« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/31

今日は27年度末、最終日。

朝から、出向者や退職者の辞令交付式など、まさに年度末の一日でした。

退職者辞令交付・退任式では、退職・退任される方、お一人お一人に辞令を手渡ししました。今年度の退職者は定年9名、自己都合14名(うち保育園職員8名)の23名と、県からの出向者が2名でした。
引き続き再任用職員として役場で仕事をされる方、しばらくのんびりされる方、別の職場に移られる方、子育てに専念される方、それぞれの事情で新たなステージに進まれますが、一人一人等しく与えられた一度きりの人生です。お身体を大切に、ますますご活躍され、充実した毎日を過ごされることを心から願っています。

午後から、教育委員会の退職者辞令伝達式がありました。東浦町の小中学校を最後に退職される6名の教職員のみなさんに教育委員長から辞令が渡され、私も臨席させていただきました。

さあ、明日から新年度です。あちらこちらで机や書類の移動が始まりました。

 12938274_1300169679998628_1017684_2 12923369_1300169826665280_2081007_2

12931274_1300169946665268_8089155_2

 

※年度末のシメに、やっとブログの遅れを取り戻しました。3月半ばくらいから、後付で記事をアップしています。

『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』に参加しました。 (3/28)

私たちの住んでいる街の地下にこんな水路が!! (3/27)

図書館で、よむらびカフェと映画上映会が行われました。 (3/26)

メ~テレ朝の情報番組「ドデスカ!」の取材がありました。 (3/25)

28年度も東北の復興支援のために職員を派遣します。 (3/25)

桜情報 その2 (3/24)

桜情報 その1 (3/23)

田毎の月って、ほんと? (3/22)

スキーに行きました。 (3/21)

森岡台朝市最終回、消防団観閲式など。 (3/20)

空き家再生プロジェクト、このはな館でコンサート。午後から、自治を考えるワークショップ。 (3/19)

『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』 のご案内 (3/18)

小学校の卒業式でした。 (3/18)

3月定例議会(平成28年第1回定例会)が閉会しました。 (3/17)

東浦からたくさんの子どもたちが全国大会に出場します。 (3/16)

業務改善提案の中で優れたものを表彰します。 (3/15)

カキの季節もそろそろ・・・ (3/14)

文化協会写真同好会の写真展に出品しました。 (3/13)

東日本大震災追悼会&福和伸夫先生をお招きして防災講演会 (3/12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/30

新たに中部電力が東浦あんしん見守り隊に加わりました。

中部電力 半田営業所が、東浦町と「地域見守り推進事業に関する協定」を締結し、「東浦あんしん見守り隊」に加わりました。

Anshinmimamori20160329a

あんしん見守り隊は、配達や検針など、地域を回る仕事の多い事業者さんが、高齢者・障がい者など社会的孤立の恐れがある世帯に異変を察知した場合に、東浦町役場(明らかに緊急性がある場合は、消防署または警察署)まで、通報するしくみです。
これまで東浦町は、新聞や乳飲料販売店、ガス・水道事業者、郵便局、生協など15事業者と協定を結んできました。これに、さらに電力会社が加わって、見守り体制がまた一歩充実しました。

Anshinmimamori_15touroku

孤立死や徘徊は、高齢者や障がい者のみの世帯だけの問題ではなく、幅広い年代や複数人世帯にも広がっています。地域や近所の目はもちろん、日頃地域を巡る民間事業者から「日常業務の中で感じた異変」について連絡・通報を得ることによって、重層的な見守り体制を築く必要が出てきています。

東浦町では、東浦あんしん見守り隊にご協力いただける団体・事業者を随時募集しています。ご協力いただける場合は福祉課へご連絡ください。

※詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kenko_iryo/otoshiyori/koreifukushi/jigyo/1454930967675.html
をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/29

この木なんの木

これ、何の花か、ご存知でしょうか?
多分、聞き慣れてはいるけど意外な答えに驚かれることと思います。

Dsc_1023_800x600
ちなみに、下は枝垂れ桃の花です。似てますね。確かにモモの仲間ではあるのですけど・・・。

Dsc_1028_800x600
※答えはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/28

『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』に参加しました。

日曜日、午後から、名古屋わかもの会議が主催する『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』に出席しました。各会派の名古屋市会議員、各党の国会議員が、高校・大学の頃はどんなだったか、なぜ政治の道に入ったのかについて、それぞれプレゼンを行い、その後で、『観光・まちづくりコース』『国際コース』『防災コース』『生き方コース』『女性の活躍コース』『交通コース』『教育コース』の分科会に分かれてディスカッションをしました。
私も首長としてお招きをいただき「観光・まちづくりコース」に参加しました。結論を求めるディスカッションではありませんでしたが、若くて明るくて探究心溢れる大学生の皆さんと楽しく時を過ごさせていただきました。
私は町議会議員の頃からいわゆる“政治家”というより“一人の住民”として、まちの意思決定や政策提言に関わるなど、できることをしてきたつもりですし、今は役場の社長(経営者)の自覚をもって仕事をしています。特に地方自治においては、公共に関わる事・者を“政治”“政治家”として特別視する必要はないと思います。そこに暮らす一人一人が自分のまちの将来を自分事として考え、少しでもまちを良くしていこうとするまちづくり活動に、自然と興味を持ち関われるとするならば、そこはステキなまちになると思います。
自分なりの考えを持って行動する自律した個人がこれからの社会には必要だし、そういう若者がたくさん育ってくれることを心から願っています。

 P1200788_800x600 P1200785_640x480
 P1200794_800x600 P1200798_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/27

私たちの住んでいる街の地下にこんな水路が!!

今の子どもたちは知らないと思いますが、昔は、小川やドブが市街地の地上を流れていました。今では見当たりません。いったいどこに行ってしまったのでしょうか。

実は、道路の下などにもぐっているのです。

そんな地下を流れる水路を実際に歩いてみようと、暗渠探検を開催しました。名付けて「ワクワク!ハラハラ!地下トンネル探検会」。昨年度初回は緒川小学校区で実施しました。今年度は、卯ノ里小学校区で親子の参加希望者を募りました。

開催の趣旨は、「子どもたちの好奇心、想像力を伸ばす。川やドブがどうなっているかを正しく知る。(昔はどうなっていたかも知る。)現地体験することによって、身を持って増水時の危険性を理解する。行政の仕事を子どもたちを含む住民の皆さんに理解していただく。」ことです。

さあ、集合地点でガイダンスをして、地下潜入地点のマンホールに向かいます。西本坪地区から地下水路に降りて、阿久比川との合流点近くにある寿久茂の調整池までの約480mの地下探検です。途中、酸欠を防ぐために念のためブロアーを設置しています。

P1200651_800x600

 P1200659_800x600 P1200656_800x600

 

さあ、ここから地下潜入。一家族ごと歩いて暗さを実感してもらいます。途中で枝分かれがあったらどうしましょう??

P1200672_800x600

 P1200684_800x600 P1200694_800x600

 

途中、石灰分が溶けた鍾乳石のようなものがあったり、地下水が噴き出ているところがあったり。ちょうど、県道と交差するところで、水路は、地下埋設された水道の本管の下をくぐるために階段状の急勾配を降ります。

P1200725_800x600

 P1200705_800x600 P1200728_800x600

P1200715_800x600

 

もう少しで調整池まで出られます。出たところで、今日のおさらいと治水、防災についてのお話し、そしてちょっぴり宿題も出しました。

 P1200740_800x600 P1200746_800x600

P1200779_800x599

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/26

図書館で、よむらびカフェと映画上映会が行われました。

春の小川。菜の花と鯉と亀と。何となく長閑です。

934153_1295015833847346_57414547329

 

図書館で、よむらびカフェと映画上映会が行われました。図書館を出たところの石田公園の一画に屋台が出店、唐揚げやポテト、五平餅などを販売。
上映作品は、安城の新美南吉映画市民プロジェクト「琥珀のような空」。ヒロイン役の加藤亜美さんの舞台挨拶もありました。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=571968666312501&id=390414641134572

Dsc_1036_800x600_3

 

イオンホールでは、「硬筆30年の歩み展」が開かれていました。硬筆と言っても、割り箸を使ったり、素材も紙や布、石、せっけんなど様々。インクに相当するものも、絵の具、クレヨン、墨から、蝋や柿渋、漂白剤までさまざま。昔、某印刷会社が「水と空気以外、あらゆる素材に印刷します。」と標榜していたのを思い出しました。

 Dsc_1038_800x600 Dsc_1040_800x600
 Dsc_1043_800x600 Dsc_1041_800x600

 

文化センターでは、水墨画の展示会が開かれていました。近年、水墨画が結構盛んです。

 Dsc_1047_800x600 Dsc_1045_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/25

メ~テレ朝の情報番組「ドデスカ!」の取材がありました。

名古屋テレビの朝の情報番組「ドデスカ!」の取材がありました。東浦町のふるさと寄附について、佐藤裕二アナウンサーと町の担当者がお礼の品について紹介をしています。お礼の品で人気のカリモク家具のショールームに行って取材もしています。
放送は、3月28日(月曜日)朝7時ごろになります。乞うご期待!

 Furusatokihu20160325a Furusatokihu20160325b

ところで、昨年11月9日(月)朝9:55放送のCBCテレビの番組「まちイチ」でも東浦町が大きく紹介されました。私も出演しています。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/11/post-e913.html

Machiichitv20151021_1024x576
東浦町のふるさと寄附については、こちらをご覧ください。
http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/05/post-ae0a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28年度も東北の復興支援のために職員を派遣します。

東日本大震災の被災地へ派遣する職員の辞令交付式を行いました。
昨年4月から現地へ行っていた職員と交代で、4月1日から1年間にわたって岩手県大船渡市で避難誘導標識の整備や、自主防災組織の支援の事務に携わります。現地では前任者が、にぎやかな歓迎会を計画してくれているようです。
知らない土地で長期間、家族と離れて慣れない一人暮らしをするのは大変なことです。くれぐれも健康に留意して、活躍されることを願っています。

Hukkouhaken20160325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/24

桜情報 その2

役場の前の淡墨桜が咲き始めました。いつもちょっと早いのです。これのおかげで、そろそろソメイヨシノが咲くぞ~と気配がわかります。
でも、この桜、交差点の正面にあって、ドライバーからはよく見えるのですが、写真を撮ろうとすると意外と良いアングルがないのです。
この木は、岐阜県本巣市(旧 本巣郡根尾村)の淡墨桜のクローンです。樹齢約1500年のエドヒガンザクラで、つぼみのときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になることから、淡墨桜と呼ばれています。元祖、根尾の今年の開花予想は3月31日だそうです。

Dsc_1021_800x600
           (3月24日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/23

桜情報 その1

気の早い障戸橋界隈。満開の桜ともう散り始めた桜。
安心してください。町内のサクラはこれからです。
川沿いの於大のみち八重桜のライトアップは、4月4日(月曜日)~4月21日(木曜日)、於大まつりは4月16日(土)の開催です。

P1200548_800x602
 P1200552_800x600 P1200555_800x600
 (3月19日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/22

田毎の月って、ほんと?

日本三大車窓の一つ、篠ノ井線の姨捨付近から善光寺平の夜景です。田毎の月で知られる所ですが、田植えはまだ早いようです。

10345730_1289900651025531_868757330

935490_1289900767692186_79373336431
ところで、田毎の月とは、水を張った田んぼごとにたくさんの月が映り込むさまを表しているのでしょうが、これって、豊かな想像力の産物ではないでしょうか。
田んぼ一つ一つに映った複数の月を見るには、それぞれの田んぼの面がパラボラアンテナのように見る人に対して(ある反射角をもって)向いていなければなりません。しかしながら、水を張ってある田んぼの面はすべて水平面となります。したがって、同時に田毎の(複数の)月を見ることはできないと考えられます。
でも、「少し歩いたら別の田んぼに月が移った」「時間が経ったら他の田んぼに月が移った」「なんだ田んぼ毎に月が映し出されるんだな」と感動する。そういう意味の「田毎の月」は心象風景だけでなく実在します。
三脚を立てて時間をずらして多重露光すれば、複数の田んぼに月が反射している写真を撮ることもできると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/21

スキーに行きました。

今シーズン初スキーです。
雪不足と聞いていましたが、昨晩ちょっとだけ新雪が降ったし、意外と雪がありました。まだ筋肉痛が出ないのが恐ろしい。

Dsc_0850_800x450_2

P1200637_800x600

P1200644_800x600
ここは妙高赤倉です。標高はさほど高くはありませんが、日本海に近く雪の多いことで知られています。高校時代に友人と夜行列車でスキーに行ってた懐かしの場所でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/20

森岡台朝市最終回、消防団観閲式など。

朝、森岡台青空市に行ってきました。買い物難民対策の一つとして、41回毎月続いた朝市も今日が最終日です。八百屋さんがメインですが、ファーストフードや魚類もありますし、シルバーさんの刃研ぎ屋さんも出ています。
青空市が無くなるのは寂しい気もしますが、青空市を主催している八百屋さんがこの近くに新しい店を出店することが決まったそうです。
ここにカーポートを建てて、それをテント代わりにして継続しようという案もありました。買物支援としては、移動販売車なども考えられます。(実際に走っています。)
しかし、月に一回の市だけでは根本対策とはなりづらいので、常設型の店ができれば前進と言えるのではないでしょうか。

P1200564_800x600_2

P1200559_800x600

 P1200567_800x600 P1200570_800x600

 

消防団観閲式を行いました。消防団の皆さんのキビキビとした動きが気持ち良かったです。

P1200581_800x279

 

午後から、県営住宅自治会の定期大会に出席し、ご挨拶をさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/19

空き家再生プロジェクト、このはな館でコンサート。午後から、自治を考えるワークショップ。

午前中、ぐるぐる図書館空き家再生プロジェクトをのぞいてきました。埃だらけの古民家ですが、有志の皆さんが時間を持ち寄ってきれいにしています。SAKEと書いた箱が出てきたけど何だろう?

P1200465_640x480

 P1200475_300x225 P1200467_800x599

 

於大公園このはな館でコンサートがありました。”夢風船”という地元のグループです。
第4回 おだい市&東浦セミナーのプレイベントだそうです。

P1200480_800x600
第4回 おだい市&東浦セミナーは、5月14日(土)開催予定です。
詳しくは、https://www.facebook.com/odaiiti/をご覧ください。
(出展募集は3月31日までだそうです。)

 

午後から、文化センターで、自治を考えるワークショップを開催しました。
今年になって、「中高生」バージョン「子育てパパ・ママ」バージョン、そして、この日は「みんな混ざって」3回目です。お題は、「地域の中で交流を深めるとどんな良いことがあるか?」「交流を深めるためにはどうすればよいか?」です。中高生と大人が混ざってワールドカフェ形式でディスカッションをしました。新しい交流を作るには、思い切って自分から飛び込んでみる、なんて勇ましい意見もたくさん出ました。この日の様子は、ファシリテーションをお願いしたソーシャル・アクティの林加代子さんのブログにも掲載されています。東浦町の関連ページはこちらです。
中学生、高校生が積極的に参加してくれたので、参加者からは、中高生と親の世代で話しができて楽しかったとの感想も頂きました。ただし、ワークショップの周知が足りなくて参加者が思ったよりも少なかったのは反省点です。実際に地域の自治に携わっておられる方、課題をもってヨコ串の活動をされている方、普段かかわりの少ない方も含めて、話し合いの場が持てると良いと思います。

ちょうど、一年ほど前に「自治基本条例をつくるシンポジウム」というタイトルで、東浦の自治を自分事として考えようとして、この形のディスカッションを始めました。基本条例は自治の形を明文化するために結果としてつくるのであって、条例づくりが目的ではありません。まちの自治の機能を高めていくには、地域に暮らす住民が世代を超えてイーブンな立場で話し合える環境を、試行錯誤を重ねながらつくっていかねばなりません。自分たちのまちの自治について認識を深めるために、これからもディスカッションを重ねていきます。

P1200497_800x600

P1200504_800x600

P1200524_800x600

P1200523_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/18

『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』 のご案内

Wakamonoseijika20160327_778x291
https://www.facebook.com/events/502508899932227/

3月末の日曜日(3月27日)、これに出席することになりました。
名古屋 伏見ライフプラザで、わかもの(中学生~大学院生に準ずる年齢)と政治家(議員・首長)がディスカッションするイベントです。

以下案内文です。

https://www.facebook.com/events/502508899932227/

【参加者募集中!!】

僕たちの声を政治家に届けよう!!
難しいことは考えません。
今、思っていることを発信しませんか?

わかもの50人と実際に政治の現場で動いている政治家が『僕らの愛知・名古屋を創っていくには?』をテーマに直接ディスカッションするイベント
『わかもの×政治家~僕たちの声を届けよう』を3月27日(日)に開催します。

夏の参院選から18歳選挙権が取り入れらることになり、新たな歴史が刻まれます。
しかし、どうにも『私たち』と『政治』は遠い存在のままです。
今回のイベントでは、政治家と話すことで、少しでも『社会』『地域』に対して関心を持ってもらうことを目指します。...


参加を希望される方は、以下のURLよりご応募ください
なお、このイベントページでの参加表明のみでは、応募完了となりませんので、ご注意を。また、途中参加・退室は原則不可となっておりますが、事前に申請いただければ対応いたします。


https://docs.google.com/forms/d/1hjjXTH_qimjTVOIJ80pzTSilcGr_cP-xKxYTccgj0Hk/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

ーイベント概要ー
【日時】
2016年3月27日(日)
13時45分から17時30分
(13時より受け付け開始)

【場所】
なごや人権啓発センター 研修室
(名古屋市中区栄1-23-13 伏見ライフプラザ12階)
地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅6番出口南へ徒歩7分
地下鉄鶴舞線大須観音駅3番出口北へ徒歩6分

【募集人数】
50名

【対象】
中学生から大学院生まで、またはそれらに準ずる年齢

【応募締め切り】
3月24日(木)23:59

【参加費】
無料

【テーマ】
僕らの愛知・名古屋を創っていくには?

【分科会】
①『観光・まちづくりコース』
~名古屋ってさ、魅力ある?~【満席】
②『国際コース』
~外国人との壁、まだありませんか?~
③『防災コース』
~東海地震って、ヤバいの?~
④『生き方コース』
~多様な生き方、認めてください。~ 【満席】
⑤『女性の活躍コース』
~輝く女性、発信します!~
⑥『交通コース』
~2027年リニア開通。名古屋は変わる?~
⑦『教育コース』
~学校って、ダルいよね…~【満席】

【プログラム】
13:00~    受付
13:45~13:50 開会式・趣旨説明
13:50~14:30 各政党ショートプレゼンテーション(1政党5分。公平を期すため時間厳守)
14:30~14:35 休憩・配置転換
14:35~15:35 テーマ別討論第1部~僕たちの「まち」には、どんな問題があるの?~
15:35~15:40 休憩
15:40~16:40 テーマ別討論第2部~どうすれば「まち」は良くなるのだろう?~
16:40~17:10 話し合ったことを共有(1チーム3分)
17:10~17:20 各議員よりフィードバック(遅れが出ていたら削除)
17:20~17:30 閉会式・全体写真撮影
17:30~18:00 自由交流

【参加議員(現在の予定)】

~名古屋市会議員~
⚫自民党
ふじた 和秀議員
藤沢 ただまさ議員(現議長)
岩本 たかひろ議員
成田 隆行議員

⚫民主党
うかい 春美議員
小川 としゆき議員(現副議長)

⚫公明党
調整中

⚫減税日本
手塚 将之議員 
高木 善英議員
余語 さやか議員

⚫名古屋維新の会
塚本 つよし議員

~愛知県会議員~
⚫自民党
川嶋 太郎議員

~衆議院議員~
⚫日本共産党
本村 伸子議員

~参議院議員~
⚫無所属クラブ
薬師寺 みちよ議員

~豊橋市議会議員~
・無所属
長坂 なおと議員

~首長~
河村 たかし 名古屋市長(調整中)
藤井 浩人 美濃加茂市長
神谷 明彦 東浦町長

順次、決まり次第紹介します。

【応募フォーム】

https://docs.google.com/forms/d/1hjjXTH_qimjTVOIJ80pzTSilcGr_cP-xKxYTccgj0Hk/viewform?c=0&w=1&usp=mail_form_link

なお、本イベントは政治活動を目的としていないとともに、公平・中立を保つために名古屋市会・愛知県会(名古屋市が選挙区)・衆議院、参議院に存在する全ての政党に声を掛けております。
また、イベント開催中も特定の政党・個人の思想、意見を発信する場は設けません。

※当日メディアが入る予定です。顔などが写るのを避けたい方はお申し付けください。

たくさんのご応募、お待ちしております!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の卒業式でした。

町内の小学校の卒業式がありました。私は、卯ノ里小学校の卒業式に出席。祝辞で金子みすゞさんの「こだまでしょうか」を読ませていただきました。

Dsc_0828_300x225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/17

3月定例議会(平成28年第1回定例会)が閉会しました。

平成28年3月定例議会が終わりました。28年度予算案をはじめ、すべての行政提案が可決・決定されました。

<以下、3月定例議会に上程された議案とその採決結果です>

 [同意・承認・認定・報告]
①副町長の選任(桒原孝典氏の再任)
②固定資産評価審査委員会委員の選任(石原弘幸氏の再任)
③税条例の一部を改正する専決処分の承認(マイナンバー制度への対応)
④町道路線の認定(上割木土地区画整理地内、石浜下庚申坊宅地開発地内)
⑤藤江・生路・片葩小学校体育館天井改修工事請負契約の変更の専決処分の報告(火災報知機の増強により334,800円増額して69,562,800円に,竹内組)
⑥石浜西・緒川・森岡小
学校体育館天井改修工事請負契約の変更の専決処分の報告(照明器具の増設により2,160,000円増額して72,468,000円に,東浦土建)

①は任期満了になった副町長の再任に関するものです。議会開会初日(3月3日)に採決、可決されましたが、議決事項でない執行について議会と協議をしなかったとか、発言中のしぐさが気に入らないとか、副町長の退職金を支給しない条例が制定されていないとか、副町長の資質とは関係のない理由による反対が若干ありました。
採決の結果、①は11:4の賛成多数で、②~④については全会一致で可決・承認されました。

 

 [条例案]
①職員の降給に関する条例の制定(地方公務員法の規定に基づき、降給の事由および手続きを定める)
②職員の退職管理に関する条例の制定(地方公務員法改正に伴い、再就職先営利企業での行動を制限)
③行政不服審査会条例の制定(行政不服審査法改正に伴い、審査会の組織および運営について定める)
④行政不服審査に関する手数料条例の制定(手数料の額等を定める)
⑤職員の給与に関する条例等の一部改正(地方公務員法改正に伴い、語句の整理および給料等級別の基準となる職務を規定)
⑥職員の給与に関する条例及び一般職の任期付職員の採用等に関する条例の一部改正(人事院勧告に準じて、職員の給料および期末手当等を引上げる。町内在住職員の住居手当を増額する。)
⑦証人等の実費弁償に関する条例及び職員定数条例の一部改正(農業委員会法改正に伴う語句の整理)
⑧自治功労者表彰条例の一部改正(適当でない対象者を除外する規定を設ける)
⑨議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正(国家公務員特別職に準じて、議員の期末手当を引上げる)
⑩特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正(国家公務員特別職に準じて、町長・副町長の期末手当を引上げる)
⑪職員の給与に関する条例等の一部改正(個人番号利用法および行政不服審査法改正に伴う規定の追加・整理)
⑫母子家庭等医療費支給条例及び遺児手当支給条例の一部改正(学校教育法および母子寡婦福祉法改正に伴う規定の整理)
⑬遺児手当支給条例の一部改正(支給期間および支給額の変更)
⑭先端産業育成条例の一部改正(県の要綱改正に合わせ、有効期限を廃止)
⑮行政財産の特別使用に係る使用料条例等の一部改正(県道路占用条例改正に合わせ、道路占用料を改定)

⑥は、人事院勧告を受けて国家公務員給与が改められるのに倣い、町職員の給与を改定するものです。一般職の給料月額を平均で0.4%引上げ、勤勉手当の支給月数を0.1月分引上げます。再任用職員の勤勉手当と特定任期付職員の期末手当も0.05月分引上げます。また、災害対応などに備えて職員の町内居住を促すために、町内の賃貸住宅居住者への住居手当を、27,000円を超えない範囲で3,500円増額します。
⑨⑩は、職員の期末・勤勉手当をを引上げるのに合わせて、特別職の期末手当を0.05月分引上げるものです。
⑬は、従来、ひとり親家庭の子どもに対し月額3,500円の遺児手当を18歳まで支給していたものを、平成29年4月から、月額5,000円を5年間支給するように改めるものです。これまでの手当給付中心の経済的支援は国・県の制度や就学支援制度で受け持ち、より身近な町は、早期自立に向けた就業支援等に重点を置くための施策転換です。自立支援策として新規に始める“ひとり親家庭等自立支援給付事業”では、仕事につながる講座や資格取得の受講料、就職面接時や講座受講時の一時保育等の利用料の一部を支給します。
⑭は、県とともに、先端産業の工場を新増設する中小企業に対し交付金を交付する事業を継続するためのものです。
①は13:2で可決、⑬は10:5で可決、他の議案については全会一致で可決されました。

 

 [予算案]
①平成27年度一般会計補正予算(第5号)(ふるさと寄附の増収、契約額の確定、人件費の確定、
地方創生加速化事業など)
②平成27年度国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)(保険基盤安定繰入金の確定)
③平成27年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)(保険料の確定)
④平成27年度下水道事業特別会計補正予算(第3号)(契約額の確定など)
⑤平成27年度水道事業会計補正予算(第2号)(給与の確定など)
⑥平成28年度一般会計予算
⑦平成28年度国民健康保険事業特別会計予算
⑧平成28年度土地取得特別会計予算
⑨平成28年度後期高齢者医療特別会計予算
⑩平成28年度下水道事業特別会計予算
⑪平成28年度水道事業会計予算

新年度予算の概要についてはhttp://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/02/28-39c1.htmlをご覧ください。議会での所信はこちらをご覧ください。
①⑥⑦は13:2の賛成多数、他の予算案は全会一致で可決されました。

 

各議員の賛否など審議結果の一覧は議会HPでご覧になれます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/16

東浦からたくさんの子どもたちが全国大会に出場します。

ソフトボール、水泳、体操、テニス、アイスホッケー、チアダンスなど、全国大会に出場する皆さんの激励会を行いました。みなさんが本番でしっかり実力を発揮されることを願っています。

Sports20160316a_3

Sports20160316b_2
 第34回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会
 • 久保田 愛華さん(多治見西高1)

 第38回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会
 • 戸田 菜月さん(西部中1)

 第16回全国体操小学生大会
 • 稲垣 茉優さん(生路小6)

 第15回全国小学生ソフトテニス大会
 シングルス男子 6年生の部
 • 戸高 創さん(片葩小6)

 ダブルス男子 5年生の部
 • 外山 陽翔さん(片葩小5)
 • 遠藤 功一さん(片葩小4)

 ダブルス女子 5年生の部
 • 森田 多恵さん(片葩小5)
 • 長谷川 美羽さん(緒川小5)

 第11回風越カップ全日本少年アイスホッケー大会
 • 川合 温大さん(片葩小6)

 USA All Star Nationals 2016
 • 葛谷 夏梨さん(卯ノ里小3)

第28回中部日本個人・重奏コンテスト本大会には、マリンバ演奏で小山 真愛さん(北部中2)が出場します。心に響く演奏をしたいと抱負を語りました。頑張ってください。

Music20160316a

Music20160316b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/15

業務改善提案の中で優れたものを表彰します。

職員の業務改善提案の中で、優れたものについて、役場幹部が投票をしました。にわか選考でしたが、皆さんの意見は結構一致。

P1200146_800x598
選ばれたのは、
①「扱ってたの?こんなものリスト」
全庁で扱っている配布物などをリストにした。多寡で扱っている配布物まで知らないことが多い。研修等でも活用できる。
②「庁舎および於大公園このはな館内でヒーリングミュージックの放送」
音楽を流すという着眼点が良かった。リラックスできたという声があった。一方で雑音でよくわからなかったところも。
③「毎日を楽しく、快適に、喜びを ~分別はめんどくさい。でも、しているヤツはサイコーだ~」
職員に対してごみ出しの指定日を配信する試み。ごみ出しに限らず、市民サービスとしてメルマガを配信する等の展開が考えられる。

今後、選ばれたものについて表彰していきたいと思います。

業務改善を通じて、
日々の業務について課題を洗い出してほしい、思いついたアイディアを実践するチャンスにしてほしい、優れたアイディアを共有してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/14

カキの季節もそろそろ・・・

牡蠣好きが集まりました。たっぷりいただきました。幸いこれまで当ったことはありません。

Dsc_0807_640x480Dsc_0813_640x480
Dsc_0814_640x480Dsc_1518_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/13

文化協会写真同好会の写真展に出品しました。

文化センターで開かれた写真展に出品しました。今回は風景ではありません。お題は「小顔対決」です。

人の顔ほどデカいのは、晩王柑(バンオウカン:高知で発見された土佐文旦の自然雑種だそうです)といいます。夏みかんみたいだけど、これがとっても甘いのです。皮が厚いので、剥くのにちょっと力が要りますが、見た目の割にはとっても美味しいです。甘くて香りの強いグレープフルーツと言ったところでしょうか。

P1200390_800x600

P1200394_800x600

P1200388_800x600

会員は3点出展することになっているのだそうですが、準備するのに荷が重いということで、1点で許していただきました。出展を誘って下さって、引き伸ばしプリントもして下さるのに甘えてさせていただいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/12

東日本大震災追悼会&福和伸夫先生をお招きして防災講演会

今日で、2011年3月11日から5年が過ぎました。東日本大震災の追悼と、そして、この出来事を忘れずに毎年語り継いで、自分たちの防災を考え続けていこうということで、防災講演会を開催しました。

12801703_229467584067299_1363540976
東北地方は、この30数年くらいの間に多くの地震に見舞われています。

1978年(昭和53年)6月12日には、宮城県沖地震【M7.4】が発生しています。
私はちょうど、この年に大学生になったばかりで、仙台に住み始めて2カ月ほどのときでした。まちの北はずれにある友達の下宿で遊んでたら、小さな地震があって、その数分後にドカンと来ました。震度5ですから、3.11級の巨大地震ではありませんが、私が生まれて初めて体験した大きな地震で、今でもあの感触は覚えています。揺れが止まるまで、長く感じました。当時経験した人にどのくらいでしたかと聞くと、2分とか3分とか答えが返ってくるそうですが、実際には45秒ほどだったそうです。
自分はまちの南のはずれにある学生寮に住んでいましたので、自転車であわてて帰りましたが、途中、信号は止まっているし、水道の本管が破れて水柱が上がっていました。
寮に帰ったら部屋がぐちゃぐちゃでしたが、2か月の学生ですから、後片付けは本棚を起こすくらいで簡単でした。困ったのは、ガスも水も出ないので、食事と風呂でした。電池や食べ物は、お菓子も含めてすぐに売り切れ。風呂は1週間入れませんでした。
この時、問題になったのはブロック塀の倒壊による死者が多かったこと。仙台市内でも16人中11人がブロック塀の下敷きによる死者でした。

その後、東北地方は、
1983年5月26日  日本海中部地震 【M7.7】
1994年12月28日  三陸はるか沖地震 【M7.6】
2003年5月26日  宮城県沖(三陸南)地震 【M7.1】
2003年7月26日  宮城県北部連続地震 【M5.3~6.2】
2005年8月16日  8・16 宮城地震 【M7.2】
そして、2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震 【M7.2】では、大規模な山体崩壊や河道閉塞が起こり栗駒山麓の温泉地が大きな被害を受けました。

いくつかの地震に見舞われて、揺れにはある程度の(心の)準備はできていたのでしょうが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震では、想定外の巨大津波に対して、大きな被害を出してしまいました。

しかし、福和先生は「想定外」という言葉で片付けてはいけない。キチンと過去を調べて、現在の状況に向き合って、想像力を働かせば、いろんなことを想定できるんじゃないか。想定内を増やしてできる対策を打っていこう。と訴えていらっしゃいます。

今日は、あちこち引っ張り凧でお忙しい中、防災・減災の伝道師役を務めていらっしゃる名古屋大学減災連携研究センター長、福和信夫教授にお越しいただきお話をうかがいました。
講演の中では、「これまで歴史の転換点に地震や火山噴火が大きく関わってきたのではないか。」「我々は経済発展優先で、いかに災害に脆いまちづくりをしてきたか。」「東京・大阪の2大都市に比べて名古屋圏の強みはなにか。」「減災・克災は、我々の知恵とやる気と連携力にかかっている。」ことなどをお話しいただきました。福和先生らしく、事前にお忍びで役場の中をチェックした上での辛口トークもありました。詳しい内容は、このブログで改めてご紹介したいと思います。
おなじみの東浦防災ネットのみなさんや民生・児童委員のみなさん、東浦中学校合唱部のみなさんにもご協力いただきました。

P1200366_300x225

Bousaikouenkai20160312koushi

P1200378_800x600

P1200379_800x600

P1200382_800x600

P1200383_800x598

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/11

於大まつりは、予定通り4月16日(土)(4月17日予備日)に開催します。

於大まつりを開催できるかどうかご心配の方々もたくさんいらっしゃることかと思います。昨日、於大まつり推進協議会を臨時で急きょ開催。出席者全員の一致で、開催を決定しました。むしろ、こんな時だから、みんな心を合わせて盛大にやろう!という意見の方ばかりでした。
第23回 於大まつり、盛大にやりましょう。

Odaimatsuri20160416capture

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/03/10

昼は片葩小学校でバイキング給食、午後は幸田・蒲郡方面へ

小学校の卒業バイキング給食。6年生の卒業前に主食、主菜、副菜、スープ、デザート、それぞれ3~2種類の中から2~1種類好きなものを選んで食べることができます。といっても、2回戦、3回戦ありですから、食べようと思えば全種類制覇は可能。最後はきれいさっぱり完食でした。
となりの子が、あいつはあいつの彼女、あいつはあいつの彼氏。ところで町長は初恋いつ?などといろいろ教えてくれました。結構クラス内交際をしてるらしい~。

 P1200337_800x600 P1200342_800x600

P1200344_600x800_5
もう一つ良い事がありました。元気な女の子から「地域のごみステーションの烏除けのネットはどうすればもらえるの?」の尋ねられました。自分でごみ出しをしているそうです。「コミュニティセンターへ行って話をすればもらえるよ。」と伝えたところ、後で、子どもたち数人でコミュニティセンターへ取りに来たそうです。子どもたちが地域の環境衛生に関心を持ってくれていることは嬉しいことです。区長さんも喜んでいました。

 

幸田ものづくり研究センター主催のサイエンスコミュニティに参加。プレス屋さん(設計部門を持たない下請け自動車部品メーカー)が、自社の新製品とオリジナルブランドを開発した成功事例のお話しです。開発したのは、何と世界のバーテンダーさんに支持されるシェーカー。ミソは内部の表面研磨技術。付けたブランド名はPAR(水準)の上を行くBIRDY
東浦町からも2事業者が参加しました。質問続出で活発な講演会でした。

 

蒲郡方面に行ったついでに、昨年11月に火災で本堂などが全焼した安楽寺を見てきました。安楽寺は、久松家と於大の方ゆかりの浄土宗の寺。堂々とした山門と塔頭らしきものもある立派な寺院です。火事の原因は焚き火の飛び火とのこと。
境内はほぼ更地になっていましたが、まだ後片付けが完了していないらしく重機が置いてありました。住宅と田園の入り混じった地域にぽっかりと広い地面が見えていました。

 P1200353_800x600 P1200351_800x600
 P1200363_800x600 P1200357_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/09

堅雄堂の現在と在りし日の姿

乾坤院の火災の跡です。左上の写真は座禅堂のあったところ、右上の写真は本堂のあったところです。本堂北の高台にあった堅雄堂(下の写真中央)も焦げた柱を残すのみとなってしまいました。
堅雄堂は、1671年、当時岡崎城主の水野監物忠善が、先祖供養と曽祖父に当たる水野忠政を顕彰するため建立しました。堂の名は忠政の法名「大渓堅雄大居士」が由来です。内部には水野家代々の位牌が祀られていました。
http://www.medias.ne.jp/~kenkonin/guide/kenyudo.html

 P1200322_800x600 P1200320_800x600

P1200327_800x600

 

この下の写真は、2013年8月に開かれた刈谷城築城四八〇年記念会&水野家関係自治体サミットの翌日に、徳川宗家の徳川恒孝ご夫妻、水野勝之ご夫妻をはじめ水野家の皆さん、結城の士族会(澤瀉会)の皆さんが、乾坤院にお越し下さった時のものです。ちょうど水野さんと徳川さんが堅雄堂の中に入られて先祖にお参りされているところです。

P1120635_640x480

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/08

自治を考えるワークショップ「私たちにできること!!」 のご案内

東浦町は、住民参加、住民自治、協働によるまちづくりを推進していくため、自治を考えるワークショップを開催してきました。

2015年3月22日 自治基本条例を考えるシンポジウム「明日のひがしうらのために ~あなたが住みたいまちってどんなまち~」
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/03/post-81a3.html
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2015/03/post-ed9b.html

2016年1月30日 中高生と自治を考えるワークショップ「~君たちの意見を募集します!!~」
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/01/post-113b.html

2016年2月14日 お子さんをお持ちのお母さんとお父さんと自治を考えるワークショップ「子どもの将来が幸せであるために!!」 
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/02/post-3014.html
 http://kamiya-a.cocolog-nifty.com/turezure/2016/02/post-5f3a.html

2016年3月19日(土)には、高校生を含めて、あらゆる年齢、立場の方々のご参加をいただいて、これからの東浦のあり方など、まちづくりについて、私も加わって一緒に考えてみたいと思います。
ふだん役所とご縁のない方も、お気軽に!
(町内外、年齢を問いません。)

3月19日(土) 13時から 文化センターにて

※ワークショップとは?
同じ問題や課題に対して、さまざまな立場の人々が集まって、自由に意見を出し合い、互いの考えを尊重しながら意見や提案をまとめ上げていく場です。

Jichi_ws_20160319

詳しくは、http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/kanko_bunka/event/1456882131960.htmlをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/07

あんずが咲きました。

杏の花がほぼ満開です。(3月5日撮影)
いきなりストーブが要らないくらいに暖かくなりました。

P1200288_800x600

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/06

この土・日の出来事・・・婦人会、空き家再生、サイエンス講座、中村校長先生退官記念講演

土曜日の午前は、婦人会連絡協議会総会に出席。総会後の懇談は、車座でトーク。できることやりたいことからまずやってみようと言った前向きな発言が多くて、昨年までの雰囲気と少し変わってきたのを感じました。

 

その後、「空き家再生プロジェクト in東浦」の空き家の掃除現場に。元気な住民さんたちの新しい取り組みがまた始まります。
空家を活用した子育て親子の居場所&ぐるぐる(まちじゅう)図書館にしていきたいとのこと。楽しみです。

 P1200283_640x480 P1200270_640x480

 

午後から、町のサイエンス講座「放射線って何だろう?」「放射線を正しく怖がるように、その正体についてお話します。」というタイトルのお話しです。名城大学薬学部の田口忠緒教授をお招きして、原子核の基礎から、放射線・放射能の医学への応用まで、わかりやすく、的確で、ごまかしのない講演でした。

 P1200285_800x600 P1200286_800x600

 

日曜日は、文化センターで、片葩小学校 の中村校長先生の退官記念講演がありました。

P1200291_800x601以下の、3つのキーワードに沿ったお話しでした。
「感性」・・・幸せになれるかどうかは本人の感じるチカラ次第。
「他者意識」・・・人を思い遣るとは?
「自分基準」・・・自分の中にある規範。他者意識があれば自分基準を高めることができる。自分基準を高めていくことが道徳教育の狙いだ。

いくつか印象に残る言葉もありました。

・大人のやるべきことは、子どもたちに未来を託すことではなくて、子どもたちのために未来を残すことだ。

・子どもは悪いことをしたとわかっても、親からそれを言われたくない。親がそれ以上のことを言うと意味がないどころか逆効果。思ったことをそのまま口に出すのは必ずしも良い事ではない。

・何を言うかではなく、その言葉でどんな行動が生まれるか、行為の次を考える。

・道徳の授業の素晴らしさは、だれも考えない意見が出るところにある。

・子どもは遊びの天才。何もなくても遊べる。親が子どもの身近な楽しみを奪っていないか。親が子どもをわざわざディズニーランドへつれて行くのは、自分が楽しいから。テレビゲームも子どもの遊ぶ力を奪っている。

 P1200298_800x601 P1200299_800x602

片葩小学校では、教職を目指す大学生ボランティアを募って盛んに夏休みの補充学習等を行っています。来年度、東浦町は、片葩小学校をモデル校として、学習支援コーディネーターを配置して他の学校へ、学生ボランティアの活用を積極的に展開していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/05

徳川家康の生母 於大の方ゆかりの乾坤院で火災、歴史を伝える建物が焼失。

無念としか言いようがありません。昨日(3月4日)午後、古刹、乾坤院の本堂付近から出火、伽藍の大部分が焼失。岡崎城主であった水野忠善が、先祖菩提供養と曾祖父にあたる水野忠政を顕彰するために建立した堅雄堂をはじめ、本堂、座禅堂も全焼です。山門は、火災を免れたように見えますが、屋根裏に火が入っています。

P1200245_800x600P1200258_640x480P1200255_640x480
幸いにして、死傷者は無し。普段は名古屋市立博物館に収蔵されている絹本著色弁財天像、絹本著色諸尊集会図、紙本墨書正法眼蔵写本などの県指定文化財(絵画・書跡)
は無事でした。しかしながら、古くからの佇まいを残す建物の大部分を失ってしまいました。まるで心にぽっかりと穴が開いたようです。失って初めて、無くなったものの大きさ大切さに改めて気づかされた思いです。

思い出として、在りし日の乾坤院 本堂と座禅堂の写真を添えておきます。一昨年(2014年)の涅槃会のときに撮ったものです。

P1000981_800x600P1000993_800x600_3P1000990_800x600

 

風はほとんどなかったものの、火災の影響は、すぐ隣の於大公園や周辺の林地にも及びました。於大公園内には、火のついた木片が地面や建物の屋根に降り注ぎました。役場の職員が大勢で消火にあたり、こちらは幸い低木や下草を焼いた程度で済みました。

 P1200224_800x601P1200227_640x481

 

知らせを聞いて、今朝、東京から水野宗家(結城水野家)のご当主 水野勝之氏が、竹中刈谷市長とともに駆けつけてくださいました。水野勝之氏は、2013年8月に開催された刈谷城築城四八〇年記念会の翌日、乾坤院を訪れ、短い時間でしたが、先祖の位牌が置かれている堅雄堂にお参りされました。そのとき、また改めてお参りしたいと仰っていました。それも、もう叶わないこととなってしまいました。重ね重ね残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/04

東浦町のホームページをリニューアルしました。

3月初めから、東浦町のホームページが新しくなりました。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/index.html

新たなデザインのホームページへ移行するとともに、ホームページ作成支援システムも更新しました。

目的は、ICTを活用した、地域情報、子育て情報、まちづくりに関する情報の発信力強化、地図機能の充実、オープンデータへの対応強化と、アクセシビリティ、ユーザビリティに配慮した閲覧者にとって見やすく使い易いホームページづくりです。

以下は、新ホームページの特徴的な機能です。

東浦定住促進サイト「東浦で暮らす」
東浦町をもっと知ってもらうために、町内の様々な情報を集めた特設ページ。

みんなの掲示板@Web
住民の皆さんのさまざまな活動の応援を目的に、催事案内や会員募集など、個人や団体の情報発信に利用できる掲示板。

オープンデータカタログサイト
町のオープンデータを集約したサイト。

ィに配慮
高齢者や障害者など心身の機能に制約のある人でも、年齢・身体条件に関わらずウェブ上の情報にアクセスできるように配慮。

手続きナビゲーション
転出入、転居、出産、死亡など、暮らしに必要な手続きにチェックを入れるだけで、手続きの仕方を簡単に検索できる機能。

町運行バス「う・ら・ら」時刻表検索
バス停と日時を入力し、検索するとバスの時刻表を表示。

使い勝手はいかがでしょうか。(旧バージョンに慣れていた方にとっては、最初に不便を感じられるかもしれません。)率直なご意見をいただければと思います。

※リンク切れや、新ページへの移行に不具合が生じているようですが、見つけ次第復旧していきます。

Higasiura_town_homepage_20160301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログを後付け更新しました。

しばらくブログの更新を怠っていました。このところ帰りが遅くなることが多くて、夜遅くは眠くてうたた寝をしてしまうし、2時、3時になってしまうと今度は眠りが浅くなってしまうので、無理に更新しないことにしているのですが、それが重なるとこうなってしまいます。
改めてお詫びをいたします。

20日分ほどを後付けでまとめて投稿させていただきました。

岐阜市立図書館(みんなの森 ぎふメディアコスモス)の吉成信夫 館長のお話しを聴きに岐阜へ (2月27日)

総合ボランティアセンターの企画がいっぱい (2月26日)

北海道沼田町のタウンプロモーション (2月25日)

東日本震災追悼会&福和伸夫教授の防災講演会 のご案内 (2月24日)

中村浩二 片葩小学校長 退官記念講演会 のお知らせ (2月24日)

基本消火技術錬成会が東浦支署で行われました。 (2月23日)

警察署から犯罪と交通事故発状況の報告を受けました。 (2月22日)

今日は岐阜にやって来ました。 (2月21日)

体育協会表彰と観光協会意見交換会がありました。 (2月20日)

平成28年度予算案の記者発表をしました。 (2月19日)

国勢調査速報値が出ました。 (2月18日)

サイエンス講座 第4弾 「放射線って何だろう?」 ~放射線を正しく理解しよう~ (2月17日)

醸造の街、半田の新名所 (2月16日)

新築の阿久比町役場 (2月16日)

チョコレートの季節 (2月15日)

午前中はふれんずフェスティバル、午後から子育て中のお母さんお父さんと自治を考えるワークショップ (2月14)

きょうは、常滑のINAXライブミュージアムで、ペルジアンナイト。 (2月13日)

スターウォーズと007 (2月12日)

図書館でカフェ&コンサート (2月12日)

高齢者いきいきマイレージ Wチャンス抽選会と、2才2か月児歯科健診。 (2月11日)

学生向け中小企業説明会に参加しました。 (2月10日)

地域福祉を考えるシンポジウムを開催します! (2月9日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/03

おひなさまの季節になりました。

お雛様の季節になりました。公共施設にも、それなりに雛飾りがあるのにお気づきでしょうか。

こちらは、総合ボランティアセンター(なないろ)。食べられるチロルチョコのお雛さまです。

Dsc_0782_800x600
こちらは図書館。よむらびのお雛さまです。図書館ではあちこちでよむらびが増殖中。はたして何人いるでしょうか?

Dsc_0628_800x600

Dsc_0626_800x600

他所にはどんなお雛様がいるでしょうか? 見つけてみてください。

 

ところで、郷土資料館(うのはな館)では、現在「ひなまつり展」を開催中です。大きな建物のついた「御殿飾り」も展示しています。3月27日(日)までです。詳しくは下記をご覧ください。
http://www.town.aichi-higashiura.lg.jp/unohana/minikikakutenhinamatsuri.html

Hinamatsuriten20160327

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/02

岩手県大船渡市を舞台に繰り広げられるNHKのドラマ「列車コンで行こう」が放映されています。

岩手県大船渡市を舞台に繰り広げられるNHKのドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」が放送中。
http://www.nhk.or.jp/dsp/sanriku/index.html

Ressyacon_nhk_2016_615x454

災害復興派遣で大船渡に赴任している東浦町役場の職員もエキストラで出演しているようです。さて、見つけられるでしょうか??

本放送は、
第1回「再開」  2月27日(土)22時から...
第2回「告白」   3月5日(土)22時から
第3回「旅立ち」 3月12日(土)22時15分から

再放送は、
第1回「再開」  3月5日(土)深夜0時10分から
第2回「告白」  3月12日(土)深夜0時10分から
第3回「旅立ち」 3月19日(土)深夜0時10分から
の予定だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/01

東浦高校の卒業式でした。

東浦高校の卒業式に出席して、祝辞を述べさせていただきました。

 

 このところ暖かい毎日が続いていましたが、冬の名残か、にわかに身の引き締まる朝を迎えました。卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 「卒業」は、一つの学び、生活の終わりを意味します。と同時に、新しい生活のスタートでもあります。皆さんの中には、いよいよ社会人として仕事に携わる人、さらに上級学校へ進み学業を続ける人と、進む道は分かれることと思います。
 これからの人生をどのように歩んでいくか。高校を卒業するにあたり、一度、立ち止まって考えてみてください。

 私たちは、社会の変化に対応して、生きていける人間でなければならないと思います。私たちの住む国は、元々は貧しい国でした。地下から天然資源が湧き出してくるわけではありませんし、年がら年中くだものが成っているわけでもありません。その逆境の中で、私たちの国は働き者の国になりました。そして世界で指折りの豊かな国になりました。
 私たちの資源は「人」です。日本の将来は皆さんの活躍にかかっています。私たち一人一人が、社会が変化する中で、学び続けて、新たな価値を生み出していかねばなりません。

Ningen_oiyasuku_20160301_7

 皆さんに贈りたい言葉があります。

 これは、中国の古い言葉で、「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」と読みます。
 「少年」は男女を問わず若い人。「老い易く」は簡単に年をとる。「学成り難し」は成就することが難しい。「一寸」は、ちょっと・わずかな。「光陰」は時間の経過。「軽んずべからず」は軽く見てはいけない の意味です。
 人生は学校の勉強に限らず、社会勉強も含めて、一生、学びの連続です。時間の経つのは早いもの。今しかない一時一時を大切に過ごしてください。
 あなたたちは若くて、無限の可能性を秘めています。努力しだいで何にでもなれます。しかし、時の経つのは早いもので、ボーッとしているとあっという間に年老いていってしまいます。

 勉強する、そして経験を積むといろんなことができるようになります。皆さんには、どんどん新しい経験を積む機会があります。ぜひ、できることをどんどん増やしていってほしいと思います。そして、さらにその中で得意なこと、打ち込めることを見つけてそれに打ち込んでください。社会人になってから学びなおすことだって可能です。
 あなたたち一人一人は、決して無力で小さな存在ではないのです。自分の可能性に自信を持ってください。

 東浦高校のある地元の東浦の人たちも、皆さんのことをちゃんと見ています。そして、東浦で学んだ皆さんの活躍と幸せを願っています。
 どうか、学び続ける人、明日に向かって努力する人、夢を大切にする人、そして他人を思いやれる人、人と一緒に幸せを感じ取れる人になってください。

 さて、今度の参議院選挙から選挙権年齢が18歳に引き下げられます。自分なりの判断でだれに投票するかをしっかり考えて投票所に向かってください。選挙権は自分たちの住む国やまちの未来を自分の意思で選ぶためにあります。
 みなさん方は一人の個人として、自分たちの住むまちで、生活し、自分たちのまちのことを自分たちで考えて、決める、まさに生活者、当事者、そして主権者なのです。お金を稼ぐようになると社会を支える納税者にもなります。一人の個人として、自分なりに情報を集め、自分の意見を持ち、自分で判断する、社会の中で生きる立派な個人に育ってほしいと思います。

 最後に、保護者のみなさん、教職員のみなさん、これからも彼等を、ときには優しく、ときには厳しく見守っていただきたいと思います。

 本日はご卒業本当におめでとうございました。

平成二十八年三月一日

東浦町長 神谷明彦

Higashiura_sotsugyo_20160301con

体育館の壁には3年生が毛筆で書いた校歌が掲げられていました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »