« 設楽ダムの連続公開講座 第7回 「流水の正常な機能の維持のための手段とは」 のご案内 | トップページ | 行事が盛りだくさんの一日でした。 »

2013/09/13

9月定例議会常任委員会決算審査が終わりました。

昨日の議会文教厚生委員会では、議員のみなさんからいくつかの貴重な提言をいただきました。特に印象に残ったのは、不妊治療補助の申請件数が平成24年度に大幅に減っていることを指摘した質問についてです。

この減少は、一組のカップルが年に何度も申請を繰り返す仕組みだったのを簡素化し、(3月にまとめて)最低1回で済むように改善したためでした。これによって、サービスを受ける側の負担は減るし、行政の事務の手間も省くことができます。そういった改善の例をもっと見えるようにわかるように、決算資料(成果説明書)やホームページに示してはどうかとの意見をいただきました。

全くおっしゃる通りです。自分たちが努力して少しでも前進したことは、住民の皆さんに対して、きちんとわかり易くお知らせすべきだし、自慢してよいと思います。

|

« 設楽ダムの連続公開講座 第7回 「流水の正常な機能の維持のための手段とは」 のご案内 | トップページ | 行事が盛りだくさんの一日でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/58204142

この記事へのトラックバック一覧です: 9月定例議会常任委員会決算審査が終わりました。:

« 設楽ダムの連続公開講座 第7回 「流水の正常な機能の維持のための手段とは」 のご案内 | トップページ | 行事が盛りだくさんの一日でした。 »