« ひがしうらの景観を考えるシンポジウム『ひがしうらの「まちの顔」って何ですか?』 のご案内 | トップページ | 路地を行く »

2015/07/04

地区実態点検を今年度から公開で実施しました。

昨日は地区実態点検の最終日で、午前は緒川地区、午後は石浜地区に行ってきました。
地区実態点検とは、町幹部(町長、副町長、各部長など)が各地区コミュニティセンターに伺い、区長さんをはじめ各地区の役員さんから、地区の道路・水路の新設・改修、交通安全対策、その他の要望を聴き、意見交換する機会です。今年は3日ほどかけて、緒川新田、森岡、生路、藤江、緒川、石浜の各地区のコミュニティセンターで意見交換をしたあとで、実際に現地を見て歩きました。地区実態点検でいただいた要望については、行政内部でさらに検討し、秋に、いつ頃どんな対策をするかを回答することになっています。

今回から、地区の協力をいただいて、地区実態点検を地区の役員さんだけでなく一般の住民の方々にも知っていただけるように傍聴可能としました。
そうすることによって、行政(役場)の考えをより身近に住民の皆さんに感じていただけるようにしたいのと同時に、住民の皆さんに自分たちの住む地区行政(区)のことを知っていただき、地区の住民自治に関心をもって参加していただきたいとの想いがあります。傍聴者は多くはないですが、たとえ少しずつでも地区の自治のあり方について関心を持っていただければありがたいです。将来的には、傍聴者も屈託なく議論に加われるようになればと思っています。
「お願いする側」と「やってあげる側」みたいな構図ままでは、地区の自治は発展しません。地域のためにはどうしたらいいのか住民の皆さんが自分事として議論して優先順位をつけて、役場も一緒に対応策を考えさせていただくことが第一歩だと思います。そして、ゆくゆくは、地区で一定の予算を持って、自己決定していく仕組みをつくれないかと考えているところです。

|

« ひがしうらの景観を考えるシンポジウム『ひがしうらの「まちの顔」って何ですか?』 のご案内 | トップページ | 路地を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/61800206

この記事へのトラックバック一覧です: 地区実態点検を今年度から公開で実施しました。:

« ひがしうらの景観を考えるシンポジウム『ひがしうらの「まちの顔」って何ですか?』 のご案内 | トップページ | 路地を行く »