« ゆりあげ港朝市と日和山 | トップページ | REFLECTION OF BLOSSOM »

2014/10/23

竜ノ口渓谷探検

仙台の市街地のすぐ近くに竜ノ口(たつのくち)渓谷と呼ばれるところがある。

こんな100万都市の真ん中に、高さ100近い断崖絶壁が何キロも続くような大峡谷があるとは信じがたい。(一緒に行ったアメリカ人も思わず”amazing”と漏らしていた。)学生の時から一度は行こうと思ったままになっていたのだが、思い立って30年後に本当に行くことになるとは。

出発点は、竜ノ口渓谷が広瀬川と合流する青葉城直下の追廻と呼ばれるところから。一時期、立ち入り禁止になっていたようだが、今は自己責任で分け入ることができる。太古には、広瀬川に滝になって落ちていた支流が砂岩の地層をどんどん削り今の峡谷になったらしい。上流は化石の宝庫だそうだ。

さっそく葛のからまる茂みを越えて河原に降りてみる。探検隊のメンバーは、高校で物理の教員をしている友人と、同じ高校でALTをしているアメリカ人、地学が専門で(彼の高校はSuper Science Highschoolなので)英語で地学を教えることもあるそうだ。

 P1050567_800x600 P1050580_800x600
 P1050592_800x600 P1050596_800x600
P1050585_800x600

長靴を履いて渓谷を歩くと、所々昔上から崩れて落ちてきたであろう岩の塊や流木が行く手を阻む。これらを乗り越えて、ほとんど垂直に切り立った断崖に沿ってどんどん奥まで入っていく。頭上の空が狭い。

 P1050614_600x800 P1050598_600x800_2

P1050613_800x600

途中、八木山橋の下を通る。1965年(昭和40年)にできた高さ70mの橋で、竜ノ口渓谷をまたいで八木山地区と青葉山を結ぶ唯一のルートだ。高さがあるゆえにここは昔から自殺の名所と言われてきた。頭上に気を付けながら橋の下を通過し、さらに奥へ入る。

 P1050616_600x800 P1050617_600x800

このあたりの北側(上流に向かって左側)の岩壁は乾いているが、南側の岩壁は湿っていて、所々水が湧いている。多分、地層の傾きが北垂れになっていて、水脈が南から北へ流れているのだろう。

P1050623_800x600
 P1050633_600x800 P1050635_600x800

どんどん奥へ進んでいくと、しだいに両岸が迫ってきて、川幅も狭く水深も深くなってきた。足元の岩には化石の貝などがたくさん見える。
これをどんどん上り詰めると、どんなところに出るのか(ひょっとしてポッコリと住宅地に出るのか?上流にある学校の構内に出るのか?)この目で確かめたい好奇心に駆られるのだが。谷が急で狭く水が深くなってきて、もう進めそうにない。
そのうち、「天気が怪しくなってきた」「暗くなったらどうしよう」「勇気をもって引き返そう」などと、アメリカ人らしからぬことを言い出すメンバーも現れた。そして、一同弱気になって、来た道を引き返すことに。

 P1050641_800x600 P1050642_800x600

 P1050644_600x800 P1050646_600x800

行きは我々のグループしかいなかったが、帰りには山菜採りに来たという男の子や、化石を採りに来たという東北大の地学の学生に会った。彼らもまだ奥までは行ったことがないそうだ。
やっと念願成就と言いたいところだが、今回もミッションをコンプリートしたとは言えないような気分だ。いつのことやらわからないが、また次の機会に挑戦したいと思う。

 P1050652_600x450 P1050653_800x600

|

« ゆりあげ港朝市と日和山 | トップページ | REFLECTION OF BLOSSOM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/60403345

この記事へのトラックバック一覧です: 竜ノ口渓谷探検:

« ゆりあげ港朝市と日和山 | トップページ | REFLECTION OF BLOSSOM »