« 「広報ひがしうら」、「議会だよりひがしうら」をスマホでご覧いただけます | トップページ | 昨日から東京出張でした。 »

2016/05/12

貿易ゲームってなに?

先日、変わったゲームを体験しました。「貿易ゲーム」と名付けられた、貿易を中心に、世界経済の動きを擬似体験するシミュレーションゲームで、自分のコミュニケーションの特性や目的達成のための戦略を学ぶこともできるゲームです。ビジネス研修や学校教育など取り入れられています。瀬戸市では小学生のキャリア教育の一環として使われているそうです。

何も知らない方がゲームの研修効果が高いそうなので、細かくは書きません。かいつまんで説明すると、発展途上国(資源国)から先進国(工業国)までのいくつかの「国」のパターンを想定したチームに分かれて、ある作業(紙を決められた形に切って「世界銀行」に買い取ってもらう作業)をします。ルールについてはゲームの管理者である「国連」から情報を得ることができます。「国」のパターンによって、持てる資源(紙)や資金や生産手段(定規・鉛筆・ハサミ)にあらかじめバラツキがあります。所与の条件の中で、様々な取引を駆使しつつ、一番お金を稼いだ「国」が勝者になるゲームです。

やってみて、自らつくり出したいろんな”思い込み”や”遠慮”や”あきらめ”が、目的の達成を阻害していることに気付きます。少し書きすぎてネタバレになってしまったかもしれませんが、なかなか面白いゲームです。

以下のサイトで「貿易ゲームの説明」を見ることができます。見るよりも、まず先入観なしで体験することをお勧めします。
http://www.interq.or.jp/www-user/hanatyan/yes/tradegame.html

貿易ゲームの実践については、facebook上などでたくさんのイベントが組まれています。(自分もそこで見つけました。)

|

« 「広報ひがしうら」、「議会だよりひがしうら」をスマホでご覧いただけます | トップページ | 昨日から東京出張でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80448/63556590

この記事へのトラックバック一覧です: 貿易ゲームってなに?:

« 「広報ひがしうら」、「議会だよりひがしうら」をスマホでご覧いただけます | トップページ | 昨日から東京出張でした。 »