« 平成25年度第2回 地域公共交通会議 | トップページ | 清須会議 »

2014/01/31

また一つ消えていく、昭和の風情

■東浦最後のサイジング工場が操業を終え、解体に入ろうとしています。サイジングとは、機織りをする前に、経糸(たていと)に糊を付けて毛羽を抑え、織機で緯糸(よこいと)を打ち込んでも切れにくくするための前処理工程です。糊を溶かし込んだ熱湯に経糸をウェブ状に漬け込んで、乾燥したのちに巻き取ります。これをテンションを掛けながら連続して行います。昔は町内の随所にサイジング工場がありました。糊の加熱や糸の乾燥に蒸気を使うので、紡織工場にはボイラーの煙突がつきものでした。解体する前に、工場の中に入って写真を撮らせていただきました。

 P1000179_640x480 P1000176_640x480
 P1000166_800x600 P1000183_640x480
 P1000195_640x480_2 P1000200_480x640_2

 

■こちらは、別の場所で、2012年に撮った写真です。

P1180216_640x478

この場所にあった織布工場と事務所と屋敷が解体され、更地になりました。

P1160589_800x600

2014年、ほどなく新築の住宅が建ち並ぶことでしょう。平成になってから、東浦の景色はずいぶん変わりました。まだまだ変わっていくでしょう。
どんな景色を未来に残し、どんな景色を新たにつくっていくか、まち全体で考えていく必要があると思います。

P1000121_600x449

|

« 平成25年度第2回 地域公共交通会議 | トップページ | 清須会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/58844618

この記事へのトラックバック一覧です: また一つ消えていく、昭和の風情:

« 平成25年度第2回 地域公共交通会議 | トップページ | 清須会議 »