« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013/12/31

大晦日です。今年があと数時間で終わろうとしています。

月日が経つのは早いものです。今年もやらなきゃと思っていたことをたくさん積み残したまま一年が暮れようとしています。
今年も昨年と同じく、ラストスパートで、散らかった書類の整理や、ブログの更新、年賀状書きを済ませて、大掃除をして、そんでもってすっきりした気分で新年を迎えようと都合の良い幻想を抱いていましたが、やはり無理でした。書類の整理と大掃除は延期。ちょっと休んでいたブログの更新をして、今やっと年賀状書きを終えたところです。と言っても、今年は余裕がないので年賀状にコメントなしです。本当は年に一・二度会うか会えないかの関係にとって、これが一番楽しみな部分なのですが・・・。「ごめんなさい。来年はちゃんと書きます。」と約束をして、ポストに投函してきます。

 

ところで、年の暮れに昨年と同じ小咄を。
昔のカレンダーは、1年が10か月だったって聞いたことありますか?

January~Augustはとりあえず置いておいて、

September は、septem(seven) すなわち 第7月 ですよね。

October は、octo すなわち 第8月 ですよね。

November は、novem(nine) すなわち 第9月 ですよね。

December は、deca すなわち 第10月 ですよね。

どうして、2ヵ月ずれちゃったんでしょうか?

ローマ帝国の時代のことだと思います。わがままな皇帝がいて「俺の名まえを入れろ」と言いました。その名まえは、Julius Caesar と Augustus。そうです。July と August だったんです。

もちろん暦を変えるには、わがままだけでなくてそれなりの合理性が絶対不可欠です。たぶんより正確に1年を記述するために2ヵ月を足し加えたのではないかと思います。そのときに、「だったら俺の名を」というノリのお話しだったのかもしれません。以上は私の想像でした。

実際に、Wikipediaで調べてみると、事態はもう少しばかり複雑です。
古代ローマ時代に、人間の妊娠期間から1年を10か月(304日)としたものの、紀元700年頃、より天体の運行に即した1年を12か月(355日)とする暦が採用されるようになった。この時、1月と2月(今の January と Februaly)が年初に付け加えられた。だが、依然として不統一な運用が続いていたため、ジュリアス=シーザーがエジプトの暦を取り入れて、紀元前47年に制定したのが現在の暦に近いユリウス暦だ。July と August は、二人の皇帝の名をたたえて、第5月と第6月が改称されたものだそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/30

12月の出来事・・・メディアスエリアニュースから

年末にメディアスエリアニュースで取り上げられたトピックスです。画像をクリックすると動画を見られます。

 

役場deほのぼのロビーコンサート・・・村松愛子さんと窓口サービスのソムリエが出演
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=2435

Lobbyconcert20131218aLobbyconcert20131218b

 

認知症サポーターフォローアップ講座・・・地域で見守る体制を
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=2434

Ninchisyoufu20131218

 

おもちゃのお医者さん・・・児童館・うららんで活躍中
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=2436

Omochanodoc20131217

 

緒川小学校がユネスコスクール全国最優秀賞を受賞・・・環境、防災、国際理解などの教育が評価
http://www.medias-ch.com/movie_detail.php?page=2438

Unescoschool20131201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/29

メディアス ダンス・ヴォーカル コンテスト inひがしうら

ひがしうらでも、是非、若者向けの熱いイベントを! 
なんと、願いがかなって、知多メディアスさんが2014年3月8日(土)にダンスコンテストとボーカルコンテストを開催することになりました。場所は東浦町文化センター。まちとしても協力して盛り上げたいところです。

コンテストのエントリー受け付けは、1月17日(金)まで。出場資格は、知多半島出身(ボーカルのみ)、在住、在勤、在学のアマチュアです。詳しくは以下を。
 http://www.medias.fm/news/news.php?id=215(メディアスエフエムHP)
 https://www.facebook.com/mediasch12/posts/656579351059887(メディアスFB)
 https://www.youtube.com/watch?v=_THwikDO0N0(ダンスコンテストYouTube)
 https://www.youtube.com/watch?v=GTPznr0C7rM(ボーカルコンテストYouTube)

Medias_dance_contest_20140308

Medias_vocal_contest_20140308

 上のチラシ「medias_dance_contest_20140308.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/28

「東浦町住民投票条例(案)」に対する意見募集

「東浦町住民投票条例(案)」をつくりました。ただ今、条例案についてパブリックコメントを募集しています。

まちの将来を左右するような基本的かつ重要な政策決定について、住民の意思を直接反映する仕組みが必要だと考えます。自治体の運営に直接住民の意思を問う制度を導入することは、住民の自治意識・当事者意識を高め、住民の総意によるまちづくりを進める上で重要です。東浦町では住民投票の制度を創設するにあたり、皆さんからの意見を求めます。

 条例案の概要(PDF186KB)
 「東浦町住民投票条例(案)」(PDF195KB)

条例(案)に対する意見の募集期間: 平成25年12月16日(月)~平成26年1月15日(水)
 ※役場窓口での閲覧及び意見提出は役場開庁日のみとなります。
意見の提出方法: 住所・氏名・意見をご記入のうえ、郵送、ファックス、メール、あいち電子申請・届出システムまたは直接、企画政策課へ(様式は問いません。必着)

 ※あいち電子申請・届出システムについては、こちらのリンクから提出いただけます。
意見への対応: 東浦町住民投票条例策定の参考とさせていただきます。パブリック・コメント制度では個別の回答はいたしません。意見の概要と意見に対する町の対応はとりまとめて公表します。公表の際には、住所・氏名などの個人情報は開示しません。
提出先・問い合わせ: 〒470-2192(住所不要)企画政策課企画政策係
 電話番号 0562-83-3111 内線297・298
 ファックス 0562-83-9756
 Eメール  kikaku@town.aichi-higashiura.lg.jp

 ※迷惑メール対策のため、アドレスの@(アットマーク)を全角で表示しています。 メールを送る時に半角に直してください。・・・送信方法の説明

パブリックコメントとは
町の基本的な計画などの策定にあたり、計画などの趣旨、内容などをあらかじめ公表し、それに対する住民の皆さんからの意見をいただき、その意見を考慮して意思決定を行うとともに、いただいた意見の概要とそれに対する行政の考え方を公表する一連の手続です。
住民の皆さんから広く意見をいただくことにより、住民の町政への積極的な参加と行政の透明性の向上を図り、住民との協働によるまちづくりを進めることを目的としています。

詳しくは、東浦町ウェブサイトをご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/pub_com/index.html(パブリックコメントについて)
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/01kikaku/jyuuminntouhyoujyourei.html(住民投票条例(案)に対する意見募集について)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/27

今日は年末最後の営業日

毎年この時期になると感じることですが、時の経つのは本当に早いものです。あっという間に一年が過ぎてしまいました。
今日は仕事納めの日。朝一に消防支署へあいさつ、退職者への辞令交付、国民健康保険と後期高齢者医療関係の予算査定をして、年末の来客に対応しているうちに、もう16時。仕事納め式が始まります。

仕事納め式では、以下のようなことを述べました。

 先日、20日に総務省統計局に行って、平成22年国勢調査において本町で発生した不適正な事務処理に関する再検証結果の報告を提出してきました。総務省の方からは、良く書けていますという感想をいただきました。
 これで、職員の処分を含めてすべての始末に区切りをつけて、例年からは役場が一丸となって前を向いていきたいと思います。

 一度信頼を失うトラブルを起こすと、修復するのに大変な時間と労力を必要とします。信頼を失うのは一瞬、再構築するのは数年以上を忘れないようにしなければなりません。
 問題が未然に起きないようにするのはもちろんですが、問題が起きたら隠さないこと、そして、早期の対処と誠実な対応が求められます。誤りに気付いたらまずは認めることが、すべての改善の始まりです。

 ところで、統計局で雑談をしていた時に統計局の方から、一冊の本を紹介されました。タイトルは、「統計学が最強の学問である」。今年の初めに出版されて、今売れている本です。データを分析することの必要性や魅力について書いてあります。今はやりのビッグデータについても触れてあります。
 お正月に本を読む機会があると思います。ぜひその一冊に加えて読んでみてください。

 何度も申し上げていますが、行政は膨大なデータを抱えています。残念ながらそのデータが有効に使われていません。せっかくため込んでいるデータなのですから、ぜひ有効に使って、施策の効果検証や新たな施策の開発に使っていただきたいと思います。

 来年も、住民の皆さんから預かった大切なお税金を一円たりとも無駄にしないこと。知恵を出すこと。知恵を出すには、興味を広く持って、何ごとも勉強すること。これらを心掛けて、いただきたいと思います。
 仕事を少しでも楽しくする、楽にすることも知恵の使いどころです。そして、住民の皆さんを幸せにすることに、心血を注いでください。

 今年は少し長い正月休みになりますが、休みの間に、くつろぎ、遊び、英気を養い、それから勉強もしてください。来年、皆でここに集まって、また元気に仕事をしたいと思います。
 それでは、皆さん、よいお年をお迎えください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/12/26

生態系ネットワーク・フォーラム『ごんぎつねが暮らしていた里山 ~知多半島の里山への期待~』のご案内

近年、知多半島のあちこちでキツネの目撃情報が寄せられるようになりました。東浦町でもキツネの生息が確認されており、ことしも東浦町内でキツネが交通事故の犠牲になっています。そんな、知多半島の里山の過去と現在、そして未来のあるべき姿について語ります。

 2014年1月17日(金) 13:30~16:30
 日本福祉大学半田キャンパス 101講義室にて

Seitaikei_network_20140117a

Seitaikei_network_20140117b

詳しくは、http://www.n-fukushi.ac.jp/chitaken/news/13/131219/index.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/25

さて年賀状を何にしよう。

今、年賀状の写真を何にしようかと慌てているところです。
結婚して以来、家族写真の年賀状を作っています。(独身の時は自分一人の写真でした。)さて、今年の写真は何にしよう。毎年、年末になって繰り広げられるシーンです。
以前は、その年に家族で旅行をした写真などを選んで年賀状に使っていましたが、ここ2~3年、ほとんど家族の集合写真がありません。そんなことなら地元で撮った写真を使いたいところですが、何せ家族でそろって撮りに行く余裕がありません。安直につい先日スキーに行った写真を使うことにしました。
年賀状をつくるようになってから二十数年、ずっと富士フイルムのポストカードのお世話になってきました。この間、写真撮影はフイルムからデジカメへと目まぐるしく変化しました。昔お世話になった会社へのせめての恩返しとしてフイルムへのこだわりも持ってきましたが、てっとり早く年賀状を作らねばならないので、今回は不本意ながらデジカメに頼ることにしました。ポストカードの締め切りは25日、出来上がりは28日頃になるそうです。

P1160550m_300x226

P1000801_1024x768_300x225

P1000814_300x225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/24

今日の夕食は自宅で家族そろって

P1160631_480x640_312月になってから忘年会などで外食が続いています。出された食べ物を残すのは忍びないし、注がれたお酒はついつい飲んでしまうので、師走は健康に優しくない月です。他人のせいではなくて自分の意志の問題だとわかっていても、なかなか自制が効きません。
今晩はたまたま期せずして予定が入っていないので、自宅で家族と夕食時を過ごしました。といっても、ここでまたお酒を飲んでしまっては元も子もありません。やはり意志の問題ですね。

P1160595_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/23

八方尾根で初すべり

毎年、家族でスキーに行っているのですが、これまでもっぱら志賀高原でした。八方尾根は初めてです。
子どもを連れてスキーに行き始めたころ(白馬方面で)託児が充実していなかったことが理由の一つですが、やはり(急斜面の多い八方は)子どもにはちょっと厳しいイメージがあります。

P1160399_640x480

先週まで、雪が十分ではなかったようですが、
夜のうちにたっぷり雪が積もりました。おかげで全面滑走可に。雪も良いし、寒くもなく、天気はまずます。

パノラマから国際に降りる途中(オリンピックコースⅠ)のふかふかの急斜面。全員何とか降りられました。
P1160414_800x600

P1160418_800x600

P1160427_800x600

こちらはセントラルコースです。
P1160435_800x600

P1160439_800x600

長女の作。この白熊、なかなかリアルです。
P1160344_640x480

八方にあるよく行くお店で昼食。Tex-Mex(テキサン+メキシカン)で結構おいしい。大皿でシェアすると楽しいです。
 P1160452_640x480P1160442_640x480
 P1160455_640x481P1160456_640x480
 P1160465_640x480P1160459_640x480
 P1160467_640x481P1160450_800x600
食卓に並んだチリソース群。名前も「After Death Sauce」とか「Sudden Death Sauce」とか、
ビンの横に書いている注意書きも「Fiery Hot」ならまだまし、「Comatose Hot」なんてのもあります。ほとんど劇薬ですね。

翌朝、
モルゲンロート(morgenrot,morning red)・・・朝日が昇るにしたがい、黒い山が赤く焼けて、白色光が入るまでの一瞬の時間芸術です。
P1160496_820x615

P1160501_800x600

北尾根から不帰キレット方面をバックに・・・稜線からガスが切れて晴れ間が見えました。
P1160520_800x600

白馬三山が一瞬姿を現しました。
P1160543_800x600

P1160550m_300x226

P1000787_640x480

子どもたちにはちょっとキツイかと思いましたが、雪が良かったことも手伝って、2日間で、黒菱のコブをのぞいてほぼ全斜面を滑ることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/22

総務省統計局に出向き、再検証結果の報告をしました。

平成22年国勢調査において本町で発生した不適正な事務処理に関する再検証結果について、12月20日に総務省統計局を訪ね、以下の通りの報告を行いました。これが、この問題に関する最終的な事実関係の再検証と再発防止についてのまとめとなります。

 平成22年国勢調査において本町で発生した不適正な事務処理に関する再検証結果について(報告)(PDF122KB)
 平成22年国勢調査における不適正処理に関する事実関係(再検証結果)(PDF102KB)

再検証の結果、統計法に反する違法な行為が行われ、統計局からの疑義照会に対する報告も、違法行為を隠蔽する虚偽の内容だったことが明らかとなりました。これらの行為は、国勢調査への信頼を裏切るもので、町の名誉を傷つけ、ご協力いただいた住民の皆さま、統計局をはじめ関係機関の皆さまに多大なご迷惑をおかけすることになりましたことを、深くお詫びいたします。今後は、二度とこのような誤りを犯すことのないよう、国勢調査の事務処理体制を強化するとともに、法令遵守の徹底を図り、信頼回復に取り組んで参ります。

東浦町の国勢調査事務に関わる問題については、これまでのメッセージを時系列でまとめてありますので、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/kokucho/index..htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/21

2013年度 第4回アチェメックの森プロジェクトのお知らせ

年4回、春夏秋冬の季節ごとに小児保健医療総合センターの雑木林で開かれている森づくり活動です。冬は、森づくりの傍ら、クリスマスリースや門松を工作したり、鍋を囲んで昼食会をしたりします。
だれでも参加できます。

Achemec20131223a_2

Achemec20131223b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/20

図書館マスコット~本の妖精~「よむらび」

東浦町の図書館には本の妖精『よむらび』が住んでいます。
「よむらびを探せ!」「よむらび年賀状」「よむらび読書ポイントキャンペーン」「よむらびPOP募集」など年末の企画もたくさんあります。
よむらびの部屋はこちらhttp://www.lib.town.aichi-higashiura.lg.jp/yomurabinoheya.htmlです。

Yomurabi001

Yomurabi002

Yomurabi003

Yomurabi004

Yomurabi005

Yomurabi006

東浦町中央図書館のホームページは、http://www.lib.town.aichi-higashiura.lg.jp/index.htmlをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/19

町長室の写真立て

町長室の一角に写真立てがたくさん並んでいるところがあります。
これじつは、Photo & Poemと言って写真と詩を組み合わせた作品です。そして、作者が頃合を見計らって(観葉植物の鉢のデリバリーのように)新たな作品と交換して飾ってくださっています。

P1120673_1024x768

ところで、町長室が書類で散らかってきています。私自身も2Sに取り組まなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/18

町村会で北設楽郡を訪ねました。

県内の町村長さんたちと、東栄町、豊根村、設楽町を訪れました。

<東栄小学校>
東栄小学校は、旧東栄高校敷地(11,411㎡)を建物ごと数百万円?で県から譲り受けて、木造平屋の小学校(児童数118人)を新設移転。体育館も木造です。集成材は地元産の杉を岡山で圧縮接合してパーツにし、こちらで組み立てたのだそうです。延べ床面積2,886㎡、事業費は11.4億円。子どもたちの椅子と机はもちろん木製。@25,000円のものを町費で購入、入学時から自分持ちで大切に使い、卒業と同時に家に持って帰る仕組みになっています。高校の旧校舎(鉄筋4階建て)は、耐震改修や内装などに手をかけて役場庁舎に改装するのだそうです。

 P1160217_640x480 P1160223_640x480
 P1160229_640x480 P1160234_640x480
 P1160237_640x480 P1160246_640x480
 P1160249_640x480 P1160254_640x480

余談ですが、ヨーロッパなどでは木造の高層ビルが当たり前になりつつあります。現在、世界最高層の木造建築は2008年に完成したロンドンにある9階建ての分譲アパート。オーストリアでは20階建ての木造ビルを計画中だそうです。

<東栄町御園で昼食>
標高600mの東栄町御園は雨まじりの雪でした。尾林町長のお宅は旅館を営んでいます。ここの茶そばは絶品でした。色の違う2枚が合わせてあって、上品なお味。東栄町の封筒に印刷されているこの風景はこの場所で町長自ら撮ったものだそうです。

 P1160259_640x480 P1160260_640x480
 P1160263_640x480 P1160257_640x480
Envelope_toeitown_1024x613

 

<とよね木サイクルセンター>
製材所から出る端材を有効利用してペレット燃料をつくる施設です。含水量を10%余りにコントロールしてペレットに成型するのがコツだそうです。10kgの袋が525円で火力は灯油の半分程度だそうです。

 P1160271_640x480 P1160269_640x480
 P1160274_640x480 P1160276_640x480

 

<設楽町役場新庁舎>
職員全員が一堂に仕事できる平屋建てワンフロアの木造大空間。照明はデスク照明を主体に。町長室兼応接室もいたってシンプル。隣りの棟は議会と図書館が入っています。議会傍聴席の玄関と図書館の玄関は共通です。役場庁舎の反対隣りにある子供センターは床暖房が入ります。合わせて、延べ床面積2,917㎡、総事業費は約14億円。ほどなく供用開始予定です。

 P1160296_640x480 P1160283_640x480
 P1160298_640x480 P1160306_640x480
 P1160315_640x480 P1160323_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/17

12月定例議会が閉会しました。

12月定例議会が最終日を迎え、上程されていた議案の討論・採決が行われました。今議会で上程・採決された議案は以下の通りです。

[条例など]
①人権擁護委員の推薦(杉浦義治氏の再任)
②町長の給料月額の特例に関する条例の制定(国勢調査問題に関する総務省への虚偽報告の責任をとって、町長の給料を3ヵ月間30%減額)
③総合ボランティアセンター条例の制定(26年7月にボランティアセンターを勤労福祉会館から緒川児童館向かいに移設拡張、指定管理も可能とする)
④社会保障の安定税源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定(26年4月の消費増税に伴い、従来から消費税分を加算していたものについて、使用料等を改定)
⑤商業振興条例の制定(商業の発展と地域社会への貢献のために、町・商業者・大規模店舗・商工会の責務を明記)
⑥職員の給与に関する条例の一部改正(標準の勤務成績の場合、55歳で昇給をストップ)
⑦議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正(公務災害の認定と補償の審査事務を県に委託していることを明記)
⑧特別職報酬等審議会条例の一部改正(審議会の審議事項を「特別職の給料の額及び退職手当の支給水準」と明記)
⑨部制条例及び水道事業の設置等に関する条例の一部改正(水道部を廃止し建設部に統合)
⑩税条例の一部改正(年金所得に係わる仮特別徴収額の変更、公社債の利子や株式譲渡所得に係わる分離課税など、29年1月施行の地方税法改正に伴う規定の整理)
⑪国民健康保険税条例の一部改正(上記税条例改正に伴う規定の整理)
⑫後期高齢者医療に関する条例及び知多都市計画東浦下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正(地方税法および税条例に準じて延滞金を緩和)
⑬先端産業育成条例の一部改正(県の要綱改正に合わせて認定要件を変更)
⑭地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正(取手地区および上割木地区区画整理地内の建築制限を規定)
⑮社会教育委員定数等に関する条例の一部改正(社会教育法改正に伴い委嘱の基準を規定)
⑯霊きゅう自動車利用条例の廃止(民間事業者に充実に合わせ、町の霊柩車業務を廃止、民間にゆだねる)
⑰知多地区農業共済事務組合規約の変更(知多地区農業共済事務組合の解散に伴い、事務を半田市が承継)
⑱知多地区農業共済事務組合の解散(農業共済組合を解散し再編することについての議会の同意)
⑲知多地区農業共済事務組合の解散に伴う財産処分(事務の承継と同じく半田市が残余財産を承継)
⑳区域を超える路線認定の承諾(東海市が施工予定の市道冬至池13号線の一部が東浦町内に掛かることを議会で承諾)

③は、暗い、狭い、気軽に立ち寄りにくい現在のボランティアセンターを緒川児童館向かいのひだまりに隣接する場所へ移動し、福祉系だけでなく幅広いボランティアの交流と情報交換の場所にしていくためのものです。
④は、来年度からの消費増税に伴い、文化施設や体育施設の使用料や道路占用料、上下水道料金などを改定するものです。これによる消費税分の増収が、一般会計で約40万円、上下水道で約2800万円見込まれる一方で、町の消費税の支払い増は1億円以上になると試算されています。
⑤については、商工会からの申し入れがあり、商工会と協議しながら内容を詰めてきました。実効性のあいまいな理念条例ではありますが、商業者自らの創意工夫を基本として、商業者、商工会、行政が互いに協力し地域社会に貢献することを謳っています。
⑨は、来年度から、水道部を廃止するためのものです。水道課と下水道課に分かれていた上下水道を一つの課に統合し、住民サービスをわかりやすく、また、雨水については土木課で担当するものとします。
上記議案のうち、①②は12月4日の議会初日に全会一致で可決されています。④⑥⑩⑪⑬⑯は、本日、共産党を除く賛成多数で可決。その他の議案は全会一致で可決されました。

[補正予算]
平成25年度一般会計補正予算(第3号)(国から「地域の元気臨時交付金」5.3億円の交付、町債の圧縮、防犯灯を省電力のLEDに交換など)
平成25年度土地取得特別会計補正予算(第2号)
平成25年度下水道事業特別会計補正予算(第2号)
平成25年度緒川駅東土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)
平成25年度水道事業会計補正予算(第1号)

上記補正予算案のすべてが全会一致で可決されました。

[請願・議会発議]
①介護保険要支援者への保険給付継続のため、国に意見者提出を求める請願
②議会改革特別委員会の設置(議員定数と政治倫理条例について調査・研究をする目的)
③特別委員会の委員の選任(議員全員を委員に選任)

請願①は共産党のみの賛成で不採択、議会発議②③は全会一致で可決されました。

この日は会議の冒頭に、1人の議員さんから自身の発言の取り消しの動議があり、12月4日の「町長の給料月額の特例に関する条例案」の議案質疑の中で町役場および私を詐欺呼ばわりした発言の議事録(副本)からの削除が認められました。発言直後に本人がその場で「撤回します」と反省の意を示しましたが、時すでに遅し、新聞に載ることになったものです。
職員の証言に基づき調査報告書を作成し、平成24年2月に総務省に提出したのは、私の就任後に私の責任において行ったことですので、その調査報告書に重大な誤り(事実は、ミスではなく故意による人口水増しだった。)があったのは、私の落ち度です。誤りがあった以上、調査にもっとマンパワーを掛けられなかったのか、もっと厳格なチェックはできなかったのか等の反省はあります。しかしながら、予見(故意・ミス等の決めつけ)を持たずに、職員の証言など得られた事実を積み重ねて報告書にするという考え方自体に誤りはなかったと考えています。当時の状況下では、時間もなく、強制的な捜査権もなく、関係者の記憶に頼るしかない中での調査にならざるを得ませんでした。
それを、公の場で何の根拠もなく、役場ぐるみの詐欺的な隠ぺい工作だったと断じるのは責任ある行為とは言えません。根に持つつもりもありませんし、この件であとあと尾を引きたくもありませんが、この点については皆さんの誤解を招きたくないところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/16

「東浦町職員の公正な職務の執行の確保に関する条例(案)」についてパブリックコメントを募集中

法令を順守し、公正な職務を遂行し、国勢調査問題に見られるような不適正・違法な行為を二度と繰り返さないようにせねばなりません。その一環として、「職員の公正な職務の執行の確保に関する条例」を定めることとしました。
パブリックコメント手続きに則り、その条例案を公開し、住民の皆さんからのご意見を募集しています。

この条例は、町役場の内部や外部からの公益目的通報を内部のコンプライアンス委員会もしくは外部監察員が受け付け、調査する仕組みを確立するためのもので、対象者には一般職職員だけでなく、特別職や町と契約する事業の従事者も含めることにしています。

条例案および条例案の概要(説明)は以下の通りです。

東浦町職員の公正な職務の執行の確保に関する条例(案)(PDF206KB)
東浦町職員の公正な職務の執行の確保に関する条例(案)概要(PDF243KB)

意見の募集期間: 平成25年12月16日(月曜日)~平成26年1月15日(水曜日)
 ※役場秘書広報課(窓口)での閲覧及び意見提出は役場開庁日のみとなります。
意見の提出方法: 住所・氏名・意見を記入のうえ、郵送、ファックス、Eメール、あいち電子申請・届出システムまたは直接秘書広報課へ(様式は問いません。必着)

 ※あいち電子申請・届出システムについては、こちらからご提出いただけます。
意見への対応: 東浦町職員の公正な職務の執行の確保に関する条例策定の参考とさせていただきます。意見の概要と意見に対する町の対応は取りまとめて公表します。パブリック・コメント制度では、個別の回答はいたしません。なお、公表の際には、住所・氏名などの個人情報は開示しません。
問い合わせ先: 〒470-2192(住所不要)秘書広報課 電話0562-83-3111 内線222 ファックス0562-82-0890
 hishokoho@town.aichi-higashiura.lg.jp

 ※迷惑メール対策のため、アドレスの@(アットマーク)を全角で表示しています。メールを送る時に半角に直してください。

詳しくは、東浦町ウェブサイト
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/pub_com/compliance.html
をご覧ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/15

第39回 東浦マラソン を開催しました。

きょうは東浦マラソン。
東北や北陸地方は大雪に見舞われているようですが、こちらは運よく風も少なめでまずまずの日和に恵まれました。

今回は、遠くは岩手から福岡まで4000人余りの選手の皆さんにエントリーをいただきました。この東浦マラソン、例年12月の後半に行われますので、その年の走り収めとして人気を博しています。
10kmコースは、田園の中の、ややアップダウンが多いコースでありますが、ことしは若干コース変更をし、公園内の周回から、より田園風景を楽しんでいただくコース設定としました。

マラソンの名の由来は、古代ギリシャのマラトンという地名から来ていますが、第一回のアテネオリンピックで象徴的に取り上げられて以来、ポピュラーになり、歩行大会のことをウォーカソンとか、コンピュータプログラミング分野では集中的な共同作業をハッカソンとか言ってみたり、「何とかソン」という造語がつくられるほどになりました。
ソンはソンでも、損しない。スポーツとして、レジャーとして、健康づくりもかねて、ストレス解消や自己実現もかねて、得をする・・・。2kmや3kmのコースもございますので、それぞれの楽しみ方をしていただきたいと思います。

P1160047_800x600

P1160049_800x599

P1160088_800x600

P1160121_640x480

P1160130_640x480

P1160108_800x600

P1160096_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/14

花半島事業フラワーフェスティバル in 大府

フラワーフェスティバルの開会式がありました。ことしは大府の勤労文化会館で開催です。知多半島の5市5町がそれぞれのブースに産品を展示します。
愛知県の農業産出額は全国6位(H22)。中でも花卉の産出額は全国の約15%を占め、50年以上全国1位を続けています。知多半島でもランやキクなどの花の栽培が盛んです。

P1160013_640x480

P1160020_800x600

P1160023_800x578

P1160015_800x493

P1160018_800x515

P1160014_800x575

P1160028_800x600

P1160026_800x600

P1160019_800x628

P1160029_800x553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/13

年末そぞろ歩き

今年もあと残すところ半月余りとなりました。名古屋駅前のイルミネーション。以前はタワーズの2階正面に設置される大掛かりなイルミネーションが風物詩になっていましたが、隣りに建設中の高層ビルが完成するまではお預け?みたいです。

P1160009_800x600

P1160005_800x600

こちらは、栄のようすです。オアシス21の広場がスケートリンクになっていました。フェイクの氷のせいかちょっと滑りにくそうです。

P1150661_800x600

P1150656_800x601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/12

役場deほのぼの ロビーコンサート のお知らせ

12月18日(水)18時から、東浦町役場1階ロビーで『ほのぼのロビーコンサート』を開きます。出演は、シンガーソングライターの村松愛子さんと、役場窓口サービスのソムリエくんたち。18日はぜひ役場までお越しください。

東浦町役場では、毎週水曜日に1階の住民課など一部窓口サービスを19時15分まで延長しています。この時間帯に職員有志4人が業務改善の一環として窓口サービス案内(名付けて「窓口サービスのソムリエ」)を試行中です。18日(水)には、この若手男子カルテットが、村松さんとのコラボレーションで、かくし芸??を披露します。役場ロビーで何が起こるか・・・お楽しみに!

 

Hgartproject20131218

 

ところで、昨晩、森岡コミュニティセンターでフォークギター同好会の発表会がありました。この司会とトリを務めたのは村松愛子さん。同好会のメンバーが順に自慢の曲を演奏する、とてもアットホームなコンサートでした。
まちのどこかでだれかがパフォーマンスしている。そんな文化薫るまちになれば素敵ですね。

P1150970_800x602 P1150971_800x599 P1150981_640x481
P1150983_640x479 P1150988_640x481 P1150995_800x599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/11

新年のあいさつの収録をしました。

P1150963_800x600
一年が巡ってくるのは早いものです。
知多メディアスCATVの正月番組の録画をしました。場所は、うのはな館(郷土資料館)。昨日慌てて書いた1400字程度の挨拶文を4分半で読みます。とちるとやり直しです。

放送は、1月1日(水)から1月5日(日)までの毎日9:15~,15:15~,21:15~の時間帯だそうです。
来年も皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/10

これなんだ?

これは、熊本県庁職員さんの名刺。

P1140048sumi_640x480

裏返すと・・・

P1140051_451x640

はい、くまモンなんですね・・・。
さすがです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/12/09

「う・ら・ら」マスコットキャラクター投票

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/07bousai/bus/vote/index.html

東浦町の観光マスコット「おだいちゃん」が運転手に変身!

あなたの好きなキャラクターはどっち?

皆さんの投票で、東浦町運行バス「う・ら・ら」のマスコットキャラクターが決まります。

ぜひ投票してください。

 

投票期間は、12月20日(金曜日)まで。

発表は、来年3月を予定し、新しい時刻表に登場します。

 

※投票できるのは、1日に1回です。

 (再投票する場合は、前回、投票した時刻から24時間が経過した後に再投票できます。)

Uraracharaelec2013_2

東浦町運行バス「う・ら・ら」マスコットキャラクター投票

投票は、東浦町ウェブサイトからできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/08

師走・・・もちつき・・・火渡り

いよいよ師走。私と副町長と男子職員の3人で石浜県営住宅のもちつきに参加しました。

 P1150875_800x600 P1150885_640x480

きょうは、一日良い天気。すーっと御岳が見えていました。

P1150897_800x602

夕方、石浜にある増福寺で行われた秋葉三尺坊大祭「火渡り」を見に行きました。三年に一度の行事です。
祈祷の後で火を焚いて、残った炭火の上を素足で歩きます。その場にいる人はみんな参加できます。私も初めて参加しました。近くにいた知人の話しでは、心根の良くない人はやけどをするとか???
でも、走る必要はありません。不思議と全く熱くないのです。なぜでしょう?
①たくさんの人が歩いて炭がまばらになってしまったから。
②下地の砂が湿らせてあるため。
③冬にやるのがミソ。足が冷えていて、熱いのか冷たいのか区別がつかない。
④神仏の霊力による。
さて、あなたの場合はどれでしょう。

 P1150923_800x600_2 P1150926_800x600
 P1150928_800x600 P1150942_800x600

P1150946_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/07

愛知駅伝4連覇!

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で愛知県市町村対抗駅伝大会が開かれました。

過去3連続優勝している東浦町は4連覇を目指して全力で頑張りました。結果は町村の部ですべての区間について1位をキープ、2位に4分余りの差をつけ、堂々の4連覇でした。市の部と比べても、昨年と同じ総合7位でした。

Aichiekiden2013
  http://tokai-tv.com/ekiden13/rec/

1区から3区まで区間賞をとる勢いで終始リード、危なげない勝利でした。ゴール手前で逆転優勝した2年前のようなエキサイティングな感動ではなくて、今日はしみじみと感動が込み上げてきました。本当にうれしかったです。東浦町民にとって年末の何よりのプレゼントとなりました。心から感謝するとともにおめでとうの言葉を贈りたいと思います。

P1150691_1024x502

P1150692_800x600

P1150715_640x480

P1150727_640x481

P1150735_640x480
P1150805_1024x502

東浦に帰って祝勝会。小学生から社会人まで選手・スタッフ全員から立派なコメントがありました。聴いていて、一人一人の熱意とチームの輪を強く感じました。

P1150821_640x474

P1150871_1024x596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/06

一般質問いろいろ。

12月定例議会3日目、一般質問が終了しました。

以下(自分が議員をやっていたころを思い出して)自戒を込めて書きます。
質問にもいろいろあります。
・何を聞きたいのかわからない質問
・聞くだけの質問
・あれをやって欲しい、これをやって欲しいという要望型の質問
・行政をどういう方向に導きたいのか根拠を示して提言する質問
4つ目は、そんな考えもあるのか、そういうやり方もあるのかという行政への気づきを与えてくれる質問です。

翻って、今議会の一般質問、
たとえば、意識改革をしろと言うだけは簡単ですが、それをどうやってわかり易く例示するか。
データの分析の仕方、目標設定の仕方などを一般質問の質問形式で練習問題風に解いていく形になっているのがありました。これは面白かったです。
他にも、教育委員会部局の意思決定プロセスを質すもの。ある事業が本当に必要な事業かどうかの問題提起など、行政として認識を改めねばならないとのインパクトのある質問がいくつかありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/05

しあわせなまちをデザインするワークショップの参加者を募集中

今、新たな道路整備が一段落しました。大きな住宅開発の計画もありません。

これから、各地区のまちづくりをどうしていくか、何を選択し、何に重点を置き、何を配置していくか。公共交通を生かした、コンパクトな歩いて暮らせるまちづくりを念頭に置きながら、住民の皆さんに参画していただき、既存のキャンバスを踏まえたうえで、これからのまちをデザインします。
以下、募集のご案内です。

http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/17toshikei/workshop.html

 

しあわせなまちをデザインするワークショップ参加者募集

皆さんはお住まいの身近な地域について、どのように考えていますか?

町は住民の皆さんから次のようなまちだったらいいな、という要望をよく聞いてます。

  • 幹線道路、生活道路や歩道の整備
  • 公園や緑地の整備
  • 子供、高齢者や障がい者などが暮らしやすいまちづくり
  • 自動車に乗れなくなったときの買い物の場などの商業地の形成
  • 公共施設へ行きやすい交通体系の整備

これから町では、暮らしている人が暮らし続けたくなるまち、新たに住みたくなる人が増えるまちづくりをするために、日常生活に必要な商業施設、医療施設などの事業者の方と利用者である皆さんが主体のワークショップにより、具体的なまちづくり計画を策定したいと考えています。

 ワークショップに参加し、自分たちのまちづくりについて考えてみましょう。

●とき
平成25年度に2回程度、平成26年度に5回程度
※土日に1回、2時間を目安として開催
第1回 平成26年2月22日(土曜日) 午前10時から
●ところ
第1回:勤労福祉会館
第2回目以降:各地区コミュニティセンター
●募集人員
各地区10名程度 ※定員を超えた場合は選考
●資格
  • 町内在住で18才以上の方
  • 開催日程のワークショップに参加できる方
※参加費無料、無報酬
●申し込み
12月27日(金曜日)までに申込書を郵送、ファックス、メール、あいち電子申請または直接問い合わせ先へ(当日必着)
〒470-2192(住所不要)建設部都市計画課
※申込書は都市計画課、各地区コミュニティセンターで配布または下記からダウンロード可
ファックス 0562-84-6422
メール toshikei@town.aichi-higashiura.lg.jp
申込書(PDF 87KB)申込書(ワード 32KB)
あいち電子申請・届出システム(外部リンク)
●問い合わせ
建設部 都市計画課 0562-83-3111 内線334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/04

12月定例議会の議案と、国勢調査問題についての虚偽報告に関わる町長の処分

12月定例議会が始まりました。議会初日に上程された議案はhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/04soumu/gian/H25.12teireikai.htmlの通りです。

この中で、国勢調査問題に関する総務省への虚偽報告の責任をとって、町長の給料を3ヵ月間30%減額する議案を提出し、全会一致で可決されました。

平成22年国勢調査において不適正な事務処理(いわゆる水増し行為)が行われ、統計局からの疑義照会に対する報告書においても重大な虚偽事項があったことが明確となり、事件に関与した在職職員については、平成25年11月21日に処分を行ったところであります。
私自身、町政を預かる者として、組織のトップとして、また、前副町長に対する任免責任を負わなければなりません。特に統計局からの最終的な疑義照会に対する報告書は、私の責任において、職員に調査をさせ、報告をしたものであり、調査体制の不備、調査結果の検証の不十分さが、虚偽の報告となったと反省しております。
その責任の重大さに鑑み、本日開催された町議会に、町長の給料を減額する条例を提出し議決をいただき、私自身への処分とさせていただくこととしました。
また、前副町長への処分、退職した元部長への対応も決定しましたので、併せて報告させていただきます。
町の名誉を傷つけ、町民の皆さまには、長い間ご心配をおかけしました。国勢調査にご協力いただいた皆さまには、町への不信感を抱かせ、特に対象世帯の特定をすることはできませんが調査票の改ざんが行われた世帯の皆さまには、不快な思いをさせてしまいました。誠に申し訳ありませんでした。

●現町長の処分
減給3/10 3か月

●前副町長
平成24年1月5日に支給した退職手当の全部の返納

●元企画財政部部長
平成25年3月31日に定年退職しており、在職職員と同様な処分を行うことは制度上できませんが、停職6月の処分とした当時の課長と同程度の責任があると判断し、現在差し止めている退職手当の支給に当たっては、それに相当する額の自主返納を求めます。

年内に、統計局へ再検証報告をして参ります。

なお、再発防止策として検討中の「職員の公正な職務の執行の確保に関する条例」の概要を議会全員協議会で説明しました。この条例は、町役場の内部や外部からの公益目的通報を内部のコンプライアンス委員会もしくは外部監察員が受け付け、調査する仕組みを確立するためのもので、対象者には一般職職員だけでなく、特別職や町と契約する事業の従事者も含めることにしています。

東浦町の平成22年国勢調査における不適正な事務処理についての一連の発表については、町のホームページhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/kokucho/index..htmlをご覧ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/12/03

うの花音楽祭

12月1日(日)のこと。町内のコーラスグループの発表会「うの花音楽祭」を聴きに行きました。女声、男声、混声、いろいろなグループが出場します。

 P1150579_800x600 P1150589_640x480

東浦中学校合唱部は県大会に出るだけあって、なかなかのハーモニー+演出でした。
リトルマーメイドの”Under the sea”では小道具登場、気泡に似せたシャボン玉も。
天使にラブソングでは唄を歌いながらストリートダンス風の激しい踊り。「ピンクレディも真っ青」なんて言うと歳がばれるかなあ。

P1150607_800x600

P1150614_800x600
最後は、みんなが出てきて観客と一緒に「ふるさと」の合唱。とてもよかったです。

P1150620_800x600

久しぶりに少し歌って気持ちがよかったです。実はボクは小学校のとき合唱クラブに入っていました。ボーイソプラノで歌は上手だったようです。正式な部員ではなかったのですが、コンクールが近づくと先生に呼び止められて練習をしていました。
今は昔。カラオケに行った後でこんな話をしても誰も信じてくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/02

晩秋(初冬)の里山

11月30日は、自然環境学習の森で、里山講座も開かれていました。

現地で不要な木を切り出して、明るい落葉広葉樹林をつくる実習です。

私が行った時にはすでに終わっていましたが、残っていた講師の大内さんやボランティアのメンバーと久しぶりにお話しをすることができました。

今行くと荻の穂が日の光に輝いてきれいです。

P1150558_640x480
P1150561_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/01

第5回 景観計画策定のワークショップ

11月30日(土)は、景観計画策定のワークショップの最終回でした。

今まで一度も様子を見られなかったので、この日は是非聴きに行きたいと思っていました。健康体操に出席した後で、ワークショップを傍聴しました。

今回はこれまでのワークショップで意見の出た景観の視点場と視対象を地図に落として、さらにどこに重点を置くか、理念としてどんなことを掲げるかなどについて意見を出し合いました。

Keikan_ws_map_4

これまでのワークショップの経過はhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/17toshikei/keikan.html#wsをご参照ください。

「景観づくりの基本方針」として挙げられているのは、
【地形と地形軸】 地形の変化と景観構造をふまえた景観づくりを行う。
【自然】 里山・田園風景・ぶどう畑などの自然の景観を大切にする。
【歴史】 歴史資源を大切にし、東浦の成り立ちを感じる景観づくりを行う。
【住宅地の景観】 魅力を高める住宅地の景観づくりを行う。
【歩行と視点場】 歩いて楽しめる景観づくり、居心地の良い視点場づくりを行う。
【地区ごとの景観づくり】 各地区の特徴的な景観を大切にする。
【身近な生活景観】 まちなかの小さなホッとする景観を大切にする。
【住民主体の景観づくり】 すべての住民が景観づくりに関わる。

今回の意見交換で出た主な意見としては、
・残っている街並みとしては、緒川と生路がおもしろい。
・明徳寺川の源流部から里山や於大公園も含めた一帯を特に大事にしたい。
・住民から意見を聞きながら、必要に応じて加えていく仕組みづくりが欲しい。
・元々あった地名は景観と切り離せない。その土地の履歴(災害など)もわかる。
・緒川城址と村木砦址を後世に残したいし見せたい。
・高根の狼煙台跡や手付かずの雑木林も見てほしい。
・ぶどう畑や繊維工場跡など産業との関わり合いも欠かせない。
・緒川でまた貴重な建物が壊されようとしている。
・自然・歴史・住宅地それぞれのエリアが帯状にコンパクトに納まっている。
・アイデンティティ、誇り、物語性も重要だ。
・規制よりも、わかり易い感動や共感が大切になってくる。
・空き家は放っておくと負の遺産になる。
・景観は住民にとって気づきにくい。50年スパンで時間をかけて侵透するだろう。
・東浦なりのキャッチフレーズが欲しい。
などなど。どれももっともですが、多岐にわたっています。

このワークショップで得られた意見を踏まえて景観資源図と景観づくりの基本方針案とし、来年、その方針案に沿って景観計画をつくっていきます。また、景観計画の中でルール化すべきものは景観条例の中に盛り込んでいきます。
まちの中に統一的な特徴ある景観がないだけに、これをまとめるのは大変です。

P1150530_640x480
地域代表としてワークショップに参加いただいたコミュニティ会長さん、そして公募の皆さんには、本当にお忙しい中でワークショップにご参加いただき感謝しています。
景観はまちづくりの中で一つの重要な価値であり、今後、意思決定の中でも重要な判断基準となっていくものと考えています。しかし、東浦の中で景観への関心は必ずしも高いとは言えません。たくさんの皆さんの関心がなければ、景観について規制を設けたり税金を投入することは困難です。
ワークショップで皆さんの景観への想いの一端を聴かせていただくことができました。その想いや関心をもっと大きくして、たくさんの人に共感を拡げることができればと思います。時間はかかるかもしれないけれども、町内それぞれの地区の特徴をとらえて、見た目だけでなく、語り甲斐のある東浦ならではの景観をつくっていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »