« 第23回於大まつり、大盛況でした。 | トップページ | 空から見た日本 »

2016/04/18

ホヤには目がないのです。

東北の海の幸と、地元の山の幸をいただきました。お酒と一緒に。

ホヤ(海鞘、老海鼠)って、ご存知でしょうか。ホヤ貝とも言いますが、貝の仲間ではなくて、見た目はオレンジ色の硬い皮で覆われた大きめのイソギンチャクのような生き物です。宮城県・岩手県から青森県・北海道にかけてが産地で、東北地方ではポピュラーな海の幸です。硬い皮の内側にある身を食べるのですが、特有の香りと若干の苦みがあります。旬は、春から夏にかけてで、新鮮なものは甘みがあってクセも強くないのですが、少し時間を置くと苦みと香りが強くなるため、好き嫌いの分かれる食べ物かもしれません。見た目もグロテスクなので食わず嫌いもたくさんいそうです。
でも慣れるとたまらなく美味しいのです。

P1210457_800x600_2
P1210460_800x600_2こちらは地元で採れたワラビ。これも旬。
歯ごたえと程良い苦みが、心地いいです。

|

« 第23回於大まつり、大盛況でした。 | トップページ | 空から見た日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/63501649

この記事へのトラックバック一覧です: ホヤには目がないのです。:

« 第23回於大まつり、大盛況でした。 | トップページ | 空から見た日本 »