« 認知症サポーターフォローアップ講座(全5回)のご案内 | トップページ | 於大公園は県内屈指、3本の指に入る野鳥の宝庫 »

2013/11/07

中学生英語スピーチコンテスト

先週、中学生の英語スピーチコンテストが開かれました。町内3中学校の代表が西部中学校でスピーチの内容・発音・表現を競い合いました。私は初めて聞かせてもらいましたが、今年は、全員が自信を持ってはっきりした言葉で表現できたと好評でした。

2年生の部、3年生の部、それぞれの最優秀賞のスピーチ内容と訳文をご紹介します。

 

 School: Seibu Junior High School(西部中学校 3年生)
 Name: Takahashi Naofumi(髙橋 直史)
 Title: The First Musical I Was Impressed With(衝撃の初ミュージカル)

Last June, we went to the theater on a school trip.  We saw “Les Misérables” staged in Empire Theater of Tokyo.  I had little interest in a musical, so I had never seen it.  But it deeply impressed me. I wondered why.
The reason is partly because the theme of the story Victor Hugo wrote was magnificent.  In the story, he wrote about the unyielding mind of people surviving difficulties during the French Revolution.  I sympathized with Jean Valjean who had been imprisoned for 19 years on charge of stealing only one loaf bread and I was moved that he braved it out.
I thought it poor and sad that Jean Valjean faced adversities where he couldn’t be accepted to society after leaving jail nor was he given food and shelter as a human being.  But bearing his harsh destiny, he received the divine love from Bishop Myriel.  So he went through real conversion.  Since then he tried to live his life in righteousness.
Also it was the experience of songs and music.  That shocked me the most.  All the songs and music were so splendid that they were like straight pitches to my heart.  I belong to the track and field club and I often feel running release my heart.
In terms of loosening a good musical will give us the same effect I suppose.  Therefore, I’d like to see as many various good musicals as possible.  “Les Misérables” made me discover another phase of mine.

 去る6月の上旬,僕たちは修学旅行でミュージカルを観劇した。それは東京の帝国劇場で上演された「レ・ミゼラブル」であった。僕はそれまで,歌や音楽への興味は無かったし,ミュージカルに至っては,一度も見たことがなかった。しかし,それは僕に深い感動を与えた。なぜだろう。
 その理由の一つに,ヴィクトル=ユゴーの本作のテーマが壮大だったということだ。この物語は,フランス革命中のフランスが背景にあり,困難を生き抜く人々の不屈の精神が描かれている。たった一切れのパンを盗んだだけで,19年もの間,投獄されたジャン・バルジャンには同情したが,彼がそれをものともせず突き進んでいったところに感動した。
 ジャン・バルジャンが刑務所から出た後,住む場所や食べ物に困り,人としての扱いを受けられないといった逆境に直面したことはかわいそうであったし,悲しく思った。しかし,そんな厳しい運命に耐えていた時,彼はミリエル司教から神の愛を受け取り,本当の改心をした。それから彼は,正しい生き方をしようと試みた。
 また,僕が何よりも衝撃を受けたのは,歌や音楽そのものの体験であった。歌や音楽はどれも素晴らしく,僕の心に直球を投げてきた。僕は陸上部だが,走ることは自分の心を解放してくれると思っている。その点において,ミュージカルは僕に同じ影響を与えてくれるのではないかと思う。だから,僕は可能な限りたくさんのミュージカルを見てみたい。レ・ミゼラブルは僕に,自分の知らない一面を発見させてくれたのだから。

 

 School: Seibu Junior High School(西部中学校 2年生)
 Name: Kitano Mari(北野 真梨)     
 Title: Paper Cranes(折りづる)

I was in America with my family when the Great East Japan Earthquake hit. I woke up in the morning and watched a disastrous tsunami on the morning news. My legs trembled as I watched an airport getting swallowed by the tsunami, and buildings were being destroyed, and people were running around screaming. It was very saddening to know that all these horrible disasters were happening in my home country. I wondered, “What will happen next?” and “What can we do to help?”
I went to school with concerns, but I was surprised that so many people asked me whether my friends and family in Japan were okay. Before the class started, me teacher came to my desk and asked me whether it was okay with me to discuss what happened in Japan in our class. Even my neighborhood gave my family cards and many kind words. I felt so thankful for all the people around the world who were trying to support our country.
Paper crane donation was one of them. Many people bought our paper cranes to help Japan. My classmates learned how to make paper cranes, and we all made paper cranes together.
I appreciate all the people around the world who have supported our country. I will always want to remember them and that there is always something we can do to help each other.

 東日本大震災が起こった時,私は家族と共にアメリカに住んでいました。朝起きて,テレビのニュースで津波の恐ろしい映像を見ました。空港は津波に飲み込まれ,建物は破壊され,人々が逃げ惑う恐ろしい映像に,足が震えました。この恐ろしい災害が私の母国でおこっているなんて,とても悲しいことでした。これからどうなるのだろう。私たちに何ができるのだろうか,と不安でたまりませんでした。
 不安に包まれたまま学校に登校すると,たくさんの人に声をかけられ,驚きました。授業が始まる前には先生が私のところに来て,「今,日本で起きている大変な事態についてクラスで話をしますが,あなたは大丈夫ですか。」と気遣ってくださいました。家の近所の人たちからも,たくさんの励ましのカードや優しい言葉をいただきました。世界中の人たちが,日本で起きたことに心をいため,支援に動き出していることを知りました。
 折りづる募金もその一つでした。日本を救うために多くの人々が折りづるを買ってくれました。そして,アメリカ人のクラスメイトたちは日本への義援金を集めるために,つるの折り方を一生懸命覚えてくれて,たくさんの折りづるを一緒に折ってくれました。
 私は今,日本を支援してくれた世界中の人々に感謝しています。そして私はこれからもずっと,忘れないでいたいです。私たちには,人のために何かできることが必ずあるはずです。

|

« 認知症サポーターフォローアップ講座(全5回)のご案内 | トップページ | 於大公園は県内屈指、3本の指に入る野鳥の宝庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/58516275

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生英語スピーチコンテスト:

« 認知症サポーターフォローアップ講座(全5回)のご案内 | トップページ | 於大公園は県内屈指、3本の指に入る野鳥の宝庫 »