« 今年は善光寺の御開帳でした。 | トップページ | カキに目がないのです。 »

2015/12/22

善光寺界隈のリノベーションとシェアオフィス

この春に、善光寺界隈の門前商店街を訪ねました。空き家や古い町家を活かして、それらを商業スペースとして使う動きが盛んになっていて、最近元気があるとのことです。
実際に、まちの中には、古い倉庫や商業ビルや倉などを改装した貸しオフィスや建築事務所や飲食店やイベントスペースが生まれています。民家を使って、海外からの旅行者もお値打ちに安心して泊まれるゲストハウスにしているところもあります。そんな仕掛け人の方々にお会いする機会がありました。

 

●荒川さん
15年前は表の参道もシャッター街だったが、10年くらい前からまちが変わり始めた。ポテンシャルはあったのだろう。
KURAを創刊した15年前に、雑誌を見た人から改装相談を受けるようになった。
雑誌に書いたことが事実として記事に固定される。それが社会の議事録となり、議論を後戻りさせない。広くPRすることによって、同じ価値観の人が集まってくる効果もある。
長野で外国人に人気なのは、何と言っても地獄谷温泉のSnow Monky(温泉に入るニホンザル)だ。
飯室さんのゲストハウス1166バックパッカーズ)のような安価に日本ならではの旅を体感できる所もできてきた。東京オリンピックの前までに4000万人の外国人が来るようになるだろう。日本は、文化、食べ物・・・どれをとっても魅力的だ。

 P1100685_800x599 P1100688_800x600
 P1100661_800x600 P1100662_800x600
 P1100665_800x600 P1100667_800x600

 

●広瀬さん
ワークショップは、やってる本人のモチベーションになる。活性化はどこからかやってくるのではなくて、自分で活性化しなくては。
地元の人が行くような店に観光客は入りたい。何かをやるより、だれがどうやって続けるかが大事。一過性のイベントにはしたくない。

CREEKSは、現在フルテナントだ。空フロアを共同住宅に改造しようとしている。自分でも改装したい人がいる。安い仲介料(宅建業)と安い改装料(建設業)のコラボが大切だ。
ボンクラかねまつ)は、古い倉庫を使って何ができるか、できることをやっている。我々は以下のことを心がけている。一緒に作業する連帯感がモチベーションになっているのだと思う。
①今あるものから始める。なくなるまえに、すぐにやる。
②違いを認める(53歳~20歳)。価値観の違いに干渉しない。どっちが儲かるかではなく、どっちが好きか。
③共有できるものを見つける。やってみせる。
④楽しいことをやる。お金が儲からないとすれば、楽しいことをやった方が充実感がある。
⑤人に知らせる。知られなければやってないのと同じ。
⑥手入れをする(人間関係も)。手入れの仕方を忘れると伝わらない。

 P1100590_800x600 P1100592_800x600
 P1100599_800x600 P1100604_800x600
 P1100696_800x600 P1100700_800x600

 

表通りはこんな感じなのですが・・・

 P1100533_800x600 P1100534_800x600
 P1100535_800x600 P1100548_800x600
 P1100544_640x480 P1100573_800x600

そこから、一、二本入ったところに、こんな空間が・・・

 P1100613_800x600 P1100614_800x600
 P1100616_800x600 P1100618_800x600
 P1100622_800x600 P1100631_800x600
 P1100633_800x600 P1100636_640x480
 P1100641_800x600 P1100646_800x600
 P1100647_800x600 P1100653_800x600
 P1100680_800x600 P1100673_800x600

|

« 今年は善光寺の御開帳でした。 | トップページ | カキに目がないのです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/61697095

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺界隈のリノベーションとシェアオフィス:

« 今年は善光寺の御開帳でした。 | トップページ | カキに目がないのです。 »