« 多文化共生講座、日本語の教え方の基礎講座 のご案内 | トップページ | 羊の置物 »

2015/09/29

August 13th was Earth Overshoot Day 2015.

Earth_overshoot_day_in_2015_800x367

http://www.overshootday.org/
今年は8月13日に「自然の予算」(=自然から得られる今年分の収入)を使い切ってしまいました。我々は、12月31日までの残りの毎日を、蓄えてあった資源を取り崩し、自然が吸収しきれないCO2を排出して、損失を膨らませながら暮らさねばならないのです。

私たちの生活は地球が提供してくれるものによって成り立っています。地球は毎年、植物を成長させ、動物を育て、水を浄化し、大気中の二酸化炭素を吸収するなどして、私たちに食べ物や衣料、きれいな水や空気など、様々な資源を提供してくれています。その地球が提供する1年分の資源を、私たちは7ヶ月半で使い切ってしまいました。
昨年は8月20日だったので、1年間で1週間、”Earth Overshoot Day”(=今年分の稼ぎを使い切ってしまう日)が早まりました。

ちょっと、言い方を変えれば、
いま私たちが消費する自然資源(CO2の排出を含む)を再生・供給するには、地球が1.6個必要になります。でも、我々は一つの地球しか持ち合わせていません。

(とあるNGOのページhttp://www.footprintnetwork.org/en/index.php/GFN/page/earth_overshoot_day/から)

核戦争で地球が使い物にならなくなるのはイメージしやすいと思います。映画などの題材にもなってきました。
でも、自分たちの資源を使い果たし、徐々に地球の環境や生態系を破壊していく。そんな真綿で首が締まるような衰退・破滅はイメージしにくいです。それだけにかえって深刻なのではないでしょうか。

COUNTRIES WITH BIOCAPACITY DEFICIT
=環境収容力が赤字の国々
http://www.footprintnetwork.org/ecological_footprint_nations/によれば、
シンガポールは150倍、日本は4.5倍、人間生活の自然環境への依存が環境収容力を上回っています。

 

|

« 多文化共生講座、日本語の教え方の基礎講座 のご案内 | トップページ | 羊の置物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/62176432

この記事へのトラックバック一覧です: August 13th was Earth Overshoot Day 2015.:

« 多文化共生講座、日本語の教え方の基礎講座 のご案内 | トップページ | 羊の置物 »