« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014/11/30

明日から12月。これから寒くなります。

今年は山の紅葉が美しかったと聞いています。写真は、うちの庭にあるカエデ。たしかに例年よりも鮮やかな感じです。 そうだ、ハイビスカスの古木を早く家の中にしまわなきゃ。

 P1070498_800x600 P1070497_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/29

ヒカリ展

今、上野の国立科学博物館で「ヒカリ展 ~光のふしぎ、未知の輝きに迫る!~」を開催しています。

光の正体を突き止めようとした科学者たちの光の研究史から、オーロラ、天体の放つ光、鉱物の光、昆虫の構造色、ホタルやオワンクラゲなどの生物発光、時間の基準と光についてなど、光にまつわる特別展示です。もちろん日本人がノーベル賞をとった「蛍光タンパク質」と「青色発光ダイオード」のコラボ展示もあります。

P1060332_640x480
紫外線を当てると蛍光を放つ鉱物はたくさんあります。珪亜鉛鉱に紫外線を当てると赤や緑の光を発します。

P1060338_640x480P1060339_640x480

蛍光タンパク質を合成する遺伝子を組み込んだ蚕を使って、いろんな色の蛍光を出す繭ができます。この絹糸で、光るランプシェードや着物を作ることができます。

P1060344_800x600

 P1060347_800x600 P1060348_800x600

ヒカリ展は来年2月22日まで開催しています。

Hikariten20141028

 

常設展も見られます。昔の科学博物館のように自分で実験できる楽しみはなくなりましたが、ここの特徴は、やはり何といっても「本物」を見られることでしょうか。

P1060358_800x600

左下は真空管を使った日本で最初の電子計算機FUJIC、右下はG型自動織機です。

P1060360_800x600P1060363_800x600

本館吹き抜け部分にある動物の剥製は建物の重厚感も相まって迫力あります。

P1060368_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/28

連絡所長会の研修で、安曇野市を訪れました。

東浦町では、およそ旧村から成り立つ6つの地区の人口は約5千~1万人で、地区の区長さんは住民代表、コミュニティ会長、コミュニティセンター長、行政の連絡所長の4つの役を兼ねています。実際には、6つの区の区長さんと1つの県営団地自治会の自治会長さんに行政の広報等を地域住民に配布する連絡所長をお願いしており、地域で日々生ずる課題への対応もお願いしています。これらの地縁組織はまたコミュニティ活動の担い手にもなっています。
地域社会の抱える課題やこれから訪れる超高齢化社会を乗り越えていくには、みんなで支え合える顔の見える地域社会の構築が欠かせません。従来、地区コミュニティではもっぱら地域の親睦や交流に重点を置いた活動をしてきましたが、今後は、地域の課題を解決していく活動へのシフトが必要となってきています。
11月27日・28日は、連絡所長会の研修として、他の地方の地縁組織と行政のあり方や協働の取り組み方を参考にするため、連絡所長さん7人と協働推進課長と私で、長野県安曇野市を訪ねました。

P1070454_800x176

安曇野市は、平成17年に豊科町、穂高町、明科町、堀金村、三郷村の5町村が合併して生まれました。人口は10万人弱、面積は東浦の10倍ほどの332㎢、農業や観光が盛んなイメージが強いですが、電子産業などの工場もあり7000億円以上の製造品出荷額(県内1位)を誇っています。景観保全にも気を配っていて、屋外広告物規制を設けており、広域農道沿いのコンビニの看板も丈が低くしてありました。

市内には83の大小さまざまな区(人口数百~数千人程度)があります。公共施設としての公民館は、中央公民館と5つの各地域(旧町村)公民館があります。その他に、それぞれの地区が設置運営する99の地区公民館でオリジナルの社会教育活動をしています。さすが社会教育が伝統的に盛んな長野県だけあります。多くの区は法人化されていて、区民から年間数千円~2万円弱程度の区費を集めて運営しています。組織として、高齢化や加入率の低下が課題となっているようです。
安曇野市ではこれらの区を合併前の旧町村単位にまとめてそこに地域区長会長を置き、5人の地域区長会長が集まってほぼ毎月、区長会理事会と正副会長会議を開いています。行政からの区への支援としては、世帯割と均等割からなる区等交付金、ごみ収集や減量への補助金、自主防災組織防災活動支援補助金、地区公民館や集会所の新設・改築などへの補助金のほか、地区や市民活動の立ち上げや活動支援のための“地域力向上事業交付金”と“つながりひろがる地域づくり事業補助金”などの資金的支援があります。その他支援の一環として、市民協働事業提案制度や、中学生議会の開催、まちづくり出前講座、まちづくりフォーラムの開催、信州大学との連携協定などがあります。
安曇野市の資料を見ると、協働の考え方や区の定義、区長会の目指すもの、行政の支援の内容などが、わかりやすく整理されており、整理・記述の大切さを再認識させられました。安曇野市では、市民、議会及び行政の役割や責務を明確化し、三者の関係や市民相互の関係などルールを決める「住民自治」を目指し、市の最高規範である「安曇野市自治基本条例」の制定に取り組んでいるところです。
一日目は、宮澤市長をはじめ行政担当の方から説明をいただき、二日目は市川区長会長をはじめ5人の地域区長会長さんと東浦のメンバーとの間で忌憚のない意見交換をさせていただきました。時間ギリギリまで丁寧に対応をいただき本当に感謝しています。

 P1070463_640x480 P1070465_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/27

自然環境学習の森 保全育成の会のみなさんがつくったお米です。

自然環境学習の森でとれた無農薬の手作り米を試食しました。あまくてモチモチしています。籾まではすべて手づくり、精米は機械を使いました。

10403655_972878682727731_57640615_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/26

各地区住民懇談会のまとめ

10月から11月にかけて、町内各6地区を回って開催してきた「住民懇談会」の記録(質問や意見のまとめ)が東浦町のホームページに載っています。

Juuminkondankai20141016table

それぞれの地区で、まず、私から住民参加と協働の必要性についてお話しし、区長さんから地区のテーマと言う形で問題提起してもらい、そのあとは会場の出席者との間で質疑応答をしました。私がお話しした「住民参加と協働の必要性」についてはhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/02hishokoho/documents/tyoutemasiryou.pdfをご覧ください。

石浜地区では、区画整理によって新たに開発された中央地区でコミュニティが成立していないことが問題になりました。幸い、出席者の中から「住民懇談会終了後に、中央地区の人は残って話し合いませんか?」と言う発言があり、思いもよらず、コミュニティづくりのきっかけになりました。今後の進展を期待します。

明日から、各地区の区長さんたちと、長野県安曇野市を訪れます。地区の課題解決のしくみについて事例を学んで来る予定です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/11/25

木々が色づいてきました。

きのうまでの三連休は、穏やかな良いお天気でした。於大公園の木々もこのところ急に色づいてきました。

Dsc_1978_800x600 Dsc_1981_600x800 Dsc_1973_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/24

於大公園でプレーパークを開催しました。

11月23日、於大公園で、自己責任で自由に遊ぶ「プレーパーク(冒険遊び場)」を開催しました。場所は、バーベキュー広場の下の斜面。知多市でプレーパークの活動をしているNPO法人新青樹の協力を得て、東浦町内で初めての試みです。

朝10時にオープン。ちょうど連休でお天気も良かったので、公園に来ていた家族連れがたくさん参加してくれました。気の向くままに好きなことをやって遊べばよいのですが、一応前もって、木の枝からぶら下がったロープやブランコ、ハンモック、竹で造ったすべり台、木工具やペンキなどあり合せのもので”遊具”が配置してあります。火があるので焼きいもや焼マシュマロも自由にできます。せっかくの機会なので、親はなるべく干渉しないようにして、子どもたち同士で思いつくまま「わんぱくに」遊んでほしいです。

焚き火、木登り、穴掘り、水の掛け合い、なんでもありだと思います。昔はあちこちに資材置き場なんかもあって楽しかったですね。ツボケに乗って、農家の人に怒られたりもしました。家の前のドブではフナやドジョウがいっぱいとれました。
子どもたちが、異年齢同士で遊んで、自分で試行錯誤を繰り返すうちに、創造性や危険予知能力、合意形成力など、「生きる力」が身に付いて行くのだと思います。

今の公園は、規制が多すぎます。これは、管理者の過剰反応もありますが、地域からの苦情や保護者からの管理責任追及が行き過ぎている面もあります。
地域でゆるく見守りながら子どもたちが元気にのびのびと育つ環境をつくりたいものです。これから、子どもが自己責任で自由に遊べる冒険遊び場を、皆さんの理解を得ながら設置していこうと考えています。あれはダメ、これはダメと言わない見守り役(プレーリーダー)も欲しいところです。
今日のような体験会や講演会を通じて、地域や保護者の理解を広げていきたいと思います。

Dsc_1952_800x600_2

 Dsc_1939_640x480 Dsc_1942_640x480
 Dsc_1945_640x480 Dsc_1956_640x480
 Dsc_1960_800x599 P1070386_640x480
 P1070438_640x480_300x225 P1070389_640x480_2
 P1070440_640x480 P1070441_640x480

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/11/23

芸術の秋を満喫

東浦町美術展の表彰式がありました。
芸術は人生を豊かにすると思います。私には絵心歌心はありませんが、公園でスケッチをしている人やキャンバスを広げている人を見ると本当にうらやましいと思います。近ごろ水墨画の出品が増えてレベルも上がっているようです。他のジャンルの方、新しいジャンルの方も切磋琢磨して、層を厚くしていただければと願っています。
表彰式では、主な受賞作品について審査員からの講評がありました。今回は全体の傾向として明るい作品が多く、訴えたいものがよく表現されているとのこと。ちなみに、町長賞がありますが、私は審査に加わってはいませんのでご安心ください。

町長賞・・・鈴木佳代さん 「画室」
独特のグリーン、整理された構図、絵の具の塗り込みがしっかり。四角いものと丸いもの、植物などがリズム良く配置されている。

P1070407_600x800_3
町議会議長賞・・・阿知波とし子さん 「鳴門」
最近の水墨画は山水画以外の題材が増えてきた。絵にするのがとても難しい渦を上手くとらえている。

P1070375_600x800

教育委員会賞・・・松井俊子さん 「早春の戸隠」
のびのびとした力強いタッチ、中心に重みを感じるようにしっかり描き込んである。周辺をぼかすと遠近感が出るが、描き込んで弱める技術を高めたい。

P1070404_800x600

商工会長賞・・・武田伏三男さん 「三保の松原」
水彩画、遠景に優しい色を使って、遠近感を出している。遠くまで細かく砂浜を書きすぎている。

P1070428_800x600

中日賞・・・水野ヒサヨさん 「わらのかかし」
案山子を運ぶ童話的な光景。遠近の筆づかいや色の微妙なタッチに気を配りたい。

P1070429_600x800

文化協会賞・・・佐藤一夫さん 「群る」
水墨の作品。30号に鯉が40匹。鯉を1匹ずつ紙に描いて置いてみて、構図を決めたそうだ。

P1070376_600x800_2

審査員特別賞・・・小西博雄さん 「彩色 注器」
東浦中学校の美術の先生の作。温かみのあるアートな器、作者の人柄や意図が伝わる作品。

P1070374_600x800

 

午後から、文化協会前副会長でもある洋画家の野村卯さんから、作品の解説がありました。これは目からウロコでした。芸術はセンスと言いますが、ちゃんと理屈もある。描き手が効果を考えて意図的に描いているのには感心させられます。

P1070419_880x661黒の輪郭に加えて、黄色い線を入れることによって魚が浮き立ってきます。これはなかなか思いつかない描き方です。

P1070430_800x600薔薇の垣根だけでは何の変哲もない絵ですが、構図の右に立木があることによって絵が俄然締まってきます。木が効いているというか気が利いていますね。願わくば、石畳の中ほどに人影が欲しいところです。

P1070432_800x600_2身体を描くときは顔に注意が行ってしまいがちですが、手を丁寧に描かねばなりません。顔を書くときは耳を手抜きしてはいけません。それから足も大切です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/22

東浦展、東浦セミナーとおだい市、愛知駅伝壮行会

イオンモール東浦で10時に、「東浦展がオープンしました。
イオンモール東浦が開店して13年が経ちました。イオンさんの方から22~24日の連休中に地域のPRにイオンホールを使ってくださいと持ちかけられました。せっかくの有難い機会なので、役場だけでなく、地域で活躍している市民グループの協力も得て「東浦展」を開催することとなりました。
東浦の歴史、子育て、観光、健康、自然、くらしなど、各テーマ別にブースをつくって皆さんの起しをお持ちしています。 町外のみなさんも、東浦にお住いのみなさんも、東浦のことをもっと知っていただきたいと思います。

 P1070262_640x480 P1070239_640x480
 P1070251_640x480 P1070250_640x480
 P1070272_640x480 P1070241_640x480
 P1070267_640x480 P1070268_640x480
 P1070273_640x480 P1070279_640x480

ところで、まだ10時なのに、店舗の近くの駐車場はもう一杯。デパートなら、丁寧にお辞儀をされて優越感に浸りながら入店する時刻。でも、イオンモールは、専門店街は9時から、イオン東浦(ショッピングセンター)は8時の開店です。

 

この日は、勤労福祉会館で、東浦セミナーとおだい市 も開かれています。町内の元気のいいお母さんたちの自主企画です。
おだい市は、雑貨、食べ物、リラクゼーション、メイク、竹細工などなど、町内外からいろんな人がお店を出して、お客さんもたくさん集まって大盛況です。私もスプーン曲げに挑戦しました。

 P1070283_800x600 P1070313_640x480
 P1070287_640x480 P1070290_640x480
 P1070295_640x480 P1070299_640x480
 P1070302_300x225 P1070305_640x480
 P1070315_640x480 P1070316_640x480
 P1070356_640x480 P1070345_640x480

 

東浦セミナーの中に、「冒険遊び場”プレーパーク”の重要性 ~子どもの生きる力を養うために~」と題した特別講演 があります。知多市の佐布里池などプレーパークを運営しているNPO法人新青樹理事長の竹内より子さんの講演です。これは、東浦町の企画です。民間が企画・運営するセミナー会場を、行政が使わせてもらう珍しい形のコラボです。講演の要旨は  こちら をご覧ください。明日は、実際に於大公園を使って、町内初めてのプレーパークを開催します。

P1070310_800x600
他にも、心理学、ヨガ、点描画、カウンセリング、スポーツインストラクター、珈琲の入れ方に関するものなど、たくさんのセミナーが開かれています。

コーヒーの入れ方のセミナーも受けてみました。最初に生のコーヒー豆を直火で焙煎して、それからおいしいコーヒの入れ方を習います。

 P1070338_640x480 P1070339_640x480
                P1070359_640x480

 

昼少し過ぎには、愛知駅伝壮行会がありました。これまで、東浦町は町村の部で4連覇をしています。選手のうちの社会人の比重を下げるなどのルール改正がありますが、選手の皆さんが、駅伝当日に最高のコンディションとなるように、また、自信を持って実力を出し切って、未踏の5連覇を達成されることを願っています。

P1070325_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/21

花フェスタ、自然環境学習の森ワークショップ、緒川新田地区の住民懇談会など

先週から、27年度の当初予算査定が始まりました。この日の午前中は、総務課の予算査定など。
午後から、あいち花フェスタ2014 オープニングセレモニーでセントレアへ。県内各地区、知多半島の各市町から工夫を凝らした花卉のディスプレイが展示されています。

 P1070166_800x600 P1070169_800x600
 P1070171_800x600 P1070172_800x600
 P1070182_800x600 P1070183_800x600
 P1070184_800x600 P1070189_800x600
 P1070195_800x600 P1070190_800x600

東浦町の作品はこちらです。
P1070178_800x600

合わせて、物産展も開催。

 P1070204_800x600 P1070211_800x600

出発ロビーにはポインセチア1000鉢を使った大きなクリスマスツリーが飾られていました。

Dsc_1934_800x600

 

役場に帰って、自然環境学習の森ワークショップに出席。 知多半島生態系ネットワーク協議会のメンバーで東浦町自然環境学習の森について現状の評価と課題について意見交換しました。どんな里山を目指して再生していくかの考えをしっかりさせること、いかにPRして、いかに人の輪を広げていくことが、課題だと思います。

 P1070225_800x600 P1070228_800x600

 

そのあと、豊田自動織機で自動車部品組立に従事され、ボルト締めの卓越した技能が評価され「現代の名工」に選ばれた伊藤啓一氏(緒川在住)が、受賞の報告にいらっしゃいました。

 Topics_20141121_03 Topics_20141121_04

 

夜は、行政から、住民参加と協働の必要性をお話しさせていただき、地区からは災害時の避難所のあり方をテーマに、懇談をしました。きょうで、10月から各地区で行ってきた一連の住民懇談会の最終となりました。運営について地区からは、車座、膝づめで話し合ってはどうか、ネクタイは無い方が話しやすいのでは、などの意見が出ました。雰囲気が少し硬かったので、もっと自由な意見が出せるように次回は工夫したいと思います。住民懇談会の様子や発言内容については、順次、東浦町のホームページにアップしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/20

卯ノ里小学校「お話しを聞こう会」

卯ノ里小学校ではキャリア教育の一環として、5年生の総合学習で「生き方」を学ぶために、「いろいろな職業の方からお話しを聞こう会」を計画して、十数人の講師を招いているのだそうです。町長の仕事の内容や私の経験について講師を依頼されました。子どもたちの前で、自分の人生観や職業観を話すのは初めてです。お話しを30分ほどにまとめるために、朝急いでパワーポイントのスライドをつくりました。

  目次は、こんな感じ。

Unosato_ohanashi_20141120a_3

  これで始まって、

Unosato_ohanashi_20141120b_3

  これで締めくくりました。

Unosato_ohanashi_20141120c_3

町長とはどんな身分なのか、どんな職業なのかについては、よく子どもたちの前で「町で一番偉い人」みたいな紹介をされることがあります。これは正しくありません。では何と説明すればよいのでしょう。難しいところです。私は、役場と公務員について説明したうえで、「町長は役場の社長さん」と答えることにしました。

お話しの後で質問がたくさん出ました。その中で、「町長の年収はいくらですか?」という質問がありました。驚いたのは、子どもたちが世間相場というか、およその感覚を持っていることです。最初に、「50万円だと思う人」と言ったら誰も手を上げません。500万円で数人。1000万円が最も多くて、1000万円と1500万円で、ほとんどの子が手を上げました。1億円は、ほとんど手が上がりませんでした。これって、感心しませんか? どこで感覚をつかんだのでしょうか?家庭の会話でしょうか?
それから、「町民でなければ町長に立候補できないのですか?」という質問もありました。議員は住民代表として町民である必要がありますが、町長は雇われ経営者なのですから町民である必要はありません。よい質問だと思いました。

 P1240808_800x600 Img_0026_800x600
Img_0033_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/19

全国町村長大会で東京に行きました。

NHKホールで全国町村長大会がありました。
並んでいるスローガンは、右から

・道州制の導入反対
・償却資産に係る固定資産税等の堅持、車体課税の見直しは代替財源確保が前提
・歳出特別枠および別枠加算の堅持、地方の一般財源総額の確保
・東日本大震災からの早期復興、全国的な防災・減災対策の強化
・人口減少を克服し、活力ある地方の再生
・田園回帰の時代を拓き、都市と農山漁村の共生社会を実現
・TPP交渉における国益の堅持、聖域の確保
・地方分権改革を強力に推進

地方創生に絡めてでしょう、「田園回帰の時代を拓く」というスローガンが出ています。
人口減少が問題になっていますが、過疎という言葉は、約50年前の高度成長期に作られた造語だそうです。

Dsc_1933_800x600

東京は快晴。よ~く見ると、富士山がわかります。(クリックで拡大、中央やや左)

P1070141_1024x768
秋葉原の総武線のホームにある立ち飲み牛乳スタンド。ここで乗り換えるときはよく立ち寄ります。全国のご当地牛乳が勢揃い。牛乳総選挙で一番人気だったのは信州安曇野牛乳だそうですが、店員さんのきょうの個人的なおすすめは、福島の酪王牛乳。「写真撮っていい?」と聞いたら、わざわざ開けてないのをもう一本冷蔵庫から出してくれました。

P1070160_800x600

P1070162_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/18

久松潜一先生 生誕120年記念 うのはな館秋の企画展

東浦町出身の久松潜一先生は、万葉集の研究家として全国的にその名を知られる国文学者です。久松先生の生い立ちから、研究者・教育者としての業績の数々をうのはな館の展示で紹介します。

Hisamatsusenichi2014a

Hisamatsusenichi2014b

関連イベントとして、11月20日(土)には久松先生に関する「子ども歴史教室」、11月29日(土)には「久松先生の業績に触れる」を企画しています。

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/unohana/akinokikakuten.html
をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/17

一般県道刈谷大府線開通式と、「刈谷境橋」と「五箇村橋」の渡り初め

11月15日に、刈谷市と共催で、刈谷市と東浦町を結ぶ新路線の開通式を行いました。大村知事をはじめたくさんの来賓の方々に出席していただきました。

尾張と三河を隔てる境川、逢妻川にかかる境橋、刈谷橋は、昭和9年3月に竣工しました。両橋は、重厚な8角形の橋搭から、昭和のレトロな雰囲気を感じることができ、ぜひ、後世に残していきたいところですが、残念ながら、橋の老朽化と境川流域の河川計画に対応するため、新しい橋への架け替えが急務となりました。平成15年に愛知県の事業として着手され、「刈谷境橋」と「五箇村橋」の完成により、本路線の開通式を迎えることとなりました。
刈谷市と東浦町は、刈谷城、緒川城の城主である水野家ゆかりの地として歴史を共有しており、現在においても、尾張と三河の垣根を越えて、衣浦定住自立圏協定を結び、医療の連携やコミュニティバスの乗り入れ、公共施設の相互利用を進め、住民生活に必要な施策の充実に努めています。両市町を直接結ぶ新たな路線ができることは本当に喜ばしいことです。
しかしながら、開通により、交通の流れが大きく変化することが考えられます。特に尾張側の橋の取り付けが南に移動し、東浦町の森岡地内への交通流入による混雑が心配されています。森岡市街地では交差点改良事業を進めていますが、すぐには完成しません。周辺の交通を快適なものにするには、道路管理者、利用者、地域住民の協力が欠かせません。ぜひ、本路線が、刈谷市と東浦町、更には大府市を含む周辺市町の住民が心豊かに暮らせる懸け橋となることを期待しています。

 Kariyaohbuline20141115aKariyaohbuline20141115d

 Kariyaohbuline20141115bKariyaohbuline20141115c

午後から風が吹いて冷えてきました。開通式は、まず東浦町立森岡小学校と刈谷市立亀城小学校の金管演奏で始まりました。このあと主催者と来賓の祝辞、テープカット、久寿玉割りと続く次第でしたが、風が強くて久寿玉が先に開いてしまうプチハプニングがありました。

 P1060941_640x480 P1060942_640x481

刈谷側から橋を渡ります。刈谷境橋は、堤防を隔てて並行して流れる逢妻川と境川を一気に跨ぐ橋です。左下の写真は、橋の中ほどから下流を見たところです。左が逢妻川、右が境川です。右下の写真は上流側を見たもので、右が刈谷橋、左が境橋です。両橋は間もなく通行止めにされ、解体作業に掛かります。

 P1070002_800x600 P1060994_800x600

境川を渡ると東浦町で、すぐに五ヶ村橋を渡ります。橋の銘鈑は森岡の小学生に書いてもらいました。

 P1070009_800x600 P1070006_800x600

橋を渡り切ると衣浦西部線との交差点がありますが、ここを直進すると森岡の市街地に入ります。

 P1060953_800x600 P1070022_800x599

まもなく撤去される旧橋の様子です。古いながら昔のデザインは本当に味があると思います。右下の写真に新しく架けられた刈谷境橋が写っています。

 P1060901_640x480 P1060909_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/16

ため池の掃除、消防訓練、新嘗祭

午前中、厄松池の掃除をしました。久しぶりに朝から、草刈りに汗を流しました。アシが伸びて沖まで少し広がったようです。ヘドロに足をとられて刈れないところもありました。刈った草や落ちているゴミを少年野球”ホワイトベアーズ”の中学生たちが、かき集めます。彼らは、午後からも自然環境学習の森でボランティアをしたようです。お疲れさまでした。

 P1070040_800x600 P1070052_800x600
 P1070062_800x600 P1070071_800x600
 P1070076_800x600 P1070074_640x480

北部グランドで消防団が消防訓練をしました。300mほど離れたところまでホースを運んで繋いで、小型ポンプを使って火元を消すまでのタイムを計測します。

 P1070085_800x600 P1070086_800x600
 P1070090_800x600 P1070096_800x600
 P1070101_800x600 P1070105_800x600

そのあと、村木神社の新嘗祭に出席させていただきました。ここの濁り酒が美味しいのですが、残念ながら車で来てしまったので直会はお茶です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

子どもたちのまちづくり

12月13日(土)・14日(日)に予定している「こどものまち東浦にこにこタウン」の準備です。手づくりキッザニアとでも言えばわかり易いでしょうか。毎週子どもたちが文化センターに集まって、開店に必要なものを作っています。

 P1060865_640x480 P1060870_640x480
P1060866_600x800_2
 P1060872_800x600 P1060874_640x480

こどものまち」とは・・・

子どもたち自身が主役である「まちの住民」になり「遊びと体験」を通してまちをつくり、社会の仕組みを学びます。
そこには・・・学校、銀行、ハローワーク、食べ物屋さん、放送局など、子どもスタッフが考え、運営するさまざまなものがあります。
「まち」で働いたり遊んだりして、本物の「まち」さながらの体験をします。

●とき  12月13日(土)13時~16時30分            
      12月14日(日)13時~16時
      ※両日とも12時30分から15時まで受付

●ところ  文化センター

●対象  町内在住、在学の小中学生
      ※保護者は入場不可

●定員  各日150名 ※入場をお待ちいただく場合があります。     

●参加費  各日1人100円      

●申し込み 不要
      当日文化センター内「にこにこタウン」受付で手続き       

●問い合わせ  文化センター 電話 0562-83-9567

「こどものまち」では、開催当日にまち運営をお手伝いしてくださるボランティアを募集します。未来のまちを支える子どもたちが、小さなまちづくりを通していろいろなことを学ぶ活動に参加しませんか。

以上、詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/24shougai/kodomomachi.html
をご覧ください。

Nikonikotown20141213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/14

午前中に民生・児童委員の皆さんへの講話、午後から都市計画審議会、夜は大府青年会議所の皆さんとの懇談会

午前中は民生・児童委員の皆さんへの講話、午後から都市計画審議会、夜は大府青年会議所の皆さんとの懇談会があって、それらのスケジュールの合間に各担当課のと打ち合わせと、この日はガチガチの日程でした。

民生・児童委員さんへの講話のテーマは「地域福祉」。これもまるでESDのように、(従来の障がい者・高齢者・児童の福祉の枠にとらわれずに、)日常のくらしの中で直面するありとあらゆる課題に関わるとても広い概念です。みんなで支え合える社会を築くための前提として、地域コミュニティがしっかりしていること、住民参加と協働の大切さ、そして、地域福祉は、コミュニティやコンパクトなまちづくりなど幅広い関連があって、役所はもちろん住民もタテ割り意識をなくして様々な分野に関心を持って参加することが必要とのお話しをさせていただきました。

都市計画審議会では、東部知多クリーンセンターの建て替え計画に伴う、都市計画の変更と環境影響評価の決定が議題でした。焼却炉の規模や環境アセスメントは専門家でも議論が難しい分野だと思います。公募委員の方々から基本的な事項を確認する質問がたくさん出されました。両議案とも可決決定の答申をいただきました。

大府JCとは、大府市長さんも交えて毎年、アットホームな懇親会をさせていただいています。お話しさせていただく中で、行政のまちづくり活動とどう協働できるかや、単年度で運営するJCの活動をどのようにして息の長いまちづくり活動につなげていくかが課題となっていました。皆さん方の若い力で、それこそ地域福祉も含めたまちづくりの諸問題に取り組んでいただけることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/13

緒川小学校でユネスコ会議のエクスカーションがありました。

持続的な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ会議のエクスカーション(遠足・現地学習)として、海外からの会議参加者が緒川小学校を訪れ、オープン教育を見学しました。町長として以下のようなご挨拶をさせていただきました。

東浦は、徳川家康の生母 於大の方が生まれた所です。彼は、江戸(今の東京)に徳川幕府を開き初代将軍となり戦乱の世を終わらせた人物です。私は東京で東浦の紹介をさせていただくときは、「歴史に“If”はありませんが、およそ500年前に、もし東浦に於大の方がお生まれにならなかったら、この大都会は存在しなかったかもしれません。」と言うことにしています。

ここ緒川小学校は、37年前に、オープン形式の校舎に建て替え、以来、「オープン教育」を行っています。ここの特徴としては、教科の枠にとらわれない総合学習と、子どもたちの自主性を重んずる個別学習、地域住民も参加・協力して地域と共に学び合うことが挙げられます。ですから、ESDという概念が入ってくる前から、環境問題をはじめとする様々な社会問題を日常の学習の中に取り入れていく素地を持っていました。

平成22年度からはESDに注目し、全学年でESDカレンダーを作成して、「自然とのつながり」「社会とのつながり」「人とのつながり」を柱にした教育を計画的に進めており、平成25年度にユネスコスクール最優秀賞を受賞することとなりました。実社会では、必ずしも「一つの正解」が存在するわけではありません。討論・スピーチでの学び合いや、仮説を立てて、多面的、総合的に考える力を養う教育を目指しています。

そんなESDとのご縁があって、世界各国からのみなさんが東浦町、そして緒川小学校にお越しいただいたのは、この上なく光栄で喜ばしいことです。短い時間ですが、緒川小学校について心行くまでご覧になって、また、児童たちとも交流をしていただければ幸いです。

 P1060827_640x480 P1060835_640x480
 P1060841_640x480 P1060844_640x480

参加者のみなさんは授業の様子を見た後、児童と給食を楽しんで、次の訪問先の愛知商業高校に向かいました。
写真はカンボジアの方とスウェーデンからいらっしゃったご夫妻。子どもたちが授業に集中していること、教師との双方向のやり取りが活発になされていることを感心されていました。

P1060846_640x480

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/11/12

連休中はイオンホール 東浦PRイベントへ

Aeonhigashiuraex20141122

開店13周年を迎えるイオンモール東浦で、東浦のイイトコをたくさん紹介する「東浦展」を開催することになりました。行政やボランティアの活動を紹介する展示会のほかに、さまざまな体験ができるコーナーも用意しています。初日には「おだいちゃん」も登場します。
11月の終わりの3連休は、ぜひイオンモール東浦へ遊びに来てください!

 日時  11月22日(土)~24日(月・祝) 10時~17時
 場所  イオンモール東浦 2階 イオンホール
 主催  東浦町
 
 
 入場無料です。
 お問い合わせは、秘書広報課 電話0562-83-3111 内線223 まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/11

これ、行ってみたい!!

行ってみたいですねえ。高いところは好きなんです。
世界中の足がすくみそうな高いところを紹介するサイトがあります。

Step_into_the_void
高所恐怖症の人は要注意!思わず足がすくむ世界の高い所10選だそうです。
→ http://blog.compathy.net/2014/06/06/10-terrible-high-places/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/10

持続的な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ会議が始まりました。

11月10日~12日、持続的な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ会議が愛知・名古屋で開催されます。日曜日の夜は政府主催のレセプションパーティーに地元市町村長として出席しました。
ちなみに町内にはユネスコスクールが2校あります。そのうち緒川小学校はEducation for Sustainable Developmentの取り組みが評価されて「ユネスコスクール最優秀賞」を受賞しています。

P1060754_640x480

そして、昨晩に続いて県知事主催のユネスコ会議歓迎レセプションでした。
国際会議場のアトリウムのフロア全体を使った立食パーティーで、日本酒や名古屋めしをPRするコーナーもあって、九平次など、よりどりみどりで地酒を楽しめるコーナーは、人気を博していました。

P1060776_800x600 P1060786_200x150P1060789_640x480P1060788_200x150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/09

東浦町産業まつり

土・日と東浦町産業まつりを開催しました。初日は好天に恵まれましたが、二日目は雨。それでも、たくさんの参加者がありました。

P1060752_640x480P1060619_640x480

今年の新しい展示は、水仲工業さんの3Dプリンター。プラスチック成型のプロトタイプづくりに使われています。可動部分のあるボールベアリングなども3Dプリンターで再現できてしまうのは驚きです。
地元産の新鮮なフルーツを使ったロールケーキ作りもありました。アマチュア無線クラブも初参加です。

P1060675_640x480P1060717_800x600P1060711_800x600

鶏飯やうどん屋さんに加えて、洋食屋さんやエスニックなどフードブースが結構充実してきました。

P1060692_800x600P1060685_800x600P1060629_640x480

こちらは、新発売のミニトマト大福。どれどれ、味見してみよう。

P1060744_800x600

役場若手職員による謎解きRPG『ガウラーの危機!~失われた仲間を探し出せ~ 』、今年も大盛況。

P1060707_800x600P1060708_640x480

ステージイベントもやってます。最近キッズダンスが増えてきました。

P1060700_800x600P1060720_640x480

東浦ぶるさとガイドのブースでは、歴史のテストをやっていました。一日目は簡単だったけど、二日目は結構難問。ヒントをもらったおかげか?何とか全問正解でした。

Hurusatoguide_test2014P1060730_800x600

福祉まつりも同時開催。博士が照れながら?認知症〇×クイズをしてました。福祉センター前の駐車場ではバザーをしています。

P1060639_640x480P1060649_640x480P1060654_640x480P1060655_640x480P1060663_640x480P1060645_640x480

ほかにも、たくさんの見どころがありました。

P1060725_640x480P1060727_800x600P1060683_640x480P1060681_640x480P1060671_640x480P1060670_640x480P1060632_640x480P1060620_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/08

自然科学講演会『生活に役立ち明日を拓く有機ケイ素化学』 のご案内

Organosilicon20141130

お風呂の目地やシリコンスチーマー、コンタクトレンズなど身の回りの生活用品をはじめ、自動車の部品などの工業製品にも使われている身近な「ケイ素」。ケイ素は岩石などの無生物に特徴的な元素で、地球上で25%を占めています。Si-C 結合とは?今や生活になくてはならない人工物質である「有機ケイ素化合物」についてわかりやすくお話しします。

●と き 11月30日(日) 13:30~(開場 13:00~)
●ところ 文化センター
●対 象 中学生以上の方
●定 員 200名 ※事前申込制
●講 師 筑波大学名誉教授 細見 彰(ほそみ あきら)氏
●参加費 無料
●主 催 町教育委員会
●申し込み
 11月4日(火)午前8時30分から問い合わせ先へ(電話申込可)
●問い合わせ 文化センター(☎0562-83-9567)へ

[細見彰氏略歴]
1970年 京都大学大学院工学研究科合成化学専攻博士課程修了
      東北大学理学部化学科助手、長崎大学薬学部教授を経て
1990年 筑波大学大学院化学研究科教授
2005年 筑波大学名誉教授称号授与
      有機合成化学会賞、日本化学会賞など、受賞多数

講師の細見彰先生は、私の学生時代の指導教官だった方です。有機化学の世界にはネームリアクションという言葉があります。これは新たに発見・開発した化学反応に(発見者の功績にちなんで)発見者の名前を付けたものです。(物理でもニュートンの法則とかドップラー効果とか、人名の付いたものがありますよね。) 細見彰先生の発見された化学反応の中に「細見・櫻井反応」と名づけられたものがあります。この反応は応用範囲が広く医薬品合成などに活用されています。
講演では、炭素とケイ素の類似性と違い、ケイ素を有機化合物に組み込むことでどんな性質の変化が起こるのか、それが私たちの生活にどう役立っているのか。自然界に存在しない(人工的にしかつくれない)有機ケイ素化合物の化学を、一般にもわかりやすくお話しいただけることと思います。

 

Homeperiodictablemext
  http://stw.mext.go.jp/common/pdf/series/element/element_a7_2_22L.pdf

・・・シリコン生物は、存在するのか?・・・
元素周期表で、炭素(C)とケイ素(シリコン Si)は同じ縦の列で上下に隣り合っています。これは化学反応に関わる最外殻(原子の表面)の電子数(電子状態)が同じで、化学的な性質が似ていることを意味します。
炭素とケイ素は4価(結合の手が4本)で他のたくさんの原子とさまざまなバリエーションの高分子化合物をつくることができます。それらの高分子化合物がさらに複雑に絡み合って、生命体を形作っています。炭素は生命体を構成する主役となる成分なのです。
一方、炭素の代わりにケイ素を主成分とする生命体はまだ発見されておらず、いまだにSFの世界の中だけにあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014/11/07

3Dプリンター

7月の末に名古屋大学に行く機会がありました。豊田講堂で、障害物をよけて自走する車などの展示をしていました。
こちらはの骸骨は、3Dプリンターで作ったもの。最近、3Dプリンターの急速な進歩で、複雑な形の物体(立体図形)を簡単に複製できるようになりました。これは医学への応用例で、血管などの組織をプラスチックで複製したものです。

 P1040259_800x600 P1040258_800x600

 P1040254_800x600 P1040256_800x600
 P1040255_800x600_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/06

プレーパークしよう!!

東浦町では、木登り、穴掘り、水遊びなど子どもが自由に遊べる公園づくりや、子どもを地域ぐるみで見守り、育てるしくみづくりによる、「ひとが育つ元気なまち」を目指し、冒険遊び場(プレーパーク)の設置について、今後住民の皆さんと検討していきたいと考えています。

とは、自分の責任で自由に遊ぶことをモットーに、子どもが自ら『遊び』を作りだす場所です。

『あぶない!きたない!うるさい!はやく!』など、大人から制限されないため、子どもの自主性、やり抜く気力、創造力、協調性、思いやりなどを育みます。地面に穴を掘ったり、木に登ったり、何かものを作ったり、落ち葉やどろんこや自然の素材を使って、自分のやってみたいことを実現していく遊び場です。服の汚れも気にせず、多少のケガも気にせず、遊びに没頭できることの喜びを体験してみませんか?

詳しくは、
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/17toshiseibi/18kouen/pure-pa-ku.html
をご覧ください。

 

◇■◇お知らせ◇■◇

プレーパークについて、みなさんの理解を深めていただくため、講演会とプレーパーク体験会を実施します。ぜひご参加ください!

1 講演会

(1)日 時 平成26年11月22日(土) 午前11時15分~正午
(2)場 所 勤労福祉会館2階 
(3)講 師 特定非営利活動法人 新青樹 理事長 竹内より子氏
(4)内 容 『冒険遊び場“プレーパーク”の重要性~子どもの生きる力を養うために~』
 ※本講演会は、同日に勤労福祉会館で行われる『おだい市&東浦セミナー』の企画の一部です。
(5)申 込 不要。当日、直接会場へお越しください。参加費無料。

2 体験会

(1)日 時 平成26年11月23日(日) 午前10時~午後3時
(2)場 所 於大公園内 
(3)内 容 子ども達が自由に遊べる『プレーパーク』とはどんなものか、実際に体験できます。「自分の責任で、自由な発想で、自由に遊ぶ」「ケガと弁当は自分持ち」といった理念のもと、みんなで一緒に遊びませんか?
(4)申 込 不要。当日、時間内に於大公園へ直接お越しください。参加費無料。
(5)持ち物 飲み物、タオル、着替え等。※汚れてもいい服装でお越しください。
(6)その他 小学生4年生以下のお子様は、保護者同伴でお越しください。

プレーパークは子どもが自分の責任で好きに遊ぶ場所です。多少のケガをすることがあるかもしれませんが、そうした体験は子どもの経験として蓄積され、本当の危険から身を守るのに役立つものとなります。プレーパークの趣旨をご理解の上で、ご来場ください。

Playpark20141122a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東浦セミナー&おだい市 のご案内

11月22日に東浦町勤労福祉会館にてイベントが開催されます。名付けて「東浦セミナー」と「おだい市」の同時企画!

生産者・製作者・サービスの提供者と住民・生活者が互いに顔の見える場を設けて、まちの元気につなげようと、一芸のある方たち、一風変わった方たち、ちょっとした特技のある方たちが集まって企画しちゃいました。住民自主企画です。

東浦セミナーとは・・・
教えたい人が教え、学びたい人が学ぶセミナー。講師の方々もイベント価格で楽しく教えてくれます。

おだい市とは・・・
於大の方(家康のお母さん)の名前からとった、フリーマーケット。生産者や製作者の顔が見れるマルシェです。癒し系の出店者もいるので、こころと体を元気にする市場になるでしょう。

まだ、出店者枠が空いています。ご興味ある方、詳しくは以下をご覧ください。

  ”東浦セミナー&おだい(facebook)”
  https://www.facebook.com/odaiiti

  ”【地域密着】ゆう子の東浦探訪”
  http://yuko.shimotamari.net/?eid=1022458

Odaiichhigashiurasem20141122a

Odaiichhigashiurasem20141122b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/05

代官山蔦屋

東京の帰りに少し時間があったので、代官山の蔦屋に寄ってみた。
べつに図書館を大改装しようと言うつもりはないが、武雄の樋渡市長がこれを見て、蔦屋と組んで公共空間づくりをしようと思い立ったという代官山の蔦屋を見てみたくなった。
行ったらいきなり、その圧倒的な質感に驚いた。やっぱ、見てみるもんだ。ここはもはや本屋ではない。本も読める本も買える高級ホテルのラウンジとでも言うべきか。2階建ての3棟が「王」の字のように渡りで結ばれた探検&くつろぎの空間が広がっている。撮影禁止のマークがあったので店内の写真は控えたが、屋外の写真からうかがい知ることができるだろうか。
店内にはスターバックスもあるし、Anjinと言う名のラウンジもあって、深夜2時まで営業している。トラベルデスクやコンビニもある。それらの境目が明確に仕切られていないところがまた心地よさを生んでいるのではなかろうかと思う。Anjinでは、本格的なお酒と料理も味わえる。もちろんシートのわきの棚にある雑誌のコレクションも読むことができるし、店内に置いてある書籍を持ち込んで摘み読みしてもよい。
私は、小麦の白ビールと根菜の和風ポトフを注文して、1983年の雑誌「太陽」を読んでみた。おすすめの温泉旅館の記事は今と大して変わらなかったが、西和彦とビルゲイツが出てくるコンピュータの記事にはさすがに隔世の感があった。平日の夕方だけあって、周りの総じて若いお客さんたちは、ここを商談やビジネスミーティングの場所として使っているようだった。
この空間をどのように図書館に取り入れたのか。今度休みが取れたら九州旅行でもしてみたくなった。

P1060385_640x480

P1060387_640x480

P1060392_640x480

P1060394_640x480

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/11/04

東浦町産業まつりの今年のテーマは、『未来につながる産業まつり~みつけよう きずこう 新たなブランド~』

11月8日(土曜日)、9日(日曜日) 10時~16時(日曜日は15時まで)、
文化センター、保健センター、福祉センター、勤労福祉会館・商工会館、東浦中学校グラウンド、中央図書館の界隈で東浦町産業まつりが開催されます。
今年のテーマは、『未来につながる産業まつり~みつけよう きずこう 新たなブランド~』
さて、どんな催しが繰り広げられるでしょうか?お楽しみに!

詳しくは、東浦町ホームページhttp://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/15shoko/sanmaturi.htmをご覧ください。

新しいステージ出演は、「東浦アートプロジェクト」と健康づくり体操「1・2・3」が初出演。昨年悪天候で流れてしまった「知多娘」には今年こそ出演してもらいます。

新しい展示ブースは、わが舗の自慢のブランド品コーナーや工業部会による3Dプリンター実演(おだいちゃん人形の作製)があります。エコ対応では、使った割り箸の分別回収をします。

 産業まつりのチラシは、こちらからダウンロードできます。
   産業まつりチラシ表(PDF1018KB)
   産業まつりチラシ裏(PDF610KB)

 

また、前回好評だった、役場若手職員有志と商工会青年部とのコラボによる大人気アクションロールプレイングゲーム『ガウラーの危機!~失われた仲間を探し出せ~ 』(受付は図書館駐車場特設テント、8日のみ)をさらにパワーアップして開催します。今年もプロモーションビデオを作製しました。相変わらず意味不明です!(わたしもチラ出してます。)

Magarikado20141108a_2

Magarikado20141108b

※昨年のプロモーションビデオとPV制作のようすはhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2013/10/post-6775.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/03

よむらびカフェ 第1回目

11月2日は午後から「よむらびカフェ」に参加しました。ちょっと初めの挨拶だけのつもりが、どっこい。どっぷり浸かりました。

この日は、アイスブレイクとバックヤードツアー、そして最後にちょっと思いついたこと、やりたいこと、自分のできることを発表し合いました。次回からは本格的なブレインストーミング。今日はそのためのコミュニケーションの構築でした。参加者は、公募で出席された方14名と我々行政職員とファシリテイターの方たちでした。

ファシリテーターの加藤武志(まち楽房)さんが繰り出すアイスブレイクの方法は参考になりました。
① 円形に座って、お互いの人差指を相手の指でつくった筒の中に入れて、「キャッチ」で相手をつかむと同時に自分の人差指は逃げるゲーム。この時、「キャット」や「キャラメル」も出るので要注意。
② じゃんけんで負けた人の返事は声が小さいもんだが、小さいと罰ゲーム。負けても声は元気よく。
③ 2分間で相手に、自分のニックネームの由来、子どもの頃なりたかったもの、いまハマっていること、今日来た目的を説明。聴いた方はメモなしで、それを1分間にまとめて、説明者に返す。コミュニケーションには傾聴することが大事。

最後の発表は、グループで前もって、何に気が付いたかをお互いに伝え合ってから、一人ずつみんなの前で話しました。お互いの垣根が融けて良いコミュニケーションができました。

Yomurabicafe20141102a

Yomurabicafe20141102b2_3

いらっしゃいませ! 店員さんのお出迎えです。まずは円陣を組んで自己紹介。

 P1060549_640x480 P1060552_640x480

バックヤードツアーです。閉架書庫に入るのは初めて。普段あまり利用されていない部屋もあったりします。

 P1060554_640x480_2 P1060557_640x480
 P1060561_640x480 P1060563_640x480

もどったら、カフェタイム。最後にみんなで、図書館でやりたいこと、思いついたこと、自分ができることなどを発表し合いました。

 P1060573_800x600 P1060574_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/02

コミュニティまつりがありました。

今日はコミュニティまつり。なんとかお天気はもったようです。
自慢の作品展示、芸能大会、もちつき、バザー、フリーマーケット、コーヒーのサービス、児童館でゲームなど、地区ごとに特色があります。各地区の会場の様子です。ほんの一部を紹介します。

 P1060468_640x480 P1060479_640x480
  森岡コミュニティ

 P1060487_640x480 P1060493_640x480
  緒川コミュニティ

 P1060497_640x480 P1060501_640x480
  卯ノ里コミュニティ

 P1060508_300x225 P1060506_300x225
  石浜コミュニティ

 P1060531_640x480 P1060540_640x480
  生路コミュニティ

 P1060522_640x480 P1060528_640x480
  藤江コミュニティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/01

今日は一日雨でした。

今日は雨。
ふと頭上や足元を眺めてみると、草花についた雨の雫がみずみずしいです。

 P1060442_640x480 P1060449_640x480
 P1060455_640x480 P1060445_640x480
 P1060457_640x480 P1060459_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるキャラグランプリ2014 in あいちセントレアの開会式がありました。

空港島でゆるキャラグランプリ2014 in あいちセントレアの開会式がありました。あいにくの横殴りの雨で会場の出足はイマイチ。明日以降のお天気に期待です。
開会式のテープカットには知多半島を代表して榊原半田市長が登壇。半田のだし丸くんは総合上位で県内1位です。さて、おだいちゃんは・・・?
11月1日(土)~3日(月・祝)のイベント期間中の来場者による投票が加わって最終のランキングが決定します。

P1060402_800x600

 P1060414_640x481 P1060408_640x480
ゆるキャラPRステージの1番は豊根村のベリーさんです。愛知県でいちばん標高が高くてブルーベリーが名産の村です。(左上)
雨の中、カッパがカッパを着ています。(右上)

P1060427_800x600東浦町のブースの隣は阿久比町。アグピーは完全武装です。おだいちゃんは泥んこにならないように控えています。お姫様なので。

今日の会場はこんな感じ。企業のゆるキャラのブースもいっぱいあります。
P1060422_640x480_2

 P1060434_640x480 P1060433_640x480

 P1060432_640x480 P1060437_640x480

 

さあ、明日は、町内各地区でコミュニティまつりが開かれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »