« 景観計画策定のワークショップ参加者募集中! | トップページ | この景色、日本のものとは思えない。 »

2013/07/02

各地区のめいせい会開講式で講話をしました。

6月13日の生路を皮切りに町内6地区のめいせい会で1時間半ほどの講話をしました。

「めいせい会」というのは、高齢者の生涯学習の会。年に6回程の文化講座を老人会のメンバーで企画しています。その第一回の開講式の日には町長が講話をすることになっています。
めいせい会といっても、地区ごとに微妙に漢字が違っていて、「明清会」「明青会」「明生会」の3種類があります。地域それぞれの会場の雰囲気も微妙に違います。藤江地区は圧倒的に女性の参加が多くて、総じて南の方はきれいに男女が分かれて座っています。北に行くにしたがって、仲良く入り混じって、新田地区ではどこが女性でどこが男性かわからないくらいです。

昨年のテーマは、東浦の町政についてでしたが、今年は各地区ばらばらです。
はじめの生路地区はテーマ指定なし。行政に関する話しばかりでは退屈するだろうと思い、昨年セントレアでお話しした資料を使って木曽川流域旅紀行を題材にしました。ちょうど以下の記事を下流から上流に沿って再編集したような内容です。
 ・木曽川の渡し船体験記
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/06/post-fca6.html
 ・犬山の鵜飼に行きました
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/08/post-3805.html
 ・木曽川流域ひとり旅(水力発電所編)
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/09/post-e26c.html
 ・木曽川流域ひとり旅(ランプの宿編)
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/09/post-f305.html
 ・木曽川流域ひとり旅(木曽川・飛騨川源流編)
  http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2012/09/post-e853.html

 

19日の森岡地区では、「いきいき健康と生涯学習をめざして」というお題をいただきました。生涯学習までお話しする時間がありませんでしたが、東浦町の医療費から健康施策、免疫や脳、記憶についてお話ししました。また、医療費の抑制を念頭にジェネリック医薬品のことにも触れました。
20日の石浜地区も24日の藤江地区も特にテーマの指定がなかったので、皆さんの関心の高そうな「健康」の話しをさせていただきました。

Tokuteikenshinh23

Kagakutoesekagaku

Yumenomizuumimura

 

今日は、午前中、緒川コミュニティセンター、午後から卯ノ里コミュニティセンターで講話をしました。緒川ではテーマの指定がありましたので「東浦町のビジョン」というお題で、およそ以下のような構成のお話しをしました。

・ビジョンとは
・第5次東浦町総合計画(2011~2020年度)
・従来ありがちなビジョン・・・しかし、これからはすべてが逆転
・これから大切になってくること
・柱になることは・・・ ★住民参加 ★助けがないと生きていけない人をみんなで守ること ★故郷の環境をまもり、顔の見える、コンパクトなまちづくり ★将来を担う子どもたちの教育
・これまでやったこと、今年やること
・情報公開と住民参加
・仕事のできる強い役場づくり
・常識を疑ってみる
・まちづくりとして景観を考える

Juurainobijon

Taisetsuninattekurukoto

Fukushikanrensisyutsuh23

|

« 景観計画策定のワークショップ参加者募集中! | トップページ | この景色、日本のものとは思えない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/57719731

この記事へのトラックバック一覧です: 各地区のめいせい会開講式で講話をしました。:

« 景観計画策定のワークショップ参加者募集中! | トップページ | この景色、日本のものとは思えない。 »