« 平成28年度予算案の記者発表をしました。 | トップページ | 今日は岐阜にやって来ました。 »

2016/02/20

体育協会表彰と観光協会意見交換会がありました。

体育協会表彰
長年にわたり指導に携わるなど東浦町のスポーツの発展に多大な寄与をされた方々とスポーツの各分野で全国大会に出場されるなど輝かしい成績を収められた方々に対して表彰が行われました。伝統あるスポーツから新しスポーツまで、実に様々な種目で大勢の方たちが活躍されています。フィギュアスケートでは、層の厚い愛知県で勝ち上がって全国大会に出場された方もいます。皆さんのこれからのさらなる活躍を期待します。

12734130_1667471193526884_176244678

 

観光協会の意見交換会
いつもと違って。テーブルに分かれて、地元のお菓子を食べながら、東浦の観光についてディスカッション。今日はみんな熱が入っていました。
これ、観光協会(民間)の自主企画です。役場商工振興課が事務局をしていますが、後で聞いたら、やり方について口出ししていないとのこと。住民ベースで、ワークショップ的な進め方が当然の如く行われるようになるとすれば本物ですね。そういう意味で良い会だったと思います。

 P1200139_640x480 P1200141_640x480

東浦の観光は何のためにあるのでしょうか。
単に、名前を知ってもらえばよいのか?
関心を持ってもらいたいのか?
好きになってもらうため?
住みたいと思ってもらうため?
町外の人と交流したいのか?
お金を落としてもらうため?
「観光に取り組む」という上滑りな言葉だけで終わらずに、いわゆる観光地でない東浦の観光とは何か、誰のための、何のための観光なのかを、深堀りして考える必要があります。

さて、今年度は、町のふるさと寄附が大ヒットしました。
今まで東浦は、町外から寄付をもらうことがほとんどなかったし、まちとして東浦の産品を全国に発送することもありませんでした。そういう意味では、少しは東浦に関心を持ってもらえたし、東浦の産品を好きになってもらえたかもしれません。
東浦まで来てもらったわけではありませんが、遠距離からお金も落としてもらえました。

人にこのまちを好きになってもらったり、愛着を持ってもらったり、あるいは住んでみたいと思ってもらうのに、もちろんPRは大事ですが、一番大事なことが見落とされています。
それは、魅力を発掘することと、景観を守り育てることです。

石浜のコミュニティでは「石浜探検」と称して、地元の隠れた名所を発掘して、みんなで共有するハイキングをしています。
そして、景観。東浦に特徴的なたたずまいを残し育てていかねばなりません。
看板なども、デカくて目立てばよいというものではありません。だれに何を伝えたいのか、景観にマッチしているか、よく考える必要があります。新年度予算で、村木砦などの史跡の看板を新しくしたいと思います。ふるさとガイドの皆さん、観光に関心のある皆さんにも入ってもらい、サイン計画づくりの第一歩になればと思います。

|

« 平成28年度予算案の記者発表をしました。 | トップページ | 今日は岐阜にやって来ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/63255947

この記事へのトラックバック一覧です: 体育協会表彰と観光協会意見交換会がありました。:

« 平成28年度予算案の記者発表をしました。 | トップページ | 今日は岐阜にやって来ました。 »