« 公開講演会 名古屋大学レクチャー2014  「科学技術は何処へ行くのか」 ~野依博士から次代を担う者たちへ~ のご案内 | トップページ | 熱田さんの初えびす »

2014/01/08

知多半島の先端から見た富士山

1月5日に知多半島の南端、師崎から見た日の出です。
富士山も見えています。(下の写真中央のプリン型の山が富士山です。)残念ながら私が撮ったものではありません。東浦にお住まいで、天気が良さそうな日には朝早く起きて、富士山をウォッチしている方からいただいた写真です。(250mmのレンズで撮ったそうです。)

1510765_550945628316954_1210350917_

1601432_551565704921613_2108300875_

知多半島からだと富士山は約170km離れています。この距離だと地球は丸いので、富士山のあたりの地表面は、水平線よりも2300mほど低くなります。富士山の標高は3776mなので、富士山は水平線上に1500m程度しか頭を出せないことになります。→http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2008/03/post_feab.html

知多半島の付け根にある東浦では、高さ1000mくらいの三河の山地や高さ2000mくらいの赤石山脈の南部の山に遮られて、富士山を見ることはできません。→http://homepage3.nifty.com/kamiya-a/fuji.html

|

« 公開講演会 名古屋大学レクチャー2014  「科学技術は何処へ行くのか」 ~野依博士から次代を担う者たちへ~ のご案内 | トップページ | 熱田さんの初えびす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/58898571

この記事へのトラックバック一覧です: 知多半島の先端から見た富士山:

« 公開講演会 名古屋大学レクチャー2014  「科学技術は何処へ行くのか」 ~野依博士から次代を担う者たちへ~ のご案内 | トップページ | 熱田さんの初えびす »