« 図書館に借り物カゴを用意しました。 | トップページ | 胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか? »

2014/08/10

台風11号が四国に上陸しました。

台風11号が、高知県南国市付近に上陸し、現在兵庫県を北上中。東海地方でも台風本体による風の影響はさほど大きくないとしても、台風が梅雨前線を刺激して局地的な大雨になる恐れがあります。

一週間前も高知県などでは台風12号の影響で時間雨量110mmを超えるような記録的な豪雨になり、浸水の被害が出ました。今回も四万十市内で四万十川が溢れるなどの報道がありました。

先週~今週の高知市を流れる鏡川中流にある鏡ダムのリアルタイム水量データ(ダム横断図)が視覚的にわかり易いです。
8月4日には上流域の雨が弱まりダムの水位が次第に落ち着きつつあるのがわかります。雨のピークだった8月3日にはダムへの最大流入量1422㎥が流れ込んだのに対して、ダムからの流出量を798㎥までに抑えて、差し引き624㎥の洪水調節を行っていたようです。ピーク時の画像は持っていませんが、恐らく洪水時満水位(サーチャージ水位)に迫っていたのではと思われます。
その後流量が減り(と言っても普段の10㎥あるかないかくらいに比べればずっと多い)、ダムの水量が下がってきたところに、台風11号による雨で再び水位が上がり、現在は流入量が減り落ち着きつつあるようです。

Kagamigawadam201408040840_2

Kagamigawadam201408091930

Kagamigawadam201408100710

Kagamigawadam201408101140

鏡川は高知市の山間部(旧土佐山村)に源を発し、鏡ダムの下流で谷を出て、高知市街地に流れ下る急峻な河川です。昨年、高知を旅して鏡ダムを訪ねた時には、渇水のためにクレストゲート以下まで水位が下がっていました。

P1000496_800x600

 

さて、東浦町は木曽川水系や矢作川水系など大きな川の下流にはないので、治水で注意しなければならないダムはありませんが、これらの河川にあるダムのリアルタイムのデータは国交省のHPで見ることができます。(残念ながらダム構造図は見つけかりませんでした。)
 中部地方のダム諸量一覧表
 →http://www.river.go.jp/nrpc0702gDisp.do?areaCode=85
 中部地方の雨量と洪水予報
 →http://www.river.go.jp/85.html

 

東浦町で注意しなければならないのは、町内を流れる小河川の状況です。幸い11時時点の町内河川のリアルタイム画像(町ホームページで見られます)では、今のところ増水も少なく特に異常は見られません。このまま大きな雨にならなければよいと願っています。引き続き警戒が必要です。
 →http://www.river.town.aichi-higashiura.lg.jp/

 

     岡田川のようすOkadagawa201408101100b

 

     明徳寺川のようすMyotokujigawa201408101100b

 

     阿久比川のようすAguigawa201408101100b

 

     豆搗川のようすMametsukigawa201408101100b

 

     須賀川のようす
Sugagawa201408101100a Sugagawa2014101050b

|

« 図書館に借り物カゴを用意しました。 | トップページ | 胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/60122360

この記事へのトラックバック一覧です: 台風11号が四国に上陸しました。:

« 図書館に借り物カゴを用意しました。 | トップページ | 胃のレントゲン写真を撮るときに、どうしてバリウムを飲むのでしょうか? »