« 夏休みを利用して体育館天上落下防止工事をしています。 | トップページ | お盆も終わります。 »

2015/08/15

戦後70年目の8月15日

正午に挙行された愛知県戦没者追悼式に出席しました。
先の大戦から70年が経ち、戦争経験者の高齢化が進んでいます。当時を生きた方たちには、私たちの想像を絶する苦難が降り掛かっていたに違いありません。二度と同じ過ちを繰り返すことのないように、この記憶を語り継いでいかねばなりません。

1945年8月15日にラジオで全国に流された玉音放送。部分的には誰もが聞いたことがあると思います。とくに後半の「堪えがたきを堪え、忍びがたきを忍び」の部分が有名ですが、全文をご存知の方は少ないのではないでしょうか。
「当時、放送がよく聞こえなくて、たぶん『国民一丸となってもっと頑張ろう!』と言う意味の放送だろう思って聞いていたら、後で戦争に負けたと知った。」と子どものころ母から聞いたことがあります。たしかに難しい文章です。
前半は、ポツダム宣言受諾に至った経緯、後半は、国民が心を合わせて平和と復興を成し遂げていくことへの誓いからなっています。

 →玉音放送の口語訳前文と音声
   http://matome.naver.jp/odai/2131332556551988801

私が生まれたのは、戦後十数年たってからです。たった十数年で、当時すでに日本は戦後の混乱から見事に立ち直り、高度成長を遂げていました。そして世界に誇れる先進国にまでなりました。私たちが豊かな毎日を過ごせるのも、みな先人たちの労苦のおかげです。
いま日本は、財政難、少子高齢化、世界における競争力低下、また、どうしたら自己主張しながら平和を守れるか、多くの難問を抱えています。
幸せな社会をつくるためには、地方こそが、知恵と汗を絞らねばなりません。そして、その社会をつくる私たち一人一人が自分事と捉えて地方自治に参加することが不可欠だと思うのです。

|

« 夏休みを利用して体育館天上落下防止工事をしています。 | トップページ | お盆も終わります。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/62093636

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年目の8月15日:

« 夏休みを利用して体育館天上落下防止工事をしています。 | トップページ | お盆も終わります。 »