« 選挙事務従事者に高校生アルバイトを登用します。 | トップページ | 7人の東浦高校生に投票所で選挙事務に携わってもらいます。 »

2015/04/09

緒川駅東土地区画整理事業が終了しました。

行政施工で行われてきた緒川駅東土地区画整理が終了し、3月19日に最後の区画整理審議会が開かれました。区画整理地内の保留地は完売し、換地処分登記と精算業務も無事完了しました。3月定例議会では緒川駅東土地区画整理事業特別会計を廃止する議案が可決されています。特別会計に残っている4億1,377万円余は一般会計に返します。審議会では、土地区画整理事業の経緯報告がなされ、審議会の廃止が決定されました。
平成10年に愛知県の事業認可を受けスタートして以来、17年が経過しました。この事業とほぼ同時期に武豊線と緒川駅の高架化がなされ、区画整理地内には平成13年開業のイオン東浦ショッピングセンター(現 イオンモール東浦)をはじめ、たくさんのロードサイドの店舗が進出し、この辺りの景色は一変しました。買い物はもっぱら町外に行かねばならなかった住民のライフスタイルも大きく変わりました。

 

     緒川駅東土地区画整理事業実施状況     (千円)
Ogawaekihigashi20150319_790x1891_2 

 

左の表は、土地区画整理事業の総事業費を示したものです。(クリックで拡大します。)

総事業費は合計71億円余で、主な支出としては、建物移転費が約31億円、水路築造費が約14億円、道路築造費が約7億円、上下水道やガスの敷設・移設費が約5億円、調査設計費が約5億円、整地費が約2億円などです。

その財源は、国費(補助金等)が約12億円、町費が約7億円、町債が約30億円、保留地処分金(区画整理地内の土地を売って得た資金)が約22億円などです。

この事業の経済効果、市街地形成や住民生活へ効果は、決して小さなものではないと思いますが、事業終了時における効果のまとめをしておく必要があると思います。

|

« 選挙事務従事者に高校生アルバイトを登用します。 | トップページ | 7人の東浦高校生に投票所で選挙事務に携わってもらいます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/61387583

この記事へのトラックバック一覧です: 緒川駅東土地区画整理事業が終了しました。:

« 選挙事務従事者に高校生アルバイトを登用します。 | トップページ | 7人の東浦高校生に投票所で選挙事務に携わってもらいます。 »