« 「○○になりたい」から「○○をしたい」へ。・・・東浦高校卒業式で話したこと | トップページ | 久しぶりに自然環境学習の森で草刈り »

2014/03/01

婦人会の懇話会に参加しました。

婦人会の懇話会がありました。婦人会の皆さんと私と教育長が参加しました。40人ほどでイスを丸く並べて互いに向き合って懇談するのは初めての試みです。
婦人会に入る人が減ってきています。地区によっては組織のないところもあります。会の存在意義や活動目的を問い直す声もあります。女性とコミュニティやまちとの関係について意見交換しました。今日配られた会報には以下のことを寄稿させていただきました。

  女性の知恵を結集できたら

 婦人会が婦人会の目的と存在意義を問い直す時に来ているようです。なかなか人が集まらない、何を活動の柱にすべきかわからない。人が少なくなって、活動が下火になって初めて気が付くことではないでしょうか。
 組織には魔力があります。それなりの人数がいて、年中行事が決まっていて、役員などの責任ある立場になると、人は活動を維持しようとするし、組織はさらに存続しようとします。したがって、振り返って存在意義を問うことは稀です。そう考えれば、ちょうど良い機会なのではないでしょうか。皆で集まり、どんな活動、どんな組織をつくればよいのか、本音をぶつけ合って考えればよいのです。
 今、住民の行政への参加、あるいは、住民の自治ということが大切になってきています。自治の担い手は住民の皆さん自身です。当然それは、男性だけでは務まりませんし、高齢者だけでも続きません。女性や若い方の参加が欠かせません。地域のコミュニティも責任ある女性の参加を切に望んでいるところです。そういった女性の集い励まし合う場としても、婦人会の意義は輝きを失っていません。
 従来の婦人会というイメージではなくて、志のある、実行力のある、自立した女性の、気が向けば集まれる場所としての素敵な女性のサロン。そんな集いはできないでしょうか。職場で活躍する女性、子どもの成長を願う女性、家庭を切り盛りする女性、さまざまな立場や価値観を持った女性が一つに集まって、地域とコラボしてみませんか。手始めにコミュニティを動かしてみませんか。そう。これは新たなチャレンジなのです。

                        東浦町長 神谷明彦

|

« 「○○になりたい」から「○○をしたい」へ。・・・東浦高校卒業式で話したこと | トップページ | 久しぶりに自然環境学習の森で草刈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/59219132

この記事へのトラックバック一覧です: 婦人会の懇話会に参加しました。:

« 「○○になりたい」から「○○をしたい」へ。・・・東浦高校卒業式で話したこと | トップページ | 久しぶりに自然環境学習の森で草刈り »