« 観光案内看板は、何のためにあるのか? | トップページ | 今日は新春の行事がたくさんありました。 »

2016/01/16

町内でキツネの生息が確認されていますが・・・

東浦の里山の生きものについて学ぶ講演会がありました。講師は、長年、野鳥観察や自然保護の活動を続けてきた伊藤岱一さん。
知多半島のキツネは1950~60年代に絶滅したと考えられていましたが、1997年に再発見されました。(おそらく、瀬戸、豊明方面から渡ってきたと思われます。)
東浦でもキツネの生息が確認され、2015年には授乳中の写真も撮影されています。同時に、ロードキル(野生動物の交通事故)も問題になっています。町内でも3年連続でキツネの死亡事故が確認されています。

P1180407_800x600

P1180411_1024x768

|

« 観光案内看板は、何のためにあるのか? | トップページ | 今日は新春の行事がたくさんありました。 »

コメント

昨夜に関ぶどう園近く、2年程前に於大公園西交差点の登り坂の竹藪でキツネを見て、本当にいるのかと思い検索して本ブログ拝見しました。
都会近郊にありながら程良い自然が残っている証左だと思います。

投稿: 石浜在住 | 2017/12/02 21:52

東浦のいいところは、ほど良く自然が残っていることだと言う人がたくさんいらっしゃいます。私も東浦の自然は大事にしていきたいと思います。狐も狸もいます。交通事故に遭うことがあるのでそれが残念ですが。

以前、知多半島の生態系に詳しい方に「ごんぎつねの子孫でしょうか?」と聞いてみたところ、その方が言うには「知多半島では一度キツネは絶滅したと思われます。その後、近年になって、東濃や尾張東部丘陵から(ちょうど愛知用水のルートを伝うように)キツネが入ってきて、自然の多い南知多あたりで繁殖して、それが知多北部まで逆流してきたのではないでしょうか。」とのことでした。私も頷けると思います。

ただ、都市部では一度減ったカラスが増えていますし、山辺では野生のシカやイノシシも増えているようです。ですから、「イコール=自然環境が改善している」とは言えないかもしれません。そういえば、最近スズメを見なくなったと思いませんか?

投稿: 神谷明彦 | 2017/12/07 17:14

本日キツネ見ました。 前にもキツネかもと思う動物を何度か見たのですが、今日は目の前に現れて確信しました。 嬉しいことですね。

投稿: 東海市民 | 2018/01/09 21:53

東海市民様
お知らせありがとうございます。
人間が世話をしなくても育つ野生の生きものが増えるとするならば、それなりの自然環境があるという査証であり歓迎すべきことだと思います。
引き続きまたの発見を期待します。

投稿: 神谷明彦 | 2018/01/09 23:20

本日、東浦町ではありませんが半田市の緑ヶ丘にて久しぶりにキツネを発見しました!
装着したてのドライブレコーダーなので日付を合わせていないのが悔やまれますが何とかキツネと判別出来て本当にキツネだったと嬉しく思っております。
段々と自然が失われている昨今、何とか頑張って生きて欲しいと願わざるを得ません。

投稿: 小田 | 2019/02/27 21:44

小田様
そうでしたか。以前は、見つかった!とニュースになるほどでしたが、だんだん定着してきたようですね。

ただ、最近、目撃情報をよく聞くようになってきましたが、カラスやイノシシやシカやクマと同様に、単純に自然が復活してきたと喜べないかもしれないのではと思うことがあります。これは根拠のない勝手な想像に過ぎませんけど。
余り増えると、昔のように害獣扱いされかねないし。エキノコックスなども要注意です。アライグマのような外来種の繁殖も要注意です。ちょっと文脈から外れた余分なことを書きました。

いずれにしても、やさしく見守ることを続けて行ければと願っています。自然に幸あれ!

投稿: 神谷明彦 | 2019/03/03 11:59

今朝4月9日のNHKラジオ第一のニュースで豊田自動織機のアニマルパス=きつねの通り道確保の保全活動が報道されていました。農免道路をはさんでアニマルパスの確保をしているということです。7:20からのニュースと7:55からのニュースで聞きました。このことはすでに何年か前にこのブログでご紹介されていたと思いますが見つけることができませんでした。

投稿: とだ-k | 2019/04/09 20:56

先ほど、半田市緑ケ丘と東浦町の境くらいでキツネを見ました。ビックリです。
知多、キツネで探したら、ここを見つけたので投稿しました。
ドラレコにも写っています。

投稿: こんどー | 2019/04/22 22:08

こんどー様
お知らせありがとうございます。
もし良かったら、ドラレコの写真を送ってください。お許しが得られれば、つれづれログで紹介したいです。

投稿: 神谷明彦 | 2019/04/24 00:30

とだ-k様

農免道路のアニマルパスについては、議員だった当時、平成21年に(石浜工業団地の関連事業で)農免道路の拡幅をしたときに議会の一般質問で取り上げました。この時すでにキツネの存在は知られていました。アニマルパスについては少し触れただけなので、議会報告には詳しく書いていませんが、この時点では道路の下にパスを通すことは行われませんでした。現在も農免道路の下にはパスはありません。
http://kamiya-a.c.ooco.jp/rep220121s2.html

「農免道路を挟んで」という意味がよくわかりませんが、アニマルパスのあるのは自動織機のコンプレッサー工場の敷地内で、自然環境学習の森から自動織機とジャパンディスプレイの間を通って上三ツ池の方へ抜けるルート上にあります。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/02/youtube-d00f.html

投稿: 神谷明彦 | 2019/04/25 17:34

>現在も農免道路の下にはパスはありません。
そうですか。聞き間違いでしょうか。訂正ありがとうございます。

投稿: とだ-k | 2019/04/29 21:32

きつね見ました。

投稿: H | 2019/07/26 20:31

am4時
場所、カフェヨシノ大府店近辺。近くに熊野神社。農道を原付で走っていたら前方を横切るキツネを見ました。間違いなくキツネでした。

投稿: H | 2019/07/26 20:36

H様
大府でも狐が見られるようになってきたのですね。
狐ではありませんが、私は、元旦に至近距離で狸に出くわしました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2019/01/post-26a4.html

投稿: 神谷明彦 | 2019/07/28 20:27

アイシン精機半田工場のエコトープ内では、タヌキが以前から見らわれていたので、定期的に自動撮影赤外線カメラを 仕掛けていたところ 今度は(8月3日)キツネが 写っていました。こんなところにもキツネが 現れるとは・・・ビックリ!

投稿: 和 | 2019/08/07 20:33

和様
投稿ありがとうございます。返信が遅くなり失礼いたしました。
こんな里山からほど遠い(橋を渡らないと行けないような)海の近くの埋め立て地で、狐が出るとは本当にびっくりです。本来の生息域とは思えないので、里地の方から工場林のようなところへ迷い込んでしまったのではと想像します。食べ物や身を隠す場所はあるのでしょうか? カラスのがいつの間に街に住みつくようになったみたいな気味の悪さも感じます。無事に山の手へ帰れることを願います。

投稿: 神谷明彦 | 2019/08/18 07:06

1月4日の夜9時半頃知多市岡田の道路で2匹のキツネが飛び出してきて同乗の息子と「あっ〜キツネ〜」って叫んでしまいました。以前からキツネの噂は聞いてましたがまさか目の前に出て来てくれるとは思ってませんでしたので嬉しかったです。もしあの2匹がつがいだったら良いなぁと思っています。人と野生動物が共存出来る環境を守っていきたいと思っています。

投稿: 日和くん | 2020/01/06 20:50

本日朝7時頃阿久比町と半田市の境界付近キツネを目撃しました(*^_^*)

投稿: 仁 | 2020/01/07 21:27

本日1月9日正午頃、知多市新舞子字郷戸でキツネ1匹を目撃しました。
ドラコレ無しの車運転中で画像が撮れず、残念です(´・ω・`)
産業道路に近く森や広い林があるわけでもなく、「何故ここに?」と疑問ですが
リアルポケモンGET気分です(^_-)-☆

投稿: 新舞子民 | 2020/01/09 13:08

日和くん様
岡田は出そうですね。新年早々狐とは。
写真を撮る時間など無かったと思いますが、尻尾の特徴などはいかがだったでしょうか?
私は昨年元旦に新年早々狸と出くわしました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2019/01/post-26a4.html

投稿: 神谷明彦 | 2020/01/11 19:02

仁 様
ちょうど日の出の頃ですね。道路を横切ろうとしたのでしょうか。

投稿: 神谷明彦 | 2020/01/11 19:09

新舞子民様
本当ですね。なぜ新舞子なんだろう。
年明けに、続けて目撃情報が寄せられていますが、急に増えるとも考えづらいし、一体どうしたのでしょうか。
お休み中に静かだったので出てきたのかなあ。

投稿: 神谷明彦 | 2020/01/11 19:15

本日夕方5時頃、とち池交差点付近で家族がキツネ見ました!
私も見たかった…。

投稿: 東浦チョーミン | 2020/01/13 17:30

1月13日 19:07 石根の三叉路で見かけました。道路右側を小走りにやってきたので
一時停止したまま しばらく見てたら(後続車がなかったので)あちらも気になったのか しばらくこちらを見てました。一瞬の事でしたので写メも撮れず、携帯を探してる間にどこかへ行ってしまいました。小柄で可愛らしいキツネでした。

投稿: 東浦町民 | 2020/01/15 14:40

東浦チョーミン様、東浦町民様、コメントを下さった皆様、読者の皆様 へ

今年になって、すでに5件の目撃談をいただきました。ありがとうございます。これらをまとめて、改めてブログにアップしました。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/01/post-f3fa6f.html

今後もキツネを目撃されたら、ご一報いただければと思います。見た場所と状況、できれば、写真や動画などの遺物があるとありがたいです。

投稿: 神谷明彦 | 2020/01/20 07:57

豊田市大林町でキツネ発見!
ドラレコに写ってるはず

投稿: キャナ森 | 2020/04/14 02:20

キャナ森様
大林町というと、田んぼはありますが山や樹林地からは離れているのでは。そこでも見られるのですね。
バッチリ移っていましたか?

投稿: 神谷明彦 | 2020/04/18 21:50

4月27日午後8時40分頃、常滑市青海中学校近くの公園沿いの道で狐と出会いました。

投稿: | 2020/04/27 20:56

4月27日の朝、青海中学校近くの公園ですか。
付近には田んぼがあって、雑木林もありますが、まとまった山林からは離れているようですね。人家に近いところでも見られるようになってきたようです。

投稿: 神谷明彦 | 2020/04/28 10:11

5月9日 午後7時29分 東浦町上永見交差点付近で道路を横切る狐を目撃しました。
ドライブレコーダーに映っているので動画もあります。

投稿: 東浦町民  | 2020/05/09 20:53

東浦町民様
お知らせ、ありがとうございます。上永見、出そうなところですね。交通事故とか起きないことを願いたいです。
もしできれば、動画をアップできると見たい方がたくさんいらっしゃると思います。

投稿: 神谷明彦 | 2020/05/16 11:21

稲沢市内。夜9時過ぎ。犬の散歩中、後ろに気配を感じたので振り返ったら真っ暗な中で小柄な動物がジッとこちらを見てました。迷い犬かと思い「こっちにおいで」と声掛けたら『ギュル、グッ、ギュッ
、、、びやぁぁぁあーん』と聞いたこともない声(遠吠えのような)で鳴きました。
その後ゆっくりと歩いて去って行きましたが『狐につつまれたような』気分。尻尾が長かった気がします。また会ってみたい。

投稿: 夏雲 | 2020/05/27 23:06

夏雲様

お知らせありがとうございます。
5月の下旬の夜9時過ぎですか。里山がほとんどない尾張の平野部でも目撃されることがあるのですね。
私はキツネの鳴き声を聞いたことがありませんが、ネットで検索するとたくさん出てきます。これらの中で、似ているものはあるでしょうか。
https://togetter.com/li/1368357
https://www.youtube.com/watch?v=OnjCC-aqYt8

キツネは突然出くわすので、犬やイタチと見間違えることもありそうですが、耳がピンと立ってる、尻尾の毛がフサフサで太い、などの特徴があります。以下は、今年、東浦町内で目撃されたスナップと動画です。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2020/02/post-d49776.html

投稿: 神谷明彦 | 2020/05/30 08:42

You Tubeの鳴き声が一番近かったです。ありがとうございました。童謡の「こぎつね」の作詞家さんも事実を知ったら驚くかもしれません。
ところで、キツネは人間に感染する『エキノコックス菌』という病原菌を持っているとか、、
コロナのこともあって、少し気になります。

投稿: 夏雲 | 2020/05/31 13:16

再び稲沢から。朝5時半。なんと!今回は親子キツネ!!
道の真ん中にお母さんらしきキツネがいます。周囲を見張っているのか身動きすらしません。2匹のこどもたちは楽しそうに何度も道を横断したり戯れたり寝そべってお母さんに甘えたりしていました。
なんとも微笑ましい風景。緊迫した日々の中の癒やしの時間でした。

最後は近所の空家に3匹とも入っていきました。(・・;)

投稿: 夏雲 | 2020/06/01 07:37

夏雲様
エキノコックスは、キツネなどイヌ科の動物が持っている寄生虫です。本来の宿主ではないヒトの体に入ると、何年もかけて肝臓や脳などに病巣をつくり死に至ることもあります。特に北海道では要注意で、「キタキツネを見てもかまうな」と言われます。
本州ではエキノコックス症の報告例は少ないですが、2年前に知多半島の野犬から寄生虫が見つかり注意喚起されたことがあります。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/02 09:58

夏雲様

短期間で二度目の目撃のお知らせ、ありがとうございます。
どうやら家族で棲んでいるようですね。ところで、近くに雑木林や畑が広がっているのでしょうか。

いったん絶滅したと考えられたキツネがまた復活していているのはとてもうれしいことです。しかし、気になるのは、なぜ増えてきたのだろうか? こんどは増えすぎないだろうか? 人間生活に近づきすぎないだろうか? ということです。

なぜか都市部で増えてしまったカラスは、ごみを散らかしたり、作物を荒らしたり、電柱に巣を作ったり、人を攻撃したり、社会問題化しています。「ごんぎつね」の話にあるように、狐もかつては害獣でした。
キツネが、せっかく時々そっと目撃できるくらいに復活してきたのだから、これからも人と程よい距離を保って、心豊かにお互い見守れる(共存できる)存在であってほしいと願っています。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/02 10:21

夜勤終わりに車ではしってたら、突然右から左へキツネが横切っていきました。長野県ではみたことあるけど、愛知では初めてみました。狸でもイタチでも犬でもなかったです。
こんなとこにキツネいるんだと。

投稿: 最近東海市民 | 2020/06/04 03:01

エキノコックスのアドバイス、とても参考になりました。

ここ稲沢は民家の集まる場所でも背の高い木が茂り、田畑も豊富にあるので
キツネが親子で棲むにはよい環境なのかも、、と思っていたら
近所のお年寄りの「キツネ、イタチ、キジ、ヌートリアそんなのもうずっと前からいるよ。最近キジがやられてたのもキツネの仕業かもしれん」という一言にショックを受けました。

キツネも生きていくために必死なんでしょうか、、
そもそもどうしてここに居座ることになったのか、、
人間との共存の可能性も含めて、より興味が湧いてきました。
共存といえば
最近、カラスはもちろん、ムクドリ?セキレイの一種(人懐っこい)その他の鳥たちもどんどん人の住む領域に入ってきている気がします。
そして雀が減ってきたような、、

投稿: 夏雲 | 2020/06/04 13:42

6月6日22時過ぎ 平池台西側入口の道路沿いで1匹のキツネに遭遇。畑の土手で枯れ草の中に鼻を突っ込んで餌を探していた様子。車を停めライトで照らしても全く逃げずに探し続けてる。場所は見晴らしも良くスピードが出せそうな道路沿い。今年に入って3回目のキツネさん遭遇に私自身驚いてます。全て夜間です。動物達の安全な生活のため豊かな緑とキツネ生息地域❣️看板などあったら 事故も少なくなるのでは…😌
 綺麗なストロベリームーンのプレゼントでした。🦊

投稿: 東浦町民 | 2020/06/08 15:25

最近東海市民様
コメントありがとうございます。東海市内で朝方でしょうか?
最近目撃談をよく聞きます。どのくらいの数が居るのか興味のあるところです。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/09 06:34

夏雲様
書かれていること、私も同感です。

昔は雀がどこにでも居たのに・・・と言う声も聞きます。理由はわかりませんが、確かに、電線の上に行列する姿をあまり見なくなったような気もします。
水辺では、ドジョウやメダカを見なくなって久しいです。一方で外来種が増えたりもしています。長い間(特に戦後数十年)の(人間生活の変化による)環境の変化が、生き物の生態を少しずつかつ着実に変えてきているようです。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/09 07:02

とても悲しいお知らせです。昨夜6/15日22時30分頃 東浦町 東が丘団地入口、とちいけT字路と上永見交差点の中間辺りで交通事故に遭ったキツネ発見😢先月から夜間にこの付近で二回も見かけたばかりなので大変ショックでした。夜間の内に別の安全な場所に移動させておいたので割と綺麗な姿で本日、午前に斎場で動物火葬してもらいました。東浦町に移住して18年、童話で有名な新美南吉さんの故郷、知多半島に暮らせるだけでも幸せでしたが代表作「ごんぎつね」で有名なキツネさんに逢えた感動と、この地で精一杯生き続けてくれてることに感謝です。あの子が子育て中でないことを祈ります。 キツネ生息地域!キツネ飛び出し注意!などの看板作っていただけませんか?

投稿: 東浦町民 | 2020/06/16 13:30

東浦町民様

翌朝に斎場まで運んでくださったのですね。ありがたいことです。
キツネの目撃情報だけでなく、ロードキルについてもいつ頃、どこで、何件ほど起きているのか関心を持っていらっしゃる方もいます。自然環境学習の森と豊田自動織機東浦工場の間には二つの森をつないで動物たちが行き来できるように、アニマルパスがつくられています。

http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2018/02/youtube-d00f.html

https://www.toyota-shokki.co.jp/csr/environment/management/diversity/

http://5actions.jp/conserve/toyotajidoshokki/

https://www2.ctv.co.jp/news/2018/04/17/4303/

ロードキル防止のために看板を立てるだけでは効果が薄いと思いますが、重要なポイントを絞って、デザインマインドあふれるものを置けば、ドライバーに対する訴求力があるかもしれません。絵心のあるご提案はいかがでしょうか。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/24 16:34

はじめまして
添付します

https://twitter.com/koneko_no_adam/status/1274020075486343169?s=21

先日の東浦町民さんのキツネさんのことが書かれています。たくさん、猫保護も頑張っておられます。このような活動をされている方がたくさんいらして、頭の下がります。。

神谷町長様、東浦のキツネの保護、地域猫活動共に、これからもよろしくお願いいたします。

投稿: ヒヨコ | 2020/06/24 20:24

お疲れ様です!神谷町長、返信下さりありがとうございます。東浦の自然環境、動物保護にも目を向けてくださっていることに感謝です…看板の件、大変嬉しい限りです。
私もド素人ですが早速考えてみようと思います。少しでも事故で命を落とす動物が減ることを祈って…

投稿: 東浦町民 | 2020/06/25 10:33

ヒヨコさま
事故に遭ったキツネをお世話してくださったのですね。

「キツネを頻繁に見かけるようになった=自然環境が蘇ってきた」とは単純に喜べないかも知れませんが、以前にも増してキツネが人里近くに出てくるようになったのは確かな気がします。
つい先日も、5月に緒川の北部中学校の西側で、夕方キツネを見かけたという話しを聞きました。犬とは違って明らかに尻尾が太くてフサフサしていたそうです。

投稿: 神谷明彦 | 2020/06/27 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 町内でキツネの生息が確認されていますが・・・:

« 観光案内看板は、何のためにあるのか? | トップページ | 今日は新春の行事がたくさんありました。 »