« 6月定例議会が閉会しました。 | トップページ | 女子中高生に理系分野の魅力を伝える「女子中高生の理系!きっかけシンポジウム」 »

2014/06/18

地域福祉推進委員会

東浦町として地域福祉計画を策定するための地域福祉推進委員会を開きました。今日は、第1回目なので委員さんの自己紹介をした後に、職員から今後の進め方の説明、日本福祉大学の原田正樹教授からの地域福祉に関するレクチャー、そして委員さんたちと行政との自由な意見交換を行いました。住民のみなさんから意見を伺う会議には、公募委員を募っていますが、この会議には募集枠(3名)以上の応募かあり、関心の高さがうかがえました。出席の委員さん(地域福祉に関わるお仕事や活動に携わっていらっしゃる方がほとんどです。)からは積極的な発言がありました。これからが楽しみです。
最近、住民参加のワークショップや会議で良く出る話しが、行政のタテ割りの問題です。多くの皆さんが行政内部のセクション同士のヨコの情報共有が欠けていると感じているようです。特に地域福祉となると、福祉課関係だけではなく、コミュニティや保健センターや学校、保育、交通、都市計画など様々な部署が絡んできます。これとは別のワークショップで「幸せなまちをデザインするワークショップ」という地域でコンパクトなまちづくりについて話し合ってもらう会があって、都市整備課が担当していますが、コンパクトなまちを考えるには福祉の視点が不可欠になります。そう考えると、いくつかのセクションにまたがって検討すべきことは結構たくさんあるのとに気付きます。
ところで、最近よく聞く「地域福祉」とは何か? 社会福祉法 第1条には「地域における福祉」と書かれていますが、要は福祉全般を指す言葉と考えて良いと思います。以前は、児童・高齢者・障がい者・その他 地域福祉として社会福祉協議会が担っていたりしましたが、地域福祉計画の下に児童・高齢者・障がい者・その他支援の必要なあらゆる分野を包含していると考えた方が良いようです。

|

« 6月定例議会が閉会しました。 | トップページ | 女子中高生に理系分野の魅力を伝える「女子中高生の理系!きっかけシンポジウム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/59838813

この記事へのトラックバック一覧です: 地域福祉推進委員会:

« 6月定例議会が閉会しました。 | トップページ | 女子中高生に理系分野の魅力を伝える「女子中高生の理系!きっかけシンポジウム」 »