« 於大まつりは、予定通り4月16日(土)(4月17日予備日)に開催します。 | トップページ | 文化協会写真同好会の写真展に出品しました。 »

2016/03/12

東日本大震災追悼会&福和伸夫先生をお招きして防災講演会

今日で、2011年3月11日から5年が過ぎました。東日本大震災の追悼と、そして、この出来事を忘れずに毎年語り継いで、自分たちの防災を考え続けていこうということで、防災講演会を開催しました。

12801703_229467584067299_1363540976
東北地方は、この30数年くらいの間に多くの地震に見舞われています。

1978年(昭和53年)6月12日には、宮城県沖地震【M7.4】が発生しています。
私はちょうど、この年に大学生になったばかりで、仙台に住み始めて2カ月ほどのときでした。まちの北はずれにある友達の下宿で遊んでたら、小さな地震があって、その数分後にドカンと来ました。震度5ですから、3.11級の巨大地震ではありませんが、私が生まれて初めて体験した大きな地震で、今でもあの感触は覚えています。揺れが止まるまで、長く感じました。当時経験した人にどのくらいでしたかと聞くと、2分とか3分とか答えが返ってくるそうですが、実際には45秒ほどだったそうです。
自分はまちの南のはずれにある学生寮に住んでいましたので、自転車であわてて帰りましたが、途中、信号は止まっているし、水道の本管が破れて水柱が上がっていました。
寮に帰ったら部屋がぐちゃぐちゃでしたが、2か月の学生ですから、後片付けは本棚を起こすくらいで簡単でした。困ったのは、ガスも水も出ないので、食事と風呂でした。電池や食べ物は、お菓子も含めてすぐに売り切れ。風呂は1週間入れませんでした。
この時、問題になったのはブロック塀の倒壊による死者が多かったこと。仙台市内でも16人中11人がブロック塀の下敷きによる死者でした。

その後、東北地方は、
1983年5月26日  日本海中部地震 【M7.7】
1994年12月28日  三陸はるか沖地震 【M7.6】
2003年5月26日  宮城県沖(三陸南)地震 【M7.1】
2003年7月26日  宮城県北部連続地震 【M5.3~6.2】
2005年8月16日  8・16 宮城地震 【M7.2】
そして、2008年6月14日の岩手・宮城内陸地震 【M7.2】では、大規模な山体崩壊や河道閉塞が起こり栗駒山麓の温泉地が大きな被害を受けました。

いくつかの地震に見舞われて、揺れにはある程度の(心の)準備はできていたのでしょうが、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震では、想定外の巨大津波に対して、大きな被害を出してしまいました。

しかし、福和先生は「想定外」という言葉で片付けてはいけない。キチンと過去を調べて、現在の状況に向き合って、想像力を働かせば、いろんなことを想定できるんじゃないか。想定内を増やしてできる対策を打っていこう。と訴えていらっしゃいます。

今日は、あちこち引っ張り凧でお忙しい中、防災・減災の伝道師役を務めていらっしゃる名古屋大学減災連携研究センター長、福和信夫教授にお越しいただきお話をうかがいました。
講演の中では、「これまで歴史の転換点に地震や火山噴火が大きく関わってきたのではないか。」「我々は経済発展優先で、いかに災害に脆いまちづくりをしてきたか。」「東京・大阪の2大都市に比べて名古屋圏の強みはなにか。」「減災・克災は、我々の知恵とやる気と連携力にかかっている。」ことなどをお話しいただきました。福和先生らしく、事前にお忍びで役場の中をチェックした上での辛口トークもありました。詳しい内容は、このブログで改めてご紹介したいと思います。
おなじみの東浦防災ネットのみなさんや民生・児童委員のみなさん、東浦中学校合唱部のみなさんにもご協力いただきました。

P1200366_300x225

Bousaikouenkai20160312koushi

P1200378_800x600

P1200379_800x600

P1200382_800x600

P1200383_800x598

|

« 於大まつりは、予定通り4月16日(土)(4月17日予備日)に開催します。 | トップページ | 文化協会写真同好会の写真展に出品しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/63342490

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災追悼会&福和伸夫先生をお招きして防災講演会:

« 於大まつりは、予定通り4月16日(土)(4月17日予備日)に開催します。 | トップページ | 文化協会写真同好会の写真展に出品しました。 »