« 知多半島観光物産展「夏まつり」 in セントレア に出展 | トップページ | 第35回 産業まつりのテーマは、『エコで楽しむ産業まつり (マイ箸・マイバッグ持参でプラスアルファ)』となりました。 »

2013/07/21

今日は参議院選挙投票日

若者よ、選挙に行こう。

あなたたちは紛れもない当事者。

マスコミにも流されるな。空気も読むな。自分で選ぼう。選んでみよう。

知らない誰かが、この国を自分の望む楽園に変えてくれるなんてありえない。

他人任せにせず、自分のこととして考えよう。

スマホをいじってる時間があれば選挙に行こう。

|

« 知多半島観光物産展「夏まつり」 in セントレア に出展 | トップページ | 第35回 産業まつりのテーマは、『エコで楽しむ産業まつり (マイ箸・マイバッグ持参でプラスアルファ)』となりました。 »

コメント

さきほどのNHK 総合 クローズアップ現代で参議院選挙でのネット活用の意義、有効性等について中身の濃い番組がありました。もともと優勢といわれていた自民党がツイッター等で交換されている発言のビッグデータ分析を有効に活用して大勝したという紹介をしていました。安倍さんの党首討論発言にリアルタイムで援護射撃したとか、候補者にリアルタイムで分析結果を伝えて街頭演説に援用したとか、、NHKが選挙前から追跡してきた政党、候補者、有権者の動きについての深い分析はさすがだと感じ入りました。また個人数人で立ち上げたというweb「逆選挙管理委員会」は投票で伝わりきらない有権者の意見を政党、候補者に伝えるという仕組みの紹介も興味深いものでした。

投稿: とだ-k | 2013/07/23 21:54

逆選挙管理委員会」は「逆選挙_管理委員会」というようにつづるのが正しく伝わるようです。
http://gyakusenkyo.com/

投稿: とだ-k | 2013/07/24 20:45

「逆選挙管理委員会」とは知りませんでした。
http://gyakusenkyo.com/press/20130702.pdf
趣旨はとても面白そうです。

じつはTwitterまで手が回らないと判断して、自分はまったくつぶやいていません。スマホも使いこなしていません。だから、実感がわかない部分もあります。

しかしながら、このところのビッグデータ、オープンデータの活用には目覚ましいものがあります。民間組織やグループ、個人も簡単にアプリをつくって利用する時代になりました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/02/post-3c4f.html
千葉市や鯖江市などではすでにオープンデータの実用化が始まっています。我々もうかうかしてられませんが、まだそこまで手が回っていません。

投稿: 神谷明彦 | 2013/07/28 08:51

>じつはTwitterまで手が回らないと判断して、自分はまったくつぶやいていません
わたくしも全く同じ理由でTwitter,Facebook等はしていません。ケータイは音声通話のみでmailは着信したものに対してだけ返信しています。mail、スマホ等に関してはすべてデスクトップのパソコンだけの利用をしています。

初めての「オープンデータ東海」に参加されたのですね。まずはのぞいてみる、参加してみる精神がいっぱいです。
また、このブログの維持作業はナカナカのものです。情報発信には継続的なエネルギーが要求されます。

投稿: とだ-k | 2013/07/28 22:48

>自民党がツイッター等で交換されている発言のビッグデータ分析を有効に活用し
Twitter,Facebook等で意見を上げていない人たちはデータから抜け落ちます。
デジタルディバイド」問題も含めて分析対象にしているデータの内容に網羅性がなければ分析結果に偏りが出ます。Twitter,Facebook等を元データとして分析しているメーカーのニュースもありますが 結果データの見方によっては問題があります。全面信頼はできません。
コンピュータの発展初期(1950-60年代)にgarbage in garbage outということがいわれていました。ゴミを入れたらごみが出てくる。信頼できないものを対象にして コンピュータ処理しても 計算結果はゴミです。

投稿: とだ-k | 2013/07/28 23:19

>Twitterまで手が回らないと判断して、自分はまったくつぶやいていません
関連記事ですが、、、、
ネット依存の中高生、国内に51万人
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0104I_R00C13A8EA2000/?dg=1

投稿: とだ-k | 2013/08/01 20:50

>このブログの維持作業はナカナカのものです。情報発信には継続的なエネルギーが要求されます。

最初は、週に一回書けばよいと思って始めたブログですが、ほとんど毎日(バックデートして書き溜めたものを投稿することもしばしばですが)書く羽目になりました。そうなるとこんどは全日を埋めないと落ち着かないのが人間の性でしょうか。
時々こんな時間があればもっとやるべきことがあるだろうと情けない気分になることもありますが、反面、自分の考えをまとめるのに役立つ、忘れないように書き留めておく、後々再編集してプレゼンテーションに使える、などの利点もあります。

>ネット依存の中高生、国内に51万人、garbage in garbage out

単なる情報処理の手段であったはずですが、我々の多くが逆に使いこなされてしまっているようです。メールなども「すぐに返信しないといじめの対象にされる」など本来人間関係を円滑にするはずのものが災厄を産んでしまっています。
使う側の問題もありますが、社会が子どもたちを商売のネタにしてしまっているのも問題です。ケータイはおもちゃにしては贅沢すぎるので我家では子どもに持たせていません。

投稿: 神谷明彦 | 2013/08/03 09:55

>時々こんな時間があればもっとやるべきことがあるだろうと
このブログをのぞいていると、何かコメントしたくなるものがあります。わたしも押えなければと思っているのですが、、、、
web「東浦町」の町議会、会議の公開等を見ていると、町長はすべてを見ていなければならない。
負担が大きい。ブログも意味があると思いますが、コメントへの回答はあまりに負担が大きいと思います。わたしが会社にいたとき、ブログのない時代でしたが 社内の「掲示板」に多くの人の参考になることを継続的に上げていた人がいました。多くの人からいろいろコメントをもらっていました。しかし、そのうちに継続することが精神的に難しくなりました。自己矛盾していますがコメントへのコメント、回答はストレスにならないよう「適当に」見逃してください。

投稿: とだ-k | 2013/08/03 16:35

新聞記事です。
自助グループや家族会で回復目指せ、ネット依存症
大人にも忍び寄る「ネット依存」傾向と対策(2)
2013/8/4 日本経済新聞 電子版
いまや生活に欠かせないインターネット。一方で、厚生労働省の研究班が「インターネット依存(ネット依存)」の中高校生は全国で推計51万8千人に上ると公表するなど、小中学生から高齢者まで、ネット依存に苦しむ人が増えている。ネット社会の一員である私たちは、ネットとどう付き合ったらいいのだろうか。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0100X_R00C13A8000001/

投稿: とだ-k | 2013/08/24 20:14

>>ネット依存の中高生、国内に51万人、garbage in garbage out
>単なる情報処理の手段であったはずですが、我々の多くが逆に使いこなされてしまっているようです。
今日11/22 午前中のNHKラジオ第一「源ちゃんのゲンダイ国語」で紹介していました。大人も襟を正さないとと思われ 自分の座右の銘にしたい久しぶりに胸を打たれた18章です。
----------------------------------------------------------------------
「スマホに⽀配されないよう」クリスマスにiPhoneをもらった少年が、⺟と交わした契約とは?
http://news.aol.jp/2013/01/06/iphone-contract-from-your-mom_b_2372493/
http://1966bonneville.blogspot.jp/2013/01/gregorys-iphone-contract.html
グレゴリーへ
メリークリスマス!あなたは今⽇からiPhoneの所有権を持つことができます。やったね!責任感のあるお利⼝な13歳なので、このプレゼントはあなたに相応しい。しかし、このプレゼントと受理すると同時にルールや規則が付いてきます。以下の使⽤契約をゆっくり読んでください。私の親としての仕事も分かって欲しい。あなたを健康で豊かな⼈間性を持った、現代のテクノロジーうまく活⽤していける⼤⼈に育てなければならないといことを。以下の規則を守ることができなかった場合、あなたのiPhone所有権も無くなります。
あなたが⼤好きでたまりません。あなたと何百万個ものメッセージ交換をするのが楽しみです。
1.これは私の携帯です。私が払いました。あなたに貸しているものです。私ってやさしいでしょ?
2.パスワードはかならず私に報告すること。
3. これは「電話」です、鳴ったら必ず出ること。礼儀良く「こんにちは」と⾔いなさい。発信者が「ママ」か「パパ」だったら必ず出ること。絶対に。
4. 学校がある⽇は7:30pmに携帯を私に返却します。週末は9:00pmに返却します。携帯は次の朝の7:30amまで電源オフになります。友達の親が直接出る固定電話に電話出来ないような相⼿ならその⼈には電話もSMSもしないこと。⾃分の直感を信じて、他の家族も尊重しなさい。
5. iPhoneはあなたと⼀緒に学校には⾏けません。SMSをする⼦とは直接お話しなさい。⼈⽣のスキルです。注:半⽇登校、修学旅⾏や学校外活動は各⾃検討します。
6.万が⼀トイレや床に落としたり、無くしたり、破損させた場合はの修理費⽤は⾃⼰負担です。家の芝⽣を刈ったり、ベビーシッターをしたり、お年⽟でカバーしてください。こういうことは起こります、準備していてください。
7.このテクノロジーを使って嘘をついたり、⼈を⾺⿅にしたりしないこと。⼈を傷つけるような会話に参加しないこと。⼈のためになることを第⼀に考え、喧嘩に参加しないこと。
8.⼈に⾯と向かって⾔えないようなことをこの携帯を使ってSMSやメールでしないこと。
9.友達の親の前で⾔えないようなことをSMSやメールでしないこと。⾃⼰規制してください。
10. ポルノ禁⽌。私とシェアできるような情報をウェブで検索してください。質問などがあれば誰かに聞きなさい。なるべく私かお⽗さんに聞いてね。
11. 公共の場では消すなり、サイレントモードにすること。特にレストラン、映画館や他の⼈間と話す時はそうしてください。あなたは失礼なことをしない⼦です、iPhoneがそれを変えてはいけません。
12.他の⼈にあなたの⼤事な所の写真を送ったり、貰ったりしては⾏けません。笑わないで。あなたの⾼知能でもそういうことがしたくなる時期がやってきます。とてもリスキーなことだし、あなたの⻘春時代・⼤学時代・社会⼈時代を壊してしまう可能性だってあるのよ。よくない考えです。インターネットはあなたより巨⼤で強いのよ。これほどの規模のものを消すのは難しいし、風評を消すのも尚更難しい。
13.写真やビデオを膨⼤に撮らないこと。すべてを収録する必要はありません。⼈⽣経験を肌⾝で体験してください。すべてはあなたの記憶に収録されます。
14.ときどき家に携帯を置いて出かけてください。そしてその選択に⾃信を持ってください。携帯は⽣きものじゃないし、あなたの⼀部でもありません。携帯なしで⽣活することを覚えてください。流⾏に流されない、FOMO(⾃分だけが取り残されるていると思ってしまう不安感)を気にしない器の男になってください。
15.新しい⾳楽、クラシック⾳楽、あるいは全員が聞いている⾳楽とは違う⾳楽をダウンロードしてください。あなたの世代は史上もっとも⾳楽にアクセスできる世代なのよ。この特別な時代を活⽤してください。あなたの視野を広げてください。
16.ときどきワードゲームやパズルや知能ゲームで遊んでください。
17.上を向いて歩いてください。あなたの周りの世界を良く⾒てください。窓から外を除いてください。
⿃の鳴き声を聞いてください。知らない⼈と会話をもってみてください。グーグル検索なしで考えてみてください
18.あなたは失敗する。そのときはこの携帯をあなたから奪います。その失敗について私と話し合います。また⼀からスタートします。あなたと私はいつも何かを学んでいる。私はあなたのチームメイトです。
⼀緒に答えを出して⾏きましょう。
-----------------------------

投稿: とだ-k | 2013/11/22 22:04

url途中で改行していました。
スマホに⽀配されないよう」クリスマスにiPhoneをもらった少年が、⺟と交わした契約とは?
http://news.aol.jp/2013/01/06/iphone-ontract-from-your-mom_b_2372493/
http://1966bonneville.blogspot.jp/2013/01gregorys-iphone-contract.html

投稿: とだ-k | 2013/11/22 22:11

この話、以前どこかで聞いたことがあります。一つの方策としておもしろいと思います。

しかし、私は以下ような理由で懐疑的です。
・日本では、親も子どもも契約意識が希薄。
・だいたいのめり込むように作られているので、本人の意識や友人からの圧力など、スマホを与えざるを得なくなった時点でもうすでに足の抜けなくなる状態に入り込んでいる。
・違反行為があっても思い切った措置がとれないなど、契約自体が有名無実化しがち。

これは私個人の考えですが、そもそも子どもには贅沢すぎるおもちゃですし、どこでもネットワークと常時接続する必要はないと思っています。子どもにはもっとおおらかであってほしいし、リアルな人間関係や体験を積んでほしいと思います。
少なくともパソコンのネット環境があれば十分でしょう。それから、必要に迫られればリテラシーはいつでも身に着くと思います。

そうは考えない家庭もあるかもしれません。その場合は、契約なども一考の価値があるかもしれません。

投稿: 神谷明彦 | 2013/11/24 16:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/57834165

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は参議院選挙投票日:

« 知多半島観光物産展「夏まつり」 in セントレア に出展 | トップページ | 第35回 産業まつりのテーマは、『エコで楽しむ産業まつり (マイ箸・マイバッグ持参でプラスアルファ)』となりました。 »