« 玉音放送を音声と現代語訳で | トップページ | 休日に「憲法主義」という本を読みました。 »

2014/08/17

松代象山地下壕

第二次世界大戦の末期、極秘のうちに、本土決戦に備えて、大本営と皇居や政府機関などを長野県の松代の山中に移すという計画があった。実際に、1944年11月から敗戦の日まで、約9ヵ月間の突貫工事で固い岩盤に碁盤の目のような通路を掘削し、延長10kmにも及ぶ地下壕を築き、全行程の75%が完成していたという。その内、象山地下壕の一部が1990年から公開され、内部を見学することができる。トンネルの中は真夏でも肌寒いほど涼しい。

P1030709_640x480

P1030712_640x480

P1030716_640x480

P1030720_640x480

P1030717_300x225

P1030721_1024x769_2

|

« 玉音放送を音声と現代語訳で | トップページ | 休日に「憲法主義」という本を読みました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/60173344

この記事へのトラックバック一覧です: 松代象山地下壕:

« 玉音放送を音声と現代語訳で | トップページ | 休日に「憲法主義」という本を読みました。 »