました。それを交配して色と模様の美しい錦鯉の養殖が地場産業として発展することになりました。バブルの時代にはべらぼうな高値がつくものもあったそうです。
この美しい原風景が久しく後世に残ってほしいと思います。

P1100922_1024x768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/12

民生児童委員協議会1泊研修1日目 長岡へ

民生・児童委員の一泊研修にご一緒させていただいています。今日はとても良いお天気です。これ、国旗とファミマの文字がなかったらスイスと言われても信じてしまいそうな写真です。じつは、中央道の駒ケ岳サービスエリアです。安曇野でもまだたっぷり雪が残る北アルプスがくっきり見えました。あたりでは田植えが始まっています。

P1100639_900x676

P1100642_900x675

 

途中、小布施に寄りました。ここは景観を楽しむまちづくりで有名なところです。建築と運営が評価されている町立図書館「まちとしょテラソ」にもぜひ立ち寄ってみたいのですが、ちょっと時間がありません。

942424_648400821842187_362107989_n

945698_648401505175452_632394025_n

 

さて、長岡の市内です。雪国では雁木(がんぎ)とよばれる雪よけのアーケードが歩道に庇のように掛けてあります。小学校の社会の授業で習った時には説明がよくわかりませんでしたが、実物を見て(もし冬に通ってみればなおさら)納得です。

P1100936_640x480

 

長岡市内にある長岡震災アーカイブセンター きおくみらいを訪ねました。地震から復興までの記録映像を見てから、床に山古志の航空写真をプリントしてあるホールに。タブレット端末をもらって、現地の上に行くとその場所の被害と復興の様子がわかる解説映像が見られます。村のあちこちで山が崩れ、道路が寸断され、川がせき止められていることが視覚的空間的にわかるようになっています。

P1100657_800x600

 

行きのバスの中では、水野会長さんのアイディアで「走る町長室」と銘打って、空席に移っては民生委員の皆さんとお話しをさせていただきました。そのなかで、「町長になって一番嫌なことは何ですか」という質問をいただきました。
「かつては成人式の祝辞かな?」と冗談半分にお答えしたものの、やはり一番避けたいのは災害に遭遇することでしょう。住民の生命、財産が危険にさらされる災害そのものが嫌なことですが、限られた時間の中で避難や復興など重大な決断を下さねばならない局面は責任重大です。願って避けられるものではありませんが、できることなら遭遇したくないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/11

今晩は、消防団の懇親会とコミュニティ総会でした。

消防団の懇親会がありました。彼らのチームプレーが、東浦の防災、減災を支えています。
せっかくの懇親会なのですが、7時半から石浜地区のコミュニティ総会に出席するために、中座して文化センターへ。これで4月がら週末に行われてきた6地区すべてのコミュニティ総会が終了しました。石浜コミュニティ会長がおっしゃったように、まさに地域の課題解決型のコミュニティ活動が求められています。各地区独自の活発な活動を期待するとともに、行政としてもできる限りのお手伝いをしていきたいと思います。

P1100636_640x480

 

明日は、民生委員の研修で、新潟県長岡市 山古志地区(旧山古志村)の復興村づくりを見学してきます。
下記の記事は、2009年に山古志を訪ねた時のものです。新潟県中越地震の約5年後の姿です。以前はこうして家族旅行の機会に見ておきたいところなどを訪ねることもありました。さあ、現在はどう変わっているでしょうか。

http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2009/08/post-de91.html

P1020337hpanosc_2

  P1020348hsc P1020359hsc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/10

臨時議会が開かれました。

臨時議会が開かれ、議会の正副議長、各委員会のメンバーと正副委員長などの改選がありました。任期は議員の任期と同じく4年ですが、多くの議会では1年とか2年の任期途中で役職を辞任して、改選を行う慣例があります。東浦町議会では任期半ばの2年に一度、改選を行っています。

今回の改選で、議長には森本康夫議員、副議長には大橋高秋議員が選ばれました。また、監査委員として、阿知波清三氏の再任と、高橋和夫議員の後任として山下享司議員の新任が決まりました。その他、税条例の一部改正の専決処分の承認などの議案が、全会一致で可決されました。

議会終了後に、全員協議会が開かれ、行政側から議会に対して、町長政策集推進計画の進捗状況、業務改善運動の実践状況について報告をしました。

昨年秋から、役場内で業務改善運動が始まりました。職場の中にはさまざまな課題やアイディアが転がっているはずです。日ごろから改善に気づき、その成果を全職場で活用する習慣を身に着けていきたいものです。
一部の人ではなく、必ず全員に参加してもらうこと、一人一人の些細な改善努力が役場全体に波及していくことが大切です。否定から入らずに、まずは小さなことでも、気が付いたことを提案して、実行してみて、さらに改良してみて、良ければ、役場全体に広げていく、一つの改善手法として役場全体で共有していく。まずは、そういう成功体験をつくる、実感することが大切だと思っています。

P1100634_800x600
これは業務改善の一つの例です。「この部署でどんな業務をしているか」窓口に来た人に一目でわかり易いようカウンターに受付事務表示を置きました。(役場2階建設部にて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

翌日も御岳がくっきり

5月7日に撮った御嶽山を載せましたが、昨日も、今日も、とても良いお天気が続いています。

これは、5月8日に見た御嶽山と中央アルプスです。この時期ですからさすがに少し霞んでいますが、残雪がまだたくさんあるのがはっきりわかります。

P1100617_1024x768

P1100618_1024x768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

構想日本フォーラム ~「施設仕分け」で公共施設の最適化を~ のご案内です。

下記の案内をいただきました。
住民参加による公共施設再配置のための合意形成の手法として「施設仕分け」を提唱します。浜松市の事例も紹介します。

□――――――――――――――――――――――――――――
     第189回J.I.フォーラム 5月27日(月)開催
―――――――――――――――――――――――――――――□

      「施設仕分け」で公共施設の最適化を!!
   ~総論賛成、各論反対の中での合意形成の仕組みづくり~

 戦後50年間、日本の公共施設つまりハコモノは世界最高のペースで
 つくり続けられました。笹子トンネルにみられるように、今やそれ
 らの老朽化が進み、耐震化、省エネ化、バリアフリー化などの対応
 にも迫られています。さらに人口移動や、市町村合併に伴う施設の
 再配置の検討も必要です。
 公共施設の見直しは、住民が安いコストで、安全に、使いやすくす
 るためのものですが、様々な利害も伴います。
 そこで、構想日本は、事業仕分けで培ったノウハウを生かして「施
 設仕分け」を提唱しています。これは、住民参加による公共施設再
 配置のための合意形成の手法です。公共施設の見直し先進地の浜松
 市の事例を含め、公共施設の将来のあり方などについて議論します。

○日 時: 平成25年5月27日(月)
       午後6時30分~(開場:午後6時00分)

○会 場: 日本財団ビル2F 大会議室
       港区赤坂1丁目2番2号 TEL : 03-6229-5111
       (
http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/

○ゲスト: 鈴木 康友(浜松市 市長)
      福嶋 浩彦(中央学院大学教授/前消費者庁長官)他

 コーディネーター: 加藤 秀樹(構想日本代表)

○主 催: 構想日本

○定 員: 160名

○フォーラム参加費: 2000円
         (シンクネット・構想日本会員は無料です)

○懇親会参加費: 4000円
  ゲストを囲んで、下記の会場で懇親会を開催いたします。

    「頤和園(いわえん)溜池山王店」
       港区赤坂1-1-12 TEL 03-3584-4531
           (
http://www.iwaen.co.jp/)

  ※ 詳細、お申し込みはこちらから
   
http://www.kosonippon.org/forum/detail.php

  ※ 懇親会をキャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
    当日キャンセルの場合、キャンセル料を申し受けます。

----------------------------------------------------------

 参加ご希望の方は、【当日の午前11時まで】に出欠の是非を、
 下記のメールアドレスにお申し込み下さい。
 
forum@kosonippon.org

 お名前

 所属

 ご連絡先

 懇親会に     参加する      参加しない

-----------------------------------------------------------
*参加申し込みに関するお問い合せは、
  事務局 木下明美まで。TEL 03-5275-5665

*内容に関するお問い合せは、
  フォーラム担当 西田陽光まで。TEL 03-5275-5607
------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民と議員の条例づくり交流会議 in 会津 2013 「今!会津で語る-議会改革、次のステップへ」 ~地域(まち)の課題を解決するために~ のご案内

下記の案内をいただきました。
市民と議員の条例づくり交流会議の会津開催は2回目になりますが、開かれた議会をつくるステージから、まちの課題を解決するステージへ、議会改革は進化しています。

─────────────────────────────────
□【5/25】会津第二弾「今!会津で語る―議会改革、次のステップへ」
─────────────────────────────────
▼市民と議員の条例づくり交流会議 in 会津 2013
「今!会津で語る-議会改革、次のステップへ」
 地域(まち)の課題を解決するために

 2009年6月の市民と議員の条例づくり交流会議in会津「変わる議会・会津から」から4年。議会基本条例の制定や議会報告会・市民との意見交換会の実施など、会津地域における議会改革は広がりました。
 地域(まち)の課題に議会はどうかかわってきたのか。そうした課題解決のための議会改革、市民や地域のために議会は何ができるのか。会津地域における市民と議員の対話と交流により、これからの市民と議会、議会改革の次のステップへのあり方を探ります。

●日 時:2013年5月25日(土)13時15分~18時
(交流会:18時15分~19時30分)
●会 場:会津若松ワシントンホテル@福島県会津若松市
(会津若松駅徒歩5分)
●参加費:市民1000円、議員4000円(交流会参加費別途3000円)
※5月26日(日)午前エクスカーション(福島県立博物館・入館料等別途)

●主 催:「今!会津で語る―議会改革、次のステップへ」実行委員会
 市民と議員の条例づくり交流会議、自治体議会改革フォーラム
●後 援:福島県市議会議長会、福島県会津若松市議会、
 公益社団法人会津青年会議所

※チラシPDFファイル(5,473KB)ぜひ、広報等へご協力をお願いします。
 
http://jourei.jp/pdf/aizu2013_flyer_final.pdf

●プログラム

▼開 会 13時15分~13時30分
▼全体会 13時30分~15時30分
「今!会津で語る―議会改革、次のステップへ」
基調提起
「地域の課題を解決するために、市民と議会はなにができるのか?」
 廣瀬克哉・自治体議会改革フォーラム

事例報告
「地域の課題に議会はどうかかわってきたのか」
 小林作一・会津若松市議会議員
 根本謙一・会津美里町議会議員

パネル&全体ディスカッションと論点整理
 コーディネーター:廣瀬克哉・自治体議会改革フォーラム

▼分科会【1】 15時45分~18時00分
「どうする?公共施設―合併・人口減少とどう向き合うのか」
基調提起 菅原敏夫・地方自治総合研究所(コーディネーター)
事例報告 会津若松市議会、喜多方市議会、南会津町議会、昭和村議会、只見町議会
論点整理とパネル&全体ディスカッション

▼分科会【2】 15時45分~18時00分
「これからのまちづくり・夢を語り合おう!」
(市民と議員のワールド・カフェ/ワークショップ)
 地域(まち)の課題を解決するために、市民と議会はなにができるのか?――参加者同士がそれぞれの活動や課題・問題意識を共有し、これからのまちづくり・夢について語り合います。市民と議員の対話と交流で、どんな次のステップがみえてくるか!?
 ファシリテーター:居城葛明・株式会社博進堂

▼交流会 18時15分~19時30分(解散)

※翌5月26日午前、エクスカーション
【09時45分福島県立博物館集合、10時スタート】

>>>
参加申し込み:交流会議事務局 送信先
jourei@jourei.jp

件名:市民と議員の条例づくり交流会議in会津2013参加申し込み
お名前:
ふりがな:
ご所属:
ご参加:□市民1,000円、□議員4,000円
( □交流会へ参加する3,000円 、□参加しない )
( □翌日26日午前エクスカーションに参加する、□参加しない )
分科会:□分科会【1】、□分科会【2】(ワークショップ)
ご連絡先:(〒    )
ご住所:
E-mail:

>>>

─────────────────────────────────
□市民と議員の条例づくり交流会議・会員募集中です!
─────────────────────────────────
▼市民と議員の条例づくり交流会議・自治体議会改革フォーラムの活動は、会員によって支えられています!ぜひ会員として参加、ご支援ください。

▼ニュースレターVOL.07(2012年12月)(冬)発行しました。
 〇交流会議 in 九州 開催報告(全体会、分科会Ⅰ、Ⅱ、総評)
 〇運営委員&事務局レポート
 ・まちづくり志民大学「議員と語ろう!ワールドカフェ」(レポート)
 ・なにがきっかけで動き始めたのか?―二宮町議会基本条例づくりの
  現段階をきく(運営委員レポート)
 ・総合計画とどう向き合っていくのか?―シンポジウム「今、自治体総
  合計画を考える 武蔵野市と多治見市の比較から」(レポート)

▼市民と議員の条例づくり交流会議
 ・年会費5,000円(1月~12月)
 ・ニュースレター(年四回)や関連の情報をいち早くお届けします。
 ・主催企画(会員WS、全国大会)へ会員価格にて、ご参加いただけます。

▼会員申込は、ホームページ&会員案内&申込書PDF
 
http://jourei.jp/

=================================
◇変えなきゃ!議会 自治体議会改革フォーラム
 
http://www.gikai-kaikaku.net/
◆市民自治体をめざして 市民と議員の条例づくり交流会議
 
http://www.jourei.jp
─────────────────────────────────
≪事務局(担当:亀井)≫
〒102-0083 東京都千代田区一番町9-7-6F
Tel:03-3234-3808 Fax:03-3263-9463

◆メールニュース配信&情報提供専用アドレス
mail-news@gikai-kaikaku.net
=================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

御岳がくっきり。

昨日、役場の窓から御岳山がくっきりと見えていた。その右側には猿投山を挟んで中央アルプスも。真冬ならともかくこの時期これだけクリアなのは珍しい。さて今日は?

P1100572_1024x768
     中央が御嶽。左側のこんもりした林は緒川城址です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/07

間伐材をプレカットしたキットを使って、本棚をつくりました。

家の中に本を置くスペースが無くなってきました。市販の本棚を買っても、そんなにたくさん収納できるわけではありません。値段も木製のものなら結構するし・・・。かと言って、チップを固めたものやカラーボックスのようなものでは、安っぽいし、重い本を並べるのには強度が心配です。

そこで、組手什(くでじゅう)という間伐材を規格化されたサイズに切った木材(2mにカットされた部材が20本入りで1万円)を買って、本棚を組み立てました。
いつも台所の食卓で事務仕事をしていますが、物置のようになっている所を片付けて、書斎のように使えないものかと考えています。

組手什のパンフレット(PDF)です。本物の木で手軽に好みの大きさの物を作ることができるし、間伐材の有効利用にもなります。

とりあえず実験的に組み立てた本棚です。P1100533_640x387

2セット買ったので、まだこれだけ部材が余っています。いろんな形にアレンジできそうです。P1100553_640x518

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/06

長篠合戦のぼりまつり

ことしの春の連休は、本当にお天気に恵まれました。

昨日は、新城市の長篠城址(旧鳳来町)で開催されたのぼりまつりに行ってきました。

鳳来寺で於大の方が出産祈願をしたとされるのが御縁で、東浦町は南設楽郡鳳来町と姉妹提携を結んでいました。鳳来町が新城市、作手村と合併して新城市になってからも、昔の姉妹関係の名残りで、おまつりなどの行き来をさせていただいています。

のぼりまつりでは、約400年前に一万人以上の戦死者が出たと言われる長篠設楽原の戦いの犠牲者への法要が営まれます。合戦の相手方である甲州からも参加があります。そのほか、真剣を使った居合、地元や米沢藩稲富流の鉄砲隊による火縄銃射撃など、迫力の技が見ものです。

P1100478_640x480

P1100483_640x480_2

P1100525_800x600

P1100493_640x480_2

P1100506_800x600

P1100500_640x435

東浦からは毎年、物販のブースを出展させてもらっています。今年は、地酒、巨峰ワイン、漬物、ミニトマトなどに加えておだいちゃんグッズを販売。早々と品切れも出るほど、好調な売れ行きでした。

長篠へは、鉄道を使って行きました。豊橋から長野県の辰野へ至る飯田線は、山間を走るローカル線です。飯田線に乗るのは3年前に家族で秘境駅日帰り旅をして以来です。この飯田線、長篠城内を通っていて電車がちょうど祭り会場の脇を通過します。その直前に寒狭川(豊川)の鉄橋を渡るのですが、宇連川と寒狭川の切り立った渓谷が天然の堀になっている地形がよく解ります。

 P1100471_640x480 P1100470_640x480

P1100474_640x480
行きの飯田線はさすがににぎわっていました。長篠城の駅に着くと乗客がどっと出てきます。駅には臨時の係員が配置されていました。トイカやマナカが使えないので、イベント時に、精算に手間取って大幅な遅れが出たと先月も新聞で報道されました。JRは飯田線の豊川以北にはICカードのシステムを導入する予定はないようです。
帰りは、のぼりまつり見学ツアーの皆さんと町のバスに乗って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/05

藤がきれいです。

P1100280_1024x768

藤の花が一面に咲いて、とてもきれいです。

これ、実は、急傾斜地につくられたコンクリートの擁壁に、自然に生えてきたものです。それがここまで大きくなりました。
無味乾燥なコンクリートをフジが覆う。修景に使えないでしょうか?

P1100279_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/04

きょうは、自由気ままに。

午前中は、久しぶりに、自然環境学習の森の草刈りを少ししました。水路に追いかぶさる草を取り除いて、トンボが散乱できる環境をつくります。

 P1100291_640x479 P1100293_640x479

3年程?前に皆伐した竹林を雑木林に戻そうとしています。新しく出てきたタケノコをこの時期に倒してしまわなければなりませんが、たくさんの稈(筍の成長したもの)が伸びてきています。

P1100306_640x480

 

大府の宝龍山延命寺の本尊の御開帳が17年ぶりに行われています。延命寺は鎌倉時代に創建された天台宗の寺院。この白い布の帯が電気を伝えるように、延命地蔵菩薩の御利益を境内に行きわたらせているそうです。灌仏会という釈迦の誕生をお祝いして釈迦の像に柄杓で甘茶をかける行事がありますが、今日初めて甘茶蔓茶をいただきました。

P1100341_640x480

 P1100335_640x480 P1100332_640x480

P1100326_800x602

 

このあと、モリコロパークへ行き、久しぶりに「あいちサトラボ(県民公園づくり空間)」を覗いてきました。以前は欠かさずワークショップに参加していたのですが、最近はほとんど参加できないでいます。しばらく見ないうちに、ワークショップで計画した拠点施設が完成していました。利用者のミーティングや交流、休憩、活動のPRなどを行なうための施設です。
数人のメンバーが畑の手入れをしていました。もともとこの辺りは礫混じりのやせた粘土質の土壌でしたが、メンバーの努力で果樹や野菜が育ちつつあります。
あいちサトラボは、まだまだ発展途上ですが、6月1日(土)には拠点施設を含む「農のエリア」のオープンに合わせて、一般参加も募って田植えが予定されています。

P1100353_640x480

P1100356_640x480

P1100393_800x600

P1100379_640x480

P1100361_640x480

P1100413_1024x768

 

GW期間中、お隣の大芝生広場では全日本うまいもの祭りが開かれています。500円の1日入場券を購入して会場に入ると、約50のブースでラーメン、やきそば、餃子、唐揚げ、串焼き、スイーツ、などのB級+正統派?グルメが楽しめます。
人気の店には長蛇の列ができているところもあります。思いつくまま、青森せんべい汁、福島のウニ焼、近江牛スジ煮込み、中津からあげ、宮崎天かうどん、などをトライしました。

P1100421_640x480

P1100424_640x480

P1100432_800x600

P1100437_800x600

 P1100422_640x481 P1100434_640x480

 

帰りがけに、スケートリンクの観客席(自由に入場できます)に寄りました。すぐ真下に気持ちよさそうに滑っている人たちが見えます。眺めているうちに自分も滑ってみようと・・・なんと30年ぶりにスケートをしてしまいました。
小一時間ほど滑べったら、靴にくるぶしが当って靴下が血だらけに。
結局、一度も転倒せず。・・・即ち冒険しなくなったということでしょう。無理はダメですが、チャレンジ精神を忘れてはいけないと思います。

P1100440_800x600

 P1100448_640x480 P1100459_640x480

P1100461_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/03

刈谷城築城480年記念 『大名行列山車祭』 に行ってきました。

戦国時代にこの地域を治めていた水野氏が、居城を緒川城(現 東浦町)から刈谷城(現 刈谷市)に移してから、480年の歳月が流れようとしています。この時に於大姫も緒川から刈谷へ移られたと言われています。時に6歳。東浦町のゆるキャラ「おだいちゃん」が永遠の5歳である所以(ゆえん)です。

ということで、今日は、刈谷の大名行列を見に行きました。もともとは、市原稲荷神社の祭礼として江戸時代から続いてきた「奴のねり」を組み込んだ大名行列に、於大の方、於富の方、お上の方や次女の行列、そして、山車やアトラクションを加えて、華やかにアレンジされたものです。
東浦からは、今回初めて、於大まつりの於大姫、手づくりよろいの会とおだいちゃんが参加しました。

P1100063_640x481

              伊賀流忍者のアトラクション

 
 

P1100078_640x481

P1100080_640x480_2

 岡崎からグレート家康公『葵』武将隊も参上。まるで戦隊モノのような身軽なアクションをするために、手作り鎧みたいな段ボールの甲冑を使用。

 

P1100124_640x480
   憲俊さんの司会で、おだいちゃんとかつなりくんと刈谷の甲冑隊の紹介。

 

P1100133_640x480
              大名行列の殿の籠。

 

P1100193_640x480

P1100140_640x480

P1100152_640x481
          行列には、東浦からも於大まつりの於大姫が参加。

 

P1100146_800x600
      これまた、東浦から参加した手づくりよろい隊が存在感をアピール。

 

P1100156_640x480
           刈谷の奴のねり。

 

P1100172_640x480

P1100182_800x600
   大名行列の伝統を受け継ぐ長野県飯田市の奴も、槍の投げ渡しを披露。

 

P1100228_640x480

P1100247_800x600
           肴町、新町の山車も繰り出して、方向転換を披露。

 

P1100205_640x480
 おだいちゃんとかつなりくんは大人気。
 水野勝成は、忠政の孫で、於大とは伯母・甥の関係。勇猛果敢で刈谷藩主、大和郡山藩主を経て、初代福山藩主となった人。

 

P1100231_640x479
             東浦のテントでは、子どもたちが甲冑試着体験。

P1100232_640x480

P1100208_640x481

P1100212_640x480
    お次が待ってますよ~と言っても、なかなか甲冑を脱いでくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/02

「変わった飲み物」で検索したら・・・

いっぱい出てきました。以前、静岡に行った時に変わったサイダーをご紹介したことがありましたが、それ以外にも、見たこともない変わった飲み物、結構たくさんあるんですね。

変な飲み物データベース
 (http://www.minakamishouji.com/drinks/sr_data.cgi

ありえない!! 日本で販売された、変わった味の食べ物と飲み物!! - NAVER ...
 (http://matome.naver.jp/odai/2133206643658528401

外国人が大ショック!「日本の変なソフトドリンク」トップ10 - NAVER まとめ
 (http://matome.naver.jp/odai/2133553787646243501

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/01

さあ、読むぞー!

P1100003_1024x768

GWはどこも遠出せず、積読撲滅週間にしたいところですが、果たしてどうなりますやら。
このほかにも読んでいない本がまだまだあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »