« 松代象山地下壕 | トップページ | 中学生海外派遣出発式 »

2014/08/18

休日に「憲法主義」という本を読みました。

休日に「憲法主義」(PHP研究所発行)という本を読みました。南野さん(先生)と内山さん(学生)の講義形式で、わかり易く憲法の要点を解説しています。すぐに読めるので、ちょっと学んでみようという入門編には良いのでは。もちろん、憲法全文はついていますし、「より深く学ぶための文献ガイド」もあります。
目次は以下のようになっています。

 第1講 憲法とは何か?
 第2講 人権と立憲主義
 第3講 国民主権と選挙
 第4講 内閣と違憲審査制
 第5講 憲法の変化と未来

最後のやり取りは、「憲法は国家権力を縛るものだから、国民の権利を増やしたいときには、そもそも憲法は邪魔にならない。逆に国民の義務を増やしたいときには?・・・法律をつくればよい。」とあります。

Kenpousyugi

|

« 松代象山地下壕 | トップページ | 中学生海外派遣出発式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/60173484

この記事へのトラックバック一覧です: 休日に「憲法主義」という本を読みました。:

« 松代象山地下壕 | トップページ | 中学生海外派遣出発式 »