« リオの地球環境サミットで12歳の少女が行った伝説的なスピーチ | トップページ | 『青年の主張』 »

2014/06/08

消防操法大会に、タイムのみを競う消火競技を取り入れました。

夏の日差しの下、消防団消防操法大会を行いました。今回の特徴は、小型ポンプ操法は従来通り。小型ポンプ積載車操法は、やり方を変えて、「型」は採点せずにタイムのみを競う消火競技としました。「型」がないのでホースの運び方も様々、とにかく早く火を消した方が勝ちです。半田消防署東浦支署も最後にお手本を見せてくれました。
実際にやってみると、慌ててホースの接続が不完全だったり、ノズルの調節が不慣れだったり、ポンプの給水が不十分だったり、ハプニングが続出でした。本物の火災時にはさらにいろんなことが起きるでしょう。日頃の備えがいかに大切か再認識をさせられました。

 消防競技のタイムは、
     優勝・・・森岡分団 47秒
     2位・・・緒川分団 52秒
     3位・・・生路分団 73秒  でした。

 Dsc_1561_640x480 Dsc_1551_640x480

|

« リオの地球環境サミットで12歳の少女が行った伝説的なスピーチ | トップページ | 『青年の主張』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/59781560

この記事へのトラックバック一覧です: 消防操法大会に、タイムのみを競う消火競技を取り入れました。:

« リオの地球環境サミットで12歳の少女が行った伝説的なスピーチ | トップページ | 『青年の主張』 »